10.1 C
ブリュッセル
2月(水曜日)21、2024
機関イスラエル-パレスチナ:戦争では民間人の保護が「最優先でなければならない」とグテレス氏が治安当局に語る...

イスラエル-パレスチナ:戦争では民間人の保護が「最優先でなければならない」とグテレス氏が安全保障理事会に発言

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

また, 国連安全保障理事会 イスラエルとパレスチナの紛争が続いており、7月XNUMX日のハマスの攻撃と、イスラエルによるガザ地区への砲撃が続く中で人道危機が深刻化していることから、緊急性が高まっているが、この紛争について四半期ごとに予定されていた公開討論会がニューヨークの国連本部で開催されている。 。 

国連事務総長はこう語った。 状況は「刻々と悲惨さを増している」とし、人道的即時停戦を繰り返し求めた。 ここでライブの最新情報をフォローしてください:

Germany

アンナレーナ・バーボック、ドイツ外務大臣、前世紀にナチス政権が犯した犯罪の中で最大の犯罪であることを認めた。

ドイツ人の私にとって「二度としない」ということは、ホロコースト生存者の孫たちがガザでテロリストに人質に取られているという事実を知っても安心できないことを意味すると連邦大臣は述べた。

ドイツにとって、イスラエルの安全保障は交渉の余地のないものである。 他の州と同様に、 世界, イスラエルは国際法の枠内でテロから身を守る権利を有する。  

パレスチナ人の窮状に取り組むことは、この明確かつ揺るぎない姿勢と決して矛盾するものではありません。 それはその重要な部分だ、と彼女は宣言した。

これまでの議論の完全な報道とイスラエル・パレスチナ危機に関する数十人の講演者については、次のリンクをご覧ください。 ここから特別な国連会議報道セクションをご覧ください。.

エジプト

サメ・シュクリ・エジプト外務大臣 同氏は「パレスチナ領土は恐ろしい発展を遂げている」と述べ、そこで数千人の子供を含む数千人が殺害されたと指摘した。 

「自衛の権利やテロへの抵抗を理由に、起きていることを正当化し続ける人たちがいるのは恥ずべきことだ。」

同氏は、この事件における沈黙は祝福を与えることに等しい、具体的な違反内容を説明せずに国際人道法の尊重を求めることは犯罪に加担することに等しい、と主張した。

先週公開された国連ニュースの解説をご覧ください。、大使が任務を遂行した場合に何が起こるかを概説します。 安全保障理事会 これまでのガザ危機の場合のように、行動方針に合意することができていない。

イスラエル外交官、国連事務総長に辞任を要求

イスラエルのギラド・エルダン国連大使は午前11.22時XNUMX分のツイートで、安全保障理事会の外で張り込み、国連事務総長に「即刻辞任する」よう求めた。 イーライ・コーエン外相もツイッターで、予定されていた二国間会議のために今日は国連事務総長との会談は行わない予定だとツイートした。 

エルダン大使は張り込みで記者団に対し、安保理での演説でハマスの攻撃が「孤立して起こったわけではない」と指摘したことは、国連事務総長が「テロを正当化している」と述べた。

外務大臣のツイートに関する質問に答えて、ステファン・デュジャリック国連報道官は、事務総長はガザ地区でハマスに拘束されている人質の家族代表らと面会する予定であり、彼らにはイスラエル政府代表部の代表も同行すると付け加えた。国連。  

480?&flashvars[parentDomain]=https%3A%2F%2Fnews.un イスラエル・パレスチナ:戦争では民間人の保護が「最優先でなければならない」とグテレス氏が安全保障理事会に発言

中国

中国大使の張軍氏 同会議は「全世界の目がこの議場に集まっている」と述べ、理事会に対し力強く団結したメッセージを送るよう求めた。

これには即時停戦が含まれており、理事会はこれを明確で明確な言葉で表現する必要がある。 そうしないと、XNUMX 国家解決が危険にさらされる可能性があります。 国家は二重基準ではなく道徳的良心を守るべきです。

中国の張軍大使が国連安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。
UN Photo/Eskinder Debebe – 中国の張軍大使が国連安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。

ガザの人道状況に目を向けると、同氏は緊急の取り組みが必要だと述べた。 現在飛び地への搬入が許可されている援助物資は「バケツの一滴」だ。 パレスチナ人に対する集団的処罰と並行して、ガザの完全包囲も解除されなければならない。

