15.3 C
ブリュッセル
4月(日曜日)14、2024
宗教キリスト教キプロス大司教ジョージ: 私は商業目的で遺物を運ぶことに反対です...

キプロス大司教ジョージ「私は商業目的で遺物を持ち運ぶことに反対する」

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

キプロス大司教ジョージ (24 年 2022 月 8 日に選出、2023 年 XNUMX 月 XNUMX 日に即位) の「フィレロイテロス」でのインタビュー。その中で彼はキプロス教会の問題、社会における教会の役割と責任、そして社会に対する教会の役割と責任について語ります。新しい世代。 彼は、聖シノドスが学校での子どもの性教育について積極的な決定を下せた理由を説明し、現代のキプロス人の教会での聖遺物と聖なるスリッパの行列を批判し、学校休みの日の中止について宗教教師に答えた。キプロスでは、キプロス教会の聖名記念日に学生に授与されました。 彼はまた、学校での朝の祈りや宗教教育が直面している問題についてもコメントしました。

– 大司教区での新しい生活はどうですか、至福の教え。

– 大司教区の仕事は、以前住んでいた大都市パフォスよりもはるかに充実しています。 量も質も異なる問題に遭遇しました。 神の助けがあれば、すべては克服されます。 私は、キプロス教会全体にとって多くの責任があることを承知しています。 私は、彼に挨拶したい、祝福を求めたい、助けを求めたいと願う信徒たちに門戸が開かれている大司教であり、彼を求める人々に「ノー」と言わない大司教になるべく努めています。

– 学校での子供たちの性教育に関する聖A教会会議の前向きな決定は、社会にとって嬉しい驚きでした。 何が原因でしょうか?

– 私は教育者であり学校の教師でもあり、社会の発展を観察しており、今日、テクノロジーやその他の手段を通じて、子供たちが非常に幼い頃からこれらすべてにさらされていることを知っています。 私たちが何も言わなくても、彼らがそれを知らないということにはなりません。 彼らはそれを知っていますが、おそらく間違った方法で。 責任あるリーダーシップは、彼らが私たちが望まない逸脱を避けるのに役立ちます。 私たちはいくつかの条件を設定しています。たとえば、このトレーニングが子供たちの年齢と受容性に適応するようにします。 一定の訓練を受けた専門家から指導を受け、私たちだけでなく保護者と一緒に教材の内容を検討してください。

–子供を持たず独身生活を送っている司教たちは、セクシュアリティや同性愛の問題に関してそのような極端な見解を持つべきでしょうか?

– それは問題ではありません、社会には未婚で子供のいない人がたくさんいます、そして彼らは私たちと同じように、これらの問題について自分の意見を持っています。 私たちは社会の外で生きているわけではありません。 教会が特定の地位(つまり司教職)に就くために一部の人々に独身であることを要求しているという事実は、彼らが非社交的で社会の問題に無知であることを意味するものではありません。 そして、私たちには責任と知識があり、これらの問題について立場を取ることができます。

– 教師たちは、大司教の聖名祝日である学校休みの日の中止に同意していません。 あなたなら彼らに何と言うでしょうか?

– 学習時間は大人だけでなく、すべての子供にとって貴重です。 学校で働いてきた私の立場は、大司教の聖名祝日は学校の休みの日であってはいけない、というものです。 この日を勉強の時間にしていただければ嬉しいです。 学校を休校にしないでください。 教師たちが最初の時間に教会に行きたい場合は、そうすることができます。また、その日の授業で時間をとって、人々の成長における教会の役割について話し合うこともできます。

– 多文化主義と混合学校の時代における学校における宗教教育と朝の祈りは、意見を二分する問題です。 あなたの立場は何ですか?

– 宗教の授業は厳密な教理問答ではありません。 子どもたちの年齢に応じて、他の宗教についての知識も教えられます。 高学年になると、子供たちはテクノロジー、科学、生命倫理の問題によって直面する倫理的ジレンマに直面します。 例えば、臓器提供者になれるかどうか、体外受精技術を信頼できるかどうかというジレンマ。

祈りについて:あらゆる生き物は、この世を超えた何かに依存しています。 無神論者でも自分たちの無神論を信じています。 人々が神に頼り、神の助けを求めることは、彼らを軽視するものではありません。 そして弟子は祈るとき、力を受けることができます。 この問題は、学校が正統派キリスト教徒ではない子供たちを教育していると信じる一部の人たちによって引き起こされている。 彼らにそこに立って神に祈ってもらいましょう。

– 聖なる靴や聖なる頭が私たちの神殿によくやって来ます。 これは象徴主義や正教を超えたものではないでしょうか?

