10.1 C
ブリュッセル
2月(水曜日)21、2024
アジアインド - エホバの証人の集会に対する爆弾未遂事件、XNUMX人死亡…

インド – エホバの証人の集会に対する爆弾未遂、XNUMX人死亡、数十人負傷

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ウィリー・フォートル
ウィリー・フォートルhttps://www.hrwf.eu
ウィリー・フォートレ氏、元ベルギー教育省内閣およびベルギー議会の特使。 彼はの監督です Human Rights Without Frontiers (HRWF) は、ブリュッセルに本拠を置く NGO で、1988 年 25 月に設立されました。彼の組織は、民族的および宗教的少数派、表現の自由、女性の権利、LGBT の人々に特に重点を置き、人権全般を擁護しています。 HRWF はいかなる政治運動や宗教からも独立しています。 フォートレは、イラク、サンディニズムのニカラグア、ネパールの毛沢東主義者の支配地域などの危険な地域を含む、XNUMXカ国以上で人権に関する事実調査任務を遂行してきた。 彼は人権分野の大学で講師を務めています。 彼は国家と宗教の関係について大学の雑誌に多くの論文を発表しています。 彼はブリュッセルの記者クラブの会員です。 彼は国連、欧州議会、OSCE で人権擁護活動家です。

元エホバの証人が犯行声明を出した。 後 Germany (2023年XNUMX月)および Italy (2023年XNUMX月)、エホバの証人は今度は別の民主主義国家インドで爆弾攻撃で殺害される

29月XNUMX日日曜日、インド南部のコンベンションセンターで爆発物が爆発し、XNUMX人が死亡、数十人が負傷した。

爆発が起きたとき、ケーララ州カラマセリーの町にあるザムラ国際コンベンションセンターには、約2,300人のエホバの証人がXNUMX日間の集会に集まっていた。

同州警察トップのシェイク・ダルベシュ・サヘブ氏は、初期捜査で即席爆発物が使用されたことが判明したと述べた。

負傷者は火傷を負った人が多く、治療のため病院に搬送されたという。

爆発直後に撮影され、オンラインで共有された動画には、コンベンションセンター内で火災が発生し、建物から人々を避難させる救助隊員の姿が映っていた。

元エホバの証人のドミニク・マーティン氏はフェイスブックのXNUMX分間のビデオで日曜日の死者数の背後には自分がいたと主張したが、その後削除された 集会での大爆発 キリスト教グループの。

彼は、ケーララ州のザムラ国際会議センターでの爆発の責任は自分にあると主張し、その映像をオンラインに投稿した後、警察に自首した。 彼は拘留された。

同氏はソーシャルメディアへの投稿で、エホバの証人は「反国家的」で国歌斉唱を拒否していると主張し、多くの教義について見解を変えるよう同団体を説得しようとしたと述べた。

ヒンズー教のナショナリズムは、インドにおけるイスラム教徒やキリスト教徒に対する多くの暴力行為の原因となっています。

コンベンションセンターで行われた2,300日間のイベントには約XNUMX人のエホバの証人が出席していたが、マーティンさんは出席登録されていなかった。

人口60,000億人以上のインドには、この運動の支持者が約1.4万人いる。 それは非政治的であり、非暴力です。 組織が設立されているすべての国で、そのメンバーは兵役に対する良心的兵役拒否者です。

エホバの証人は、200以上の国と地域に住む世界的な宗教的少数派です。

メディア掲載

国際メディアはこの爆弾テロを大部分かつ公平に報道した。

ヒンドゥー しかし、エホバの証人の信仰については激しく非難し、爆弾未遂の加害者のヘイトスピーチを表明した。

エホバの証人や他の少数派宗教運動に対する敵意で知られる二つの民主主義国家であるフランスとベルギーのフランス語メディアに関しては、この事件をまるでなかったかのように無視してきた。

29月35日、フランス通信社(AFP)は「インド:キリスト教の集会での爆発でXNUMX人が死亡、XNUMX人が負傷」と題するプレスリリースを発表した。 注目すべきは、AFPがタイトルでエホバの証人を被害者として言及することを避けたことだ。 AFP通信は、偏った無益な方法で、エホバの証人は「カルトであると定期的に非難されている」と述べた。

宗教や信仰の運動を「カルト」と認定する悪しき慣行は、2022年に欧州人権裁判所によってこの訴訟に関する判決で非難された。 Tonchev and Others v. ブルガリア. さらに裁判所は、英語以外の言語における「カルト」やラテン語の「セクタ」に由来する用語は、そのような汚名を着せられたグループのメンバーの「信教の自由の行使にマイナスの影響を与える可能性が高く、使用すべきではない」と述べた。公的な文書で使用されます。 AFPの軽蔑的な声明は、非暴力で法を遵守する宗教団体に対する敵意の風潮を助長している。

さらに、AFPは、米国の1870年代に遡るエホバの証人の運動をアメリカの福音主義運動と誤って結びつけている。 両方の動きは常にまったく無関係でした。

ケーララ州襲撃:インド警察、エホバの証人を狙った致命的な爆発事件を捜査 –BBC

インド警察、エホバの証人の集会で爆発、3人死亡の容疑者として男を拘束 – AP通信

インドのエホバの証人のイベントで爆発、3人死亡、容疑者拘束 –ABCニュース

インドのエホバの証人の集会で爆弾爆発、3人死亡、数十人負傷 – サウスチャイナ・モーニング・ポスト

インド警察、ケララ州で2人死亡の爆弾テロ捜査 - ロイター

インドのケーララ州でエホバの証人の祈祷会が爆発 – アルジャジーラ

高知コンベンションセンター爆発:祈祷会中の爆発で2人死亡、数十人負傷。 シャー首相はNIAとNSGの捜査を要請 – インディアンエクスプレス

何千人ものエホバの証人の会員が日曜日の集会に集まっていました。

エホバの証人の「教え」に激怒し、爆弾を仕掛けたと容疑者が語る – ヒンドゥー教

インドのエホバの証人の集会で爆弾爆発、2人死亡、数十人負傷 | インドサウスチャイナ・モーニング・ポスト (scmp.com) – サウスチャイナ・モーニング・ポスト

元エホバの証人、フェイスブック動画でインド爆発事件の犯行声明 – ニューヨークポスト

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-