9.4 C
ブリュッセル
2月(水曜日)21、2024
アジアインドのエホバの証人の集会で悲劇的な爆弾爆発

インドのエホバの証人の集会で悲劇的な爆弾爆発

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル - at The European Times ニュース - 主にバックライン。 基本的権利に重点を置いて、ヨーロッパおよび国際的な企業、社会、および政府の倫理問題を報告しています。 また、一般メディアが耳を傾けていない人々に声を上げます。

世界の宗教界に衝撃を与えた非常に憂慮すべき出来事として、インドの港湾都市コーチ近くのカラマセリーでエホバの証人の集会中に爆弾爆発が発生した。 この悲劇的な事件により、XNUMX 名の悲痛な命が奪われ、多数の負傷者が出ました。

私は、この事件とその影響を詳細に調査し、インドだけでなくヨーロッパにおける