この趣旨で、同氏はイスラエルに対し攻撃を停止し、援助の提供を許可するよう求め、国際人道法は遵守されなければならないと付け加えた。 同氏は、理事会はあらゆるレベルで法の支配を擁護し、あらゆる違反に反対しなければならないと述べた。

同氏は、紛争の根本原因はパレスチナ領土の長期占領と彼らの権利の尊重の欠如にあると述べ、理事会の行動はこれを逸脱してはならないと付け加えた。

ガザで水を求めて行列するパレスチナ人。
© WHO/Ahmed Zakot – ガザで水を求めるパレスチナ人。

ロシア

ヴァシリー・ネベンジャ ロシア国連大使 双方に「壊滅的な」死傷者を出し、犠牲者の中にはロシア人も含まれる「前例のない」暴力を背景に会議が国連デーに開催されたのは残念だと述べた。

死者と負傷者の数は「ガザ地区の人道災害の規模が私たちの最悪の想像をすべて超えているという事実を証明している」と同氏は述べた。

7月XNUMX日の「恐ろしい行為」とそれに続く「悲劇的な出来事」は、この地域で長引く紛争に対する潜在的な解決策を米国が妨害していると非難し、米国政府が何年にもわたって取った「破壊的な立場」の結果だった。

ロシア連邦のワシーリー・ネベンツィア大使が国連安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。
国連写真/マヌエル・エリアス – ロシア連邦のヴァシリー・ネベンツィア大使が国連安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。

ネベンジャ氏は「われわれは他の多くの人々とともに数年前から、状況が爆発寸前にあり、爆発が起きたと警告してきた」と述べた。

「今回の危機は、安全保障理事会と総会決議に沿って、また二国家解決に関する承認された国際決定に基づいてパレスチナ・イスラエル紛争を公正に解決しなければ、地域の安定化は達成できないことを改めて示した」と付け加えた。 、持続可能な交渉プロセスが必要であるというロシアの立場を繰り返した。

「これに続いて、1967年の国境内に、東エルサレムを首都とし、イスラエルと平和と安全のもとに共存する主権パレスチナ国家が樹立されなければならない。」

イギリス

トム・トゥーゲントハット英国安全保障大臣 イスラエルの自衛権を断固として支持すると表明した。 同時に首相はパレスチナ人が苦しんでいることを認識し、英国がガザ地区の民間人支援に追加で37万ドルを拠出していると指摘した。

同氏は、ヒズボラによるイスラエル北部国境への攻撃やヨルダン川西岸での緊張の高まりを指摘し、「この紛争がガザを越えて紛争を引き起こし、より広い地域を戦争に巻き込むことを阻止しなければならない」と述べた。 「この紛争がこれ以上広がらないことが、イスラエルとパレスチナの民間人、そして地域のすべての国の利益になる。」

英国のトム・トゥーゲントハット外相が国連安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。
国連写真/マヌエル・エリアス – 英国のトム・トゥーゲントハット外務大臣が国連安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。

中東和平プロセスに関する英国の長年の立場は、存続可能な主権国家であるパレスチナ国家と共存する安全で安心なイスラエルにつながる交渉による解決を支持している。

「先週の出来事は、これらの目標を達成する必要性を完全に明確に示しています」と彼は言いました。 「希望と人類が勝利しなければなりません。」

フランス

カトリーヌ・コロンナ フランス欧州・外務大臣 同理事会がイスラエルでのハマスの攻撃を非難する責務を担う「時が来た」と述べた。

フランスは国際人道法を尊重しつつ、自国を守る権利を持つイスラエルを断固として支持する。 実際、すべての民間人の命は守られなければならないと彼女は強調した。

フランスのカトリーヌ・コロンナ外務大臣が国連安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。
UN Photo/Eskinder Debebe – フランスのカトリーヌ・コロンナ外務大臣が国連安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。

ガザでは安全かつ迅速な援助アクセスが緊急に必要とされている。 「一分一秒が勝負だ」と彼女は述べ、持続的な平和につながる可能性のある人道的一時停止と停戦を呼びかけ、フランスが飛び地への援助を継続することを強調した。

