12 C
ブリュッセル
木曜日、月23、2024
人権スーダン:国連専門家が軍隊による子どもの徴兵について警告

スーダン:国連専門家が軍隊による子どもの徴兵について警告

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

人身売買に関する国連特別報告者のシオブハン・ムラーリー氏は、首都ハルツーム郊外などで、同伴者のいない子供や貧しい家庭の子供たちが民兵組織「緊急支援部隊(RSF)」の標的になっていると伝えられていると述べた。

特に女性と子供を強制的に徴用していると彼女は警告した。 

伝えられるところによると、少女たちは性奴隷制を含む性的搾取のためにハルツームからダルフールまで拉致されたという。

軍政府軍とRSFの間の内戦で、これまでに推定9,000人が殺害され、5.6万人以上が家を追われ、25万人が援助に依存している。

子どもたちは「簡単なターゲット」

「人道状況の悪化と、食料やその他の基本的なサービスへのアクセスの欠如により、子どもたち、特に路上で孤立し孤立した子どもたちは、武装勢力による徴兵の格好の標的となっている」とムラーリーさんは語った。

国連 人権理事会-任命された専門家は、戦闘での役割を含むあらゆる形態の搾取のために武装集団による子どもの徴兵は重大な人権侵害であり、重大な犯罪であり、国際人道法違反であると強調した。

ムラーリー氏は、子どもたちが生存手段として武装集団に参加している可能性があるという報道に言及し、子ども(18歳未満と定義される)の同意は法的に無関係であり、薬物の使用を証明する必要はないことを強調した。力。

緊急の対応が必要

彼女はまた、子供たちへの人道的アクセスが不足していることにも懸念を表明した。

同氏は紛争のすべての当事者に対し、和平交渉に戻り、人道支援の安全な提供を可能にし、違反容疑に対する責任を確保する包括的な停戦合意に達するよう呼び掛けた。

「これらの差し迫った懸念に対処し、児童の人身売買を防止し、被害者の児童や危険にさらされている児童、特に避難民、同伴者のいない孤立した児童、難民の児童、障害のある児童に効果的な保護を提供するための効果的な措置を講じるため、緊急の行動が必要です」とムラーリー女史は述べた。言った。

独立した専門家

特別報告者は国連人権理事会によって任命され、いわゆる国連人権理事会の一部を形成します。 特別な手続き。 専門家は、特定のテーマの問題や国の状況を監視し、報告する義務を負っています。

彼らは個人の立場で奉仕しており、国連職員ではなく、給与も受け取っていません。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-