8.9 C
ブリュッセル
Wednesday, April 24, 2024
宗教広葉草本ドイツ:バイエルン州とEUにおける宗教浄化の復活

ドイツ:バイエルン州とEUにおける宗教浄化の復活

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ヤン・レオニード・ボルンシュタイン
ヤン・レオニード・ボルンシュタイン
Jan Leonid Bornstein は、 The European Times。 彼は私たちの出版が始まって以来、過激主義について調査し、執筆してきました。 彼の研究は、さまざまな過激派グループや活動に光を当ててきました。 彼は、危険な話題や物議を醸す話題を追い求める、決意の強いジャーナリストです。 彼の作品は、常識にとらわれない考え方で状況を明らかにすることで、現実世界に影響を与えてきました。

私たちが知っている過去を持つドイツのような「民主的」国が、今日宗教浄化を行うことに驚かれるかもしれません。 そうでない人がいるでしょうか? それにも関わらず、信じがたいことですが、一部の人が「文化的ジェノサイド」と呼んでいるもの(文化的ジェノサイドとは、ある人々のグループを別のグループと区別する伝統、価値観、言語、その他の要素を組織的に破壊することです)が今日起こっています。ドイツ、いくつかのドイツ着陸船で何千もの命に触れた。

この浄化の対象者は、 Scientologists。 あなたが考えていることや知っていることは何でも Scientologistsあなたが彼らを好きだと思うかどうかに関係なく、私たちが暴露しようとしているものは、どの国からも、さらには欧州連合の創設メンバーからも許容されるべきものの境界を超えています。

ドイツのセクトフィルター

最近USCIRF(国際宗教の自由に関する米国委員会)が「」と呼ばれる報告書で報告したように、欧州連合における宗教の自由に関する懸念」と書かれていますが、ドイツでは数十年にわたり、いわゆる「セクトフィルター」が実践されてきました。このフィルターは次のようなもので構成されています。仕事を探している人、または公的機関や企業との取引を希望する人は、自分がセクトフィルターであるという声明に署名する必要があります。ではない Scientologist また、彼女や彼は「L. ロン ハバード(L. ロン ハバードの創設者)のテクノロジーを使用」していません。 Scientology、1911–1986)。

実際、これらの宗派フィルターは、あなたやあなたの従業員、さらにはボランティアが主催する講演会に参加したかどうかまで尋ねます。 Scientology 過去 XNUMX 年間のグループ、教会、または関連組織。 あなたの答えが「はい」の場合、公的機関や、公的機関と契約を結んでいる民間企業や団体であっても、雇用されることは決してありません。 そして、あなたが会社の代表者であり、公的機関との取引を続けたいのであれば、上記の質問に「はい」と答える人物(従業員の一人であれ、外部請負業者であれ)との契約を終了する必要があります。

これは機密性の高い仕事や契約にのみ適用されると思われるかもしれませんが、実際には、これらのセクト フィルターは、テニス コーチ、庭師、マーケティング担当者、エンジニア、建築家、印刷業者、IT 専門家、イベント マネージャー、建設業者、トレーナー、会計などの仕事にも適用されます。監査員、自動車学校教師、プログラマー、ゴミ袋やゴミ袋のサプライヤー、Webデザイナー、通訳など。

採用前に候補者の宗教的信念について尋ね、それを採用プロセスの決定要素にすることは、もちろん完全に違法です。 これは、雇用、職業、職業訓練における宗教や信念を理由とした差別から保護することをすべての加盟国に義務付けるEU雇用平等指令によれば違法である。 しかし、これは宗教的根拠に基づくあからさまな差別であり、第9条(宗教または信仰の自由)および第14条(差別を受けない権利)に違反するため、欧州人権条約によれば違法でもある。

実際、そこには ドイツにおける数十の裁判所の判決 そのような「セクトフィルター」が存在すると判断したのは、 連邦高等裁判所によるものも含めて違法、そしてそれらは差別されない権利の侵害に当たるということです。 Scientologists、彼らの多くはこう付け加えています Scientology & Scientologists 彼らはドイツ基本法(ドイツ憲法)の第4条(宗教または信仰の自由に関する)に基づく保護を受けることになっていた。

残念ながら、これらの裁判所の判決による制裁や罰則は、バイエルン州のように一部の上陸者には効果がないようで、何事もなかったかのように毎日「セクトフィルター」の実践を続けている。

ドイツセクトフィルターによって腐敗した欧州委員会

欧州連合の公式ウェブサイトでドイツの国家機関が入札を一掃 Scientologists あらゆる種類の仕事から。

さらに懸念されるのは、ドイツのそのような「セクトフィルター」が、欧州公共入札に関する EU の公式ウェブサイト (TED) で何百も見られることだ。【1]。 欧州委員会は、未だに是正しようとせずに、これらの差別的慣行を不本意に推進している。

2023 年の初め以来、ドイツでは 300 件以上の入札に、宗派に属する人を差別する「セクトフィルター」が含まれています。 教会 Scientology または関連する Scientologists EUのウェブサイトに掲載されました。

ドイツは、自らの裁判所の判決を認識していることに加えて、2019年に少数民族問題に関する国連特別報告者(フェルナン・ヴァレンヌ氏)と宗教・信仰の自由に関する国連特別報告者(アーメド・シャヒード氏)から質問された際に、状況を正すことができたかもしれない。条項:

「…私​​たちは、宗教や信仰に基づいて、個人が一般国民に与えられる助成金や雇用の機会を獲得することを明確に妨げる措置が継続的に使用されていることに懸念を表明したいと思います。 (…) と認識している個人 Scientologists 不当な監視に耐えたり、自分の信念を明らかにしたりする必要はありません…」