同時に、理事会は総動員してその責任を完全に果たさなければならない、と彼女は付け加えた。

「平和への道を切り開くのは私たちの義務です」と彼女は語った。 「唯一の実行可能な解決策は二国家解決策です。 私たちはできる限りのことをする必要があります。 この評議会は行動しなければならず、今すぐ行動しなければなりません。」

United States

アントニー・ブリンケン米国務長官 馬蹄形のテーブルを囲んだ大使らに対し、1,400月7日にハマスが殺害した30人以上の人々の中には、アメリカ人を含むXNUMX以上の国連加盟国の国民が含まれていたと語った。

「私たち一人一人がテロリズムを打破するための利害関係があり、私たち一人一人が責任を負っている」と彼は語った。

同氏はまた、民間人を保護することが不可欠であることを強調し、イスラエルには自国を守る「権利と義務」があり、「その方法が重要である」と付け加えた。

アントニー・J・ブリンケン米国務長官が安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。
国連写真/マヌエル・エリアス – アントニー・J・ブリンケン米国務長官が安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。

ブリンケン長官は、ハマスはパレスチナ人民を代表しておらず、武装勢力による「大虐殺」の責任はパレスチナ民間人にはないと述べた。

「パレスチナ民間人は保護されなければならない。つまり、ハマスは彼らを人間の盾として使うのをやめなければならない。 これほど皮肉な行為を考えるのは難しい」と彼は語った。

同氏は、イスラエルは民間人への危害を防ぐために可能な限りの予防措置を講じる必要があり、食料、水、医薬品、その他の人道支援がガザとそれを必要とする人々に流入できるようにする必要があると指摘した。

同氏はまた、民間人は危険から逃れることができなければならないと述べ、人道的一時停止の検討を促した。

容赦ない暴力の中、家族たちはタル・アルハワ地区の壊れた家から逃げ出し、ガザ地区南部に避難している。
© UNICEF/Eyad El Baba – 容赦ない暴力の中、家族はタル・アル・ハワ地区の壊れた家から逃げ出し、ガザ地区南部に避難しています。

ブラジル

マウラ・ヴィエラ ブラジル外務大臣 国際人道法に基づき、イスラエルは占領国としてガザ住民を保護する「法的・道義的義務がある」と強調した。

「ガザでの最近の出来事は、いわゆる避難命令を含め特に憂慮すべきことであり、これは罪のない人々に前例のないレベルの悲惨さをもたらしている。」

ブラジルのマウロ・ヴィエイラ外相が国連安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。
UN Photo/Eskinder Debebe – ブラジルのマウロ・ヴィエイラ外務大臣が国連安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。

同氏は、ラファ国境を通ってガザに流入する援助の量は、飛び地の民間人のニーズを満たすには「明らかに不十分」であると付け加え、電力不足が医療従事者や病院に影響を与えており、安全な水の供給が非常に限られていると指摘した。

同大臣は「文民はいつでもどこでも尊重され、保護されなければならない」と強調し、すべての当事者が国際法に基づく義務を「厳格に遵守」しなければならないことを思い出させた。

「この点で私は、すべての行動と軍事作戦を導き、知らせるべき区別、比例、人道、必要性、予防措置という基本原則を強調する」と述べた。

Israel

11.04: イスラエルのエリ・コーエン外務大臣 ハマスに誘拐された人々のコラージュを掲げながら、人質状況は「生きた悪夢」だと語った。 同氏は7月XNUMX日のイスラエル攻撃を思い出し、この日は「残忍な虐殺として歴史に残るだろう」と過激主義とテロに対する「警鐘」であると述べた。

イスラエルのエリ・コーエン外相が国連安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。
国連写真/マヌエル・エリアス – イスラエルのエリ・コーエン外務大臣が国連安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。

同氏は「ハマスは新たなナチスだ」と述べ、人質の即時解放と無条件解放を求めた。

カタールが促進する可能性がある。 

「国際社会の一員である皆さんは、カタールにまさにそれを行うよう要求すべきだ」と同氏は述べた。 「会議は明確なメッセージで終わるべきだ。彼らを家に連れて帰りなさい。」

