6.7 C
ブリュッセル
4月月曜日、22、2024
人権パキスタン、「人権の大惨事」を避けるためアフガニスタン人強制送還の停止を要請

パキスタン、「人権の大惨事」を避けるためアフガニスタン人強制送還の停止を要請

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

OHCHR ラヴィナ・シャムダサーニ報道官は、ジュネーブで記者団に対し、1月XNUMX日に始まる予定の国外退去を停止するよう当局に要請していると語った。

現在、パキスタンには600,000万人以上の不法滞在のアフガニスタン人が住んでおり、そのうち少なくとも2021万人はXNUMX年XNUMX月にタリバンが政権に復帰した後に到着した。

違反の「重大なリスク」

「国外追放に直面している人々の多くは、アフガニスタンに送還されれば、恣意的な逮捕や拘留、拷問、残虐なその他の非人道的な扱いを含む人権侵害の重大な危険にさらされると私たちは信じています」と彼女は述べた。 .

特に危険にさらされているのは「市民社会活動家、ジャーナリスト、人権活動家、元政府職員、治安部隊隊員、そしてもちろん女性と少女全体」であり、彼らを中等教育や大学教育から禁止する「忌まわしい政策」を思い出し、彼女は付け加えた。日常生活や公共生活のさまざまな分野やその他の側面で働いています。

シャムダサニ女史は、国連難民機関が次のように指摘した。 UNHCR、および国際移住機関(IOM)は、3月XNUMX日に期限が発表されて以来、アフガニスタンへの返品が急増していることをすでに記録している。

両機関の最近の速報によれば、15月59,780日までに78万XNUMX人のアフガニスタン人がパキスタンを出国した。 大半のXNUMX%が退職理由として逮捕の恐怖を挙げた。

「強制返品を停止せよ」

「1月XNUMX日の期限が近づく中、私たちはパキスタン当局に対し、人権の大惨事を回避するには手遅れになる前にアフガニスタン国民の強制送還を中止するよう強く求める」とシャムダサニ女史は述べた。

OHCHRはまた、政府に対し、困っている人々への保護を継続し、将来の帰還が安全で、尊厳があり、自主的かつ国際法に沿ったものであることを保証するよう求めた。

故郷には膨大なニーズがある

シャムダサニ女史は、冬が近づく中、大規模な国外追放は、今月ヘラート州を襲った一連の地震の壊滅的な影響と闘い続けているアフガニスタンにおける悲惨な人道危機をさらに深刻化させることは必至であると指摘した。

公式統計を引用し、少なくとも1,400人が死亡、1,800人が負傷したと付け加えた。

同氏はまた、国連人道問題事務所によると、アフガニスタンの人口は43万人で、そのほとんどである30万人近くが現在救援を必要としていると述べた。 国連人道問題調整事務所。 XNUMX万人以上が国内避難民となっている。

「私たちは、 de facto アフガニスタンを国家として拘束し続けている国際人権義務と、人権を保護し、推進し、履行する義務を当局が管理している」と彼女は述べた。 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-