5.5 C
ブリュッセル
2月(日曜日)25、2024
環境マクセット・ピルバカス議員、フランスの水危機への緊急行動を呼びかける

マクセット・ピルバカス議員、フランス海外各省庁の水危機への緊急行動を呼びかけ

フランス領カリブ海の島々における飲料水危機

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

フランス領カリブ海の島々における飲料水危機

18年2023月XNUMX日、欧州議会でマクセット・ピルバカス議員は、フランス海外省、特にマルティニーク、グアドループ、マヨットで激化する水危機を強調する力強い演説を行った。

マクセット・ピルバカス氏、2023年には受け入れられないと発言

"氏。 議長、長官、フランスの海外XNUMX部門、特にマルティニークとグアドループで水危機が最高潮に達しています」とマクセット・ピルバカス氏は演説を始めた。 彼女は、グアドループでは人口の XNUMX 分の XNUMX 以上が飲料水にアクセスできないと長年推定されていると指摘しました。

"これは受け入れがたい。 私たちは二千二十三日です」と彼女は述べ、状況の緊急性を強調した。

水が滴る金属製の蛇口の接写 - マクセット・ピルバカス氏、フランスの海外部門の水危機を非難
による写真 Engin Akyurt on Unsplash

ピルバカス氏はさらに、水が完全に不足しているマヨット島の悲惨な状況を強調した。 彼女は、この深刻な問題がほとんど見落とされているようだと懸念を表明した。 「長官、私たちが話しているのは、欧州連合の他の地域と同様に欧州の団結から恩恵を受けるはずの欧州領土について話していることを思い出していただきたいのです」と彼女は主張した。

彼女はこの危機の原因を数十年にわたる水道インフラへの過少投資のせいだとし、「私たちは今日、フランスの街路における数十年にわたる水道インフラへの過小投資の代償を支払っている」と述べた。 彼女は、この問題に対処するための結束基金の有効性を批判し、結束基金は単に「お金のばらまき」にすぎないと述べた。

マクセット・ピルバカス氏は行動喚起の中で、「マルティニーク、グアドループ、マヨットの委員会が主導する真の包括的計画の導入を求めている」と懇願した。 彼女は、これらの地域の健康と住みやすさが危機に瀕していると強調した。

彼女の要求には、衛生設備と流通インフラの改修、新しい処理施設の建設、非効率で漏れやすい給水システムを比喩的に表現した「穴の開いたホースパイプ」の廃止などが含まれます。

マクセット・ピルバカス」との熱弁は、フランスの海外部門における水危機に対処するための包括的かつ効果的な解決策が緊急に必要であることを強調している。 これは欧州連合の即時的な注意と行動を求めており、これらの地域は遠く離れていても欧州連合の不可欠な部分であり、同じレベルの配慮と連帯に値することを思い出させます。

飲料水危機が生活の質を脅かす

美しいビーチと活気に満ちた文化で知られるカリブ海の絵のように美しいフランスの島々は、飲料水の不足という住民の生活の質を脅かす深刻な危機に直面している。 広大な海に囲まれているにもかかわらず、これらの島々は増大する水不足に直面しており、この問題は気候変動とインフラの課題によって悪化しています。

ここ数十年、地球温暖化と気象パターンの変化により、島々は長期間にわたる干ばつを経験している[^1^]。 これらの環境変化は気温の上昇と降水量の減少をもたらし、その結果、島の水資源に負担がかかっています[^2^]。 この水不足は住民の日常生活にとって問題であるだけでなく、島の農業部門にとっても重大な課題を引き起こし、観光産業に影響を与える可能性があります。

さらに、島々の水供給を支えるインフラシステムも危険にさらされています。 経済的課題によりこれらのシステムの維持と発展が妨げられ、飲料水の供給にさらなる問題が生じています[^1^]。 たとえば、サンマルタン島のフランス側では、水道水の塩素含有量が高く、飲料には適していません[^3^]。

フランス領カリブ海の島々における水危機は複雑な問題であり、簡単な解決策はありません。 それには、水不足に寄与する環境要因と、飲料水の供給を妨げるインフラ上の課題の両方に対処する多面的なアプローチが必要です。 これらの島々がこの危機と闘い続ける中、住民に持続可能で安全な水の未来を確保するには、地域、国家、国際レベルでの協調的な取り組みが必要であることは明らかです。

[^1^]: カリブ海海流: 水不足は島々にとって深刻な問題 – フィラデルフィア トリビューン
[^2^]: 気候変動がカリブ海の水道供給に圧力をかける – DW
[^3^]: フランス側の飲料水 – セント マーチン / セント マーチン島 掲示板 – トリップアドバイザー

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-