イスラエルには自国を守る権利と義務があると同氏は述べた。 「これはイスラエルの戦争だけではありません。 それは自由世界の戦争だ。」

7月XNUMX日の虐殺に対する比例的な対応は「生き残りの問題だ」と述べ、イスラエルを支援してくれた国々に感謝した。

「この戦争は命がけのものなので、我々は勝つだろう。 この戦争はあなた方の戦争でもあるに違いありません」と彼は言った。 現在、世界は「道徳的明快さの明確な選択」に直面しています。

「人は文明世界の一員になることも、悪と野蛮に囲まれることもある」と彼は言う。 「中間点はありません。」

「地球上から怪物を排除する」というイスラエルの使命をすべての国が断固として守らなければ、今は「国連にとって最も暗い時」となり、「存在する道徳的正当性はなくなる」だろうと同氏は述べた。

パレスチナ国のリヤド・アル・マルキ外務大臣が安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。
UN Photo/Eskinder Debebe – パレスチナ国のリヤド・アル・マルキ外務大臣が安全保障理事会でパレスチナ問題を含む中東情勢について演説。

パレスチナ

10.45リヤド・アル・マリキ パレスチナ国外務大臣 安全保障理事会と国際社会には人命を救う義務と義務があると述べた。

「この(安全保障)理事会での継続的な失敗は許しがたい」と強調した。

同氏は「国際法と平和」のみが各国の無条件支援に値すると強調し、「不正義や殺害が増えてもイスラエルは安全にはならない」と付け加えた。

「どんなに武器を持っても、どんな同盟を結んでも、パレスチナに安全はもたらされない。平和だけがもたらす。パレスチナとその人々との平和だ」と彼は述べ、「パレスチナ人の運命は、剥奪、追放、権利の否定、そしてパレスチナ人の運命であり続けることはできない」と述べた。死。 私たちの自由は、平和と安全を共有するための条件です。」

アル・マリキ氏は、さらに大きな人道的大惨事と地域への波及を回避することが重要であると強調し、「これは、ガザ地区でパレスチナ人民に対して始まったイスラエル戦争を即時停止することによってのみ達成できることは明らかであるはずだ」と語った。 流血を止めてください。」

480?&flashvars[parentDomain]=https%3A%2F%2Fnews.un イスラエル・パレスチナ:戦争では民間人の保護が「最優先でなければならない」とグテレス氏が安全保障理事会に発言

「人類は勝利できる」

評議会での説明では、 リン・ヘイスティングスパレスチナ占領地域における国連人道調整官は、過去数日間にエジプトのラファ川を通過して援助物資を届け、少数の人質を解放することで合意したことは、「外交と交渉を通じて人類が勝利できることを示している」と述べた。 、 そして たとえ紛争の真っただ中にあっても、私たちは人道的解決策を見つけることができます"。

世界が見ている
会員へ
このあたりの州
評議会はその役割を果たす

リン・ヘイスティングス

影響力を持つすべての国に対し、影響力を行使し、以下の事項を尊重するよう求める。 国際人道法と彼女は、民間人は生き残るために必要なものを持たなければならないと述べた。 そのため、迅速かつ妨げのない人道支援の通過を促進し、水道と電気の接続を再開する必要があると彼女は付け加えた。

彼女は、「現在遅れているものの、さらに20台のトラックが今日ラファ交差点を通過する予定である」と述べた。 彼女は、国連は「これらの輸送を確実に継続するために私たちの役割を果たす」ことを決意していると述べた。

彼女は、イスラエル軍の砲撃で悲劇的に命を落とした国連パレスチナ救援機関(UNRWA)の同僚35名に追悼の意を表した。 

戦争の規則に従って水道と電気の接続が再開され、あらゆる側の当事者は「民間人を救うために常に注意を払わなければならない」。 

10.38: 「この人道的大惨事へのさらなる陥落を阻止したいのであれば、対話を継続しなければなりません。 必須物資がガザに確実に届くようにする 必要な規模で、民間人と彼らが依存するインフラを救うために、 人質を解放するそしてさらなるエスカレーションと波及を避けるためです」と彼女は言いました。 「世界は、この理事会を中心とする加盟国が先導役としての役割を果たすことを期待しています。」

480?&flashvars[parentDomain]=https%3A%2F%2Fnews.un イスラエル・パレスチナ:戦争では民間人の保護が「最優先でなければならない」とグテレス氏が安全保障理事会に発言