宗教または信仰の自由に関する国連特別報告者およびマイノリティ問題に関する国連特別報告者 参照: アル・デウ 2/2019

しかし、それはせず、宗教浄化者の側に立って過ちを犯し続けることを選択した。

宗教的または哲学的信念を理由に、完璧で正当な資格を持っている仕事に応募することが禁止されることを想像できますか? たとえあなたの資格が有能な庭師の資格を持っていたとしても、宗教団体に属しているという事実は、家族を養う仕事に就くのを妨げる悪名高いレッテルを貼られることになるでしょう。 仕事がなければ、給料や資源がなければ、死は遠くありません。 そして、特定の宗教グループに属する一部の国民に死が関与し、計画されている場合、大量虐殺も遠くない。  

人間性を失う

この種の差別行為は歴史上、残念なことに多くの場所ですでに起こっています。 そして私たちはそれがどこへ向かうのかを知っています。 人口の一部を非人間化することは、将来の憎悪犯罪を正当化する方法です。 セクトフィルターはある意味非人間的です Scientologists。 彼らはもはや完全な国民ではなく、働くことに関して他の人と同じ権利を享受していない、ある種の準国民です。 ドイツ当局は、こうした「セクトフィルター」を利用することで、たとえそうではなくても、次のような人々を処罰しようとしている。 Scientologists、と連想します Scientologists いずれにせよ、そのとき、何千人ものドイツ国民が自分たちの信念に基づいて標的にされ、選ばれ、隔離され、排斥されているという感覚が増大した。

しかし、その非人間化は、 Scientologists バイエルン当局によると、さらに進んでいます。 30年2020月XNUMX日、バイエルン州政府の内務大臣ヨアヒム・ヘルマンは記者会見を行い、パンフレットの新版を発表した。 Scientology System』と短編映画『騙されないための 10 のヒント – 今回は by Scientologists”。 とりわけ、映画では投げ方を説明する画像がフィーチャーされていました。 Scientology 本をゴミに捨て(燃やすのは時代遅れに思えたかもしれない)、 Scientologists 信用できないロボットとして。 彼らはここで非人間化の頂点にほぼ到達しました。

A Scientologist バイエルン州内務省のロボットとして描かれている
A Scientologist バイエルン州内務省のビデオではロボットとして描かれている

憎悪犯罪

この記者会見からわずか数週間後の12年2020月XNUMX日、教会に対する放火事件が発生しました。 Scientology ベルリンの。 しばらくして、教会の窓から石が投げ込まれました。 Scientology ミュンヘンの。 この種の憎悪犯罪はただ起こるものではありません。 それらは憎悪と非難の風潮から生じています。 大量虐殺を研究したことがある人なら誰でも、大量虐殺が起こる前に、憎しみのプロパガンダによって弱体化させる長いプロセスが起こらなければならないことを知っています。 憎しみを煽る者が最初に現れ、その後憎悪犯罪が起こります。 憎しみを煽る者が政府である場合、加害者は自分たちが自国の政府に支援されているとさえ感じる可能性があるため、憎悪犯罪が容易になります。 そして実際、これはドイツの場合です。

ドイツ : どのカルトがミュンヘンを統治しているか、New Europe の Georges Elia Sarfati による記事
ミュンヘンを統治しているカルトはどれか、『New Europe』誌のジョルジュ・エリア・サルファティによる記事

フランス系イスラエル人のユダヤ人哲学者ジョルジュ・エリア・サルファティはこう書いている。 新しいヨーロッパ 5月の2019、

「2019年のドイツは本当に我々が信じている民主国家なのだろうか? 多くのヨーロッパ人が考えているように、良心と表現の自由は当局によって尊重されているのだろうか? 貧しい信仰裁判や、教会の信者や同調者が受けた差別を考慮すると、そうではないと信じる十分な理由があります。 Scientology そのインスピレーションと価値観の源は、作家 L. ロン ハバードの思想と作品にあります。 (…)かつては親ナチスの強い伝統で知られていたバイエルン州は、少数派を隔離するというこの恥ずべき伝統を克服できなかったのだろうか? フランス系イスラエル人の学者として、寛容と平等を備えたヨーロッパという考えを打ち破るやり方が根強く残っていることに疑問を感じます (…) 個人の差別は抽象的な概念ではありません。 それは排除、疎外、非難につながる静かなプロセスです。 この場合の除外は、失業の危険にさらされている人々を対象としています。 この状況がしばしば伴う経済的および社会的疎外は、非社会化の要因となります。 その結果生じる汚名に関しては、この二重の屈辱の対象となった人々を追放することになる。」

フランス系イスラエル人のユダヤ人哲学者ジョルジュ・エリア・サルファティ

宗教による浄化は今後も続くのでしょうか?

宗教的浄化のシステムとして想像を強制することなく見ることができるこれらの衝撃的な慣行は、特定のカテゴリーの人々が正当な生計を立てることを妨げることを目的としており、最終的な目的はドイツにおける特定の宗教グループを消滅させることであることに疑いの余地はありません。 。 実際、バイエルン州当局もそれを躊躇していません。 さらに興味深いのは、欧州委員会が公募ウェブサイトにおける「セクトフィルター」の慣行を止めるためにまだ介入していないという事実である。 これは確かにしばらくの間注目されませんでした。 しかし、今それを続けるべきではありません。 欧州連合は多くの課題に直面しています。 非民主的な国々に石を投げ、その犯罪行為を非難するのは簡単です。 しかし、本当の課題は、EU加盟国間でこれらの犯罪行為を追跡し、効率的にそれらを終わらせることです。 それがなければ、連合はその意味を失い、基本的権利憲章は形骸化したままになってしまいます。


【1] TED (Tenders Electronic Daily) は、欧州の公共調達を専門とする EU の「公式ジャーナルの補足」のオンライン版です。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-