9.1 C
ブリュッセル
2月(水曜日)21、2024
ニュースレターEU首脳は中東に関する結論書を採択した

EU首脳は中東に関する結論書を採択した

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

初日には、 欧州理事会 26月XNUMX日、EU首脳は中東に関する結論書を採択した。

首脳は、ハマスの残忍なテロ攻撃を非難するとともに、ガザの人道状況の悪化に対する最大の懸念を改めて表明した。

ハマスによるイスラエルに対する残忍かつ無差別テロ攻撃とガザ地区で展開している悲劇的な状況を踏まえ、EU指導者らは プレイ状況を見直した EU国民を支援するための協調的な取り組みを含む、さまざまな行動の要素。

15年2023月XNUMX日に発表した声明とそのXNUMX日後に開催された臨時欧州理事会のフォローアップの中で、彼らはまた、次のことを再確認した。

  • ハマスの非難 可能な限り強い言葉で
  • イスラエルの権利の承認 国際法と国際人道法に従って自らを守るため
  • ハマスに直ちに要請する 人質全員を解放する 何の前提条件もなく

首脳らは、すべての民間人の保護を常に確保することの重要性を強調した。 彼らはまた、 ガザの人道状況の悪化 そして、必要としている人々に届けるために、継続的、迅速、安全かつ妨げられない人道的アクセスと援助を呼びかけた。 人道的回廊と一時停止 人道的ニーズのために。

首脳らは、EUが地域のパートナーと協力して以下のことを行うことを強調した。

  • 民間人を保護する
  • 援助がテロ組織によって乱用されないようにする
  • 食料、水、医療、燃料、避難所へのアクセスを促進する

に 地域的なエスカレーションを避ける、首脳らは、パレスチナ自治政府を含む地域のパートナーと連携する必要性を強調した。 首脳はまた、二国家解決への支持を表明し、国際平和会議の早期開催への支持を含む外交的取り組みを歓迎した。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-