「賭け金は天文学的に高い」:ウェンズランド

紛争がより広い地域に拡大する現在のリスクに対処するため、国連中東和平プロセス特別調整官は、 トール・ウェネスランドは、同氏と国連事務総長は現場の状況に対処し、民間人のさらなる死と悲惨さを防ぐために「あらゆる機会」を追求していると述べた。

10.28: 「我々が団結した国際社会として、流血を終わらせ、地域を含めた敵対行為のさらなる拡大を防ぐためにあらゆる努力を総動員することが重要だ」と同氏は述べた。 「賭け金は天文学的に高く、関係するすべての関係者が責任を持って行動するよう訴えます。に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

いかなる誤算も「計り知れない結果」をもたらす可能性があると彼は警告し、これらの壊滅的な出来事はパレスチナ占領地域、イスラエル、およびその地域におけるより広範な文脈から切り離されてはいないと付け加えた。

一世代にわたって希望は失われている、と彼は強調した。

「政治的解決策だけが私たちを前進させることができる」と彼は語った。 「この危機に対処するために我々がとる措置は、国連決議や国際法に沿って、パレスチナ人とイスラエル人の正当な国家的願望、つまり二国家の長年にわたるビジョンを満たす交渉による和平を最終的に前進させる方法で実施されなければならない」 、および以前の合意。」

グテーレス氏「日ごとに悲惨な状況が続いている」

10.11: グテーレス氏は、中東の状況は次のように述べて、現在の危機について彼が言うところの序論を述べました。時間ごとに悲惨さが増していく"

「社会は分裂しており、緊張が沸騰する恐れがある」と述べた。

同氏は、民間人の保護を始めとして「原則を明確にすることが重要だ」と付け加えた。

グテーレス事務総長は、「甚大な苦しみを緩和し、援助の提供をより容易かつ安全にし、人質の解放を促進する」ために、人道的停戦の即時締結の必要性を強調した。

国連事務総長の発言全文はこちらでご覧いただけます。

480?&flashvars[parentDomain]=https%3A%2F%2Fnews.un イスラエル・パレスチナ:戦争では民間人の保護が「最優先でなければならない」とグテレス氏が安全保障理事会に発言

同氏はまた、中東の平和と安定のための唯一の現実的な基盤である二国家解決策を世界が見失うことはできないと強調した。

「イスラエル人は安全保障に対する正当な必要性が現実化されることを認識しなければならず、パレスチナ人は独立国家への正当な必要性が国連決議、国際法、以前の合意に沿って実現されることを認識しなければならない。」

何が問題になっている

激しい暴力の連鎖が始まって以来、国連の主要な平和安全機関の15人の大使が会合するのはこれでXNUMX回目となる。

すべての議事録は、UN Web TV の同僚による X 放送でライブでご覧いただけます。このページのツイートをクリックするか、この記事のメインの写真領域に埋め込まれているビデオをクリックしてください。

これまでのところ、XNUMX万人以上のパレスチナ人が居住する飛び地を支配するハマス過激派間の激化する紛争に巻き込まれた民間人の苦しみを軽減するための行動については合意には至っていない。

安保理はエスカレーションに対処するこれまでのXNUMXつの決議案を採択できなかった。 即時停戦を求めるロシアの最初の法案は十分な票を獲得できず、ブラジルの草案には米国が拒否権を発動した。 米国は援助アクセスのため人道的一時停止を求めたが、イスラエルの自衛権には言及しなかったという事実に反対することを決めた。

アントニオ・グテーレス国連事務総長は本日、中東和平プロセス担当の国連特別調整官トー・ウェネスランド氏とともに会見する予定だ。 

パレスチナ占領地担当の国連人道調整官リン・ヘイスティングス氏も会見に臨んだ。 彼女には副特別コーディネーターの任命も与えられている。

数カ国の外相も参加する予定だ。

これまでに92カ国が講演に参加している。

今日は国連デーでもあり、国連総会から78年を記念します。 国連憲章 発効しました。 国連事務総長は声明で次のように述べた。「この重大な時期に、 瀬戸際から撤退するよう皆さんに訴えます 暴力がさらに多くの命を奪い、さらに拡大する前に。」

UN Photo/Eskinder Debebe – 国連安全保障理事会の15カ国が会合し、ガザ紛争について話し合う。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-