– 私は遺物を定期的に処分することに賛成ではありません。 パフォスでもXNUMX回を除いてやったことがない。 マカリウス大司教は一度だけ聖使徒アンドリューの首をもたらした。 しかし、彼は人々の利益のために聖遺物が商業目的で配布されることを一度も許可しませんでした。 私はそれに反対です。 それは聖人のスリッパであると彼らが言い、すでにそれを嘲笑する人もいますが、特にそれが聖人が履いていた靴ではないため、それは正しくありません。 彼らは新しい靴を手に取り、それを遺物の上に置いて火をつけます。 これは正しくないと思いますし、推奨しません。 私たちの信仰は霊的なものであり、悪用されるべきではありません。

– 現代のテクノロジーに対するあなたの態度は何ですか?

– 私は自然科学の分野で教育を受けたので、テクノロジーを可能な限りに従い、利用するように努めていますが、人々に危険をもたらすこれらの問題については意見もあります。 テクノロジーの普及により、私たちの判断力と自由意志は鈍くなっています。 私たちは常に指示に従い、行き詰まったら専門家を探します。 これは、私たちが入手できる過剰な情報の結果です。 私はテクノロジーを支持していますが、批判的でもあります。 それ以外の場合は、大司教区はデジタル化されつつあります。 ヨーロッパでもいくつかのプロジェクトが進行中です。

– 閣下、あなたがおっしゃったように、批判的思考が失われています。 教会は若者に寄り添い、同時に彼らを依存症、悪い習慣、犯罪行為から守るために何をしているのでしょうか?

– 私たちは保護者、教師、若者と常に連絡を取り合っています。 また、カテキズムの日曜学校もありますが、これは現在では人気がありませんが、過去には単なるオプションでした。 今日は自由時間がありません。 私たちは子供たちが日々の習慣からデトックスする教会キャンプを行っています。 私たちはさまざまな機会に青少年との集会を企画し、常に若い世代に寄り添い、キリストのメッセージを伝えています。

– キプロスの教会と起業家精神は? 投資は行われていますか?教会の財産はどのように使用されていますか?

– 既製のプロジェクトを見つけましたが、それはビジネスではなく、教会の社会的、宗教的、国家的活動のための収入を生み出す方法です。 司祭に支払うために、教会は年間4.5万ユーロを支払わなければならない。 また、貧しい子供たちへの給付金もあり、患者を海外に治療に送り、貧しい人々の電気代、水道代、その他の費用を負担しています。 これらすべての活動には収入が必要ですが、教会の財産を使用しなければ得られません。

– 今日は、壮麗な神殿が建てられ、教会が富を誇示する時代なのでしょうか?

– もちろん、そうではありませんし、今もそうなっていません。 ユダが、貴重な軟膏でキリストの足を洗った女性を見て、貧しい人々に寄付するためにそれを売ってもよいと主に告げたとき、主はその申し出を拒否されました。 これは、私たちがキリストのために行うことは無駄ではないことを意味します。 私たちが今日、より大きな寺院を建設しているという事実は、より多くの人々に奉仕するための技術を持っているからです。 地域のニーズを満たすために寺院が必要なのです。 新しい神殿は必要な場所に建てられます。 これはお金の損失ではありません。 「私たちはこの場所にいる最後の世代のギリシャ人であってはなりません。」

- 趣味は何?

–それはいつも読書でした。 化学の試験があるときは、気を紛らわせるために宗教について読むのが趣味で、神学の試験があるときは、試験の喧騒から逃れるために化学を読んでいました。 そして今は化学分野の本を読むのが好きです。 たとえば、環境化学。

– あなたの人生のロールモデルは誰ですか?

– 私は聖職者の家庭に住んでいたので、間違いなく父の影響を受けていました。 私たちは毎日朝と夕方神殿にいて、大司教の影の下で宗教的な模範に従って生活しました。 私たちに強い影響を与えたマカリウス。 私たちは彼に従いたかった国家闘争において、EOKA (キプロスのギリシャ加盟のために K. グリバス大佐によって設立された組織、注編) に魅了され、私たちには英雄がいて、現実の環境に住んでいました。すべて、今日のような仮想的なものではありません。

– キプロス教会が分裂に近づいたことはありますか?

– 私たちの教会には分裂を防ぐ手段があるので、私たちは分裂に至ったことはありません。 例として、マカリウス大司教に対する三大都市圏の立場について触れてみましょう。 その後、大会議が招集され、問題は解決されました。 そして今、さまざまな声があり、さまざまな立場があれば、そこからより良いものが生まれる可能性があります。 最終的には多数決または全会一致で決定されます。 大きな危機に直面しても、解決策を見つける方法はあります。

– 人々があなたのところに来て、「この階層に対策を立ててください。彼はあれこれやっている、または重要なテーマから逸脱しています。」と言ったことがこれまでにありましたか?

– はい、私は人々に個人的に会い、彼らの意見を注意深く扱います。 これは私がよくやることです。 警報を受信したり、新聞を読んだりします。 人が一番の基準です。 彼らはビショップにメッセージを送り、特定の事柄を受け入れず、変更を要求する必要がある。

写真:正教会のイコン「神の母(ペリヴレプタ)」

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-