11 C
ブリュッセル
4月月曜日、15、2024
人権中国、朝鮮民主主義人民共和国からの逃亡者を本国に送還しないよう要請

中国、朝鮮民主主義人民共和国からの逃亡者を本国に送還しないよう要請

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

専門家らは、複数の国際人権機関が繰り返し訴えを起こしているにもかかわらず、数百人の逃亡者(その大多数は女性)が送還されていることに懸念を抱いている。 さらに数百人が拘留され、同じ運命を待っていると伝えられている。

DPRK(より一般的には北朝鮮として知られる)に帰還した人々は、拷問や残虐、非人道的、品位を傷つける扱いや刑罰などの深刻な人権侵害に直面するだろうという長年にわたる信頼できる報告がある、と彼らは論文で述べた。 ステートメント 火曜日に。

「犯罪者」と「裏切り者」 

北朝鮮当局は国民が「違法な国境越え」を犯した場合は「犯罪者」、「大韓民国(韓国の正式名称)への逃亡の意図」を示唆する何らかのつながりが見つかった場合は「裏切り者」とレッテルを貼る。

「裏切り者」は適正手続きなしの投獄を含む厳しい刑罰を受け、強制失踪や処刑さえも行われる可能性があると専門家らは警告した。 

「拷問、残虐で非人道的または品位を傷つける扱いや刑罰、死刑の適用や強制失踪を含むその他の取り返しのつかない危害にさらされる危険にさらされる国には、誰も送還されるべきではない」と彼らは述べた。

国際法の尊重 

権利専門家らは中国に対し、次の原則を尊重するよう求めた。 ノン・ルフールマン原則これは、拷問、残虐、非人道的または品位を傷つける扱いや刑罰、その他の取り返しのつかない危害を受ける国には誰も送還してはならないことを保証するものです。

彼らは、この原則は国際法で保証されており、移住ステータスに関係なく、常にすべての個人に適用されなければならないと強調した。

彼らは、これが国際人権法、難民法、人道法および慣習法の下でも不可欠な保護を形成しており、国際法に「明示的に含まれている」ことを思い出した。 拷問およびその他の残虐、非人道的または品位を傷つける取扱いまたは刑罰を禁止する条約 など 1951 年難民条約 および中国が締約国であるその議定書。

国連の専門家 書いた 中国政府は強制返還に懸念を表明し、その内容を評価すると述べた。 公式の回答 当局から。

彼らは中国に対し、国際法上の義務を遵守し、残留北朝鮮脱出者を強制送還しないよう求めた。

「我々は国境の再開を歓迎し、国連機関、その他の人道支援団体、外交使節団ができるだけ早く帰国し、北朝鮮の関連する特別手続きに参加できるよう北朝鮮に求める。 人権理事会 人権を見直す必要がある」と彼らは言った。

彼らはまた、北朝鮮に対し「拷問や強制失踪の絶対禁止、恣意的拘留の禁止、公正な裁判の保証など、帰国するすべての国民に関する国際法的義務を遵守する」よう求めた。  

 

朝鮮民主主義人民共和国の人権状況に関する特別報告者のエリザベス・サルモン氏が、安全保障理事会の会合で国内の状況について説明する(ファイル)。

国連の専門家について

声明を発表した18人の専門家は、政府によって任命された。 国連人権理事会 ジュネーブではエリザベス・サルモンも含まれます。 北朝鮮の人権状況に関する特別報告者.

それらは、いわゆる 特別な手続き これは、特定の国の状況や世界各地のテーマ別の問題に対処する、独立した事実調査および監視メカニズムの一般名です。

これらの専門家は自主的に活動しており、政府や組織から独立しており、個人の立場で活動しています。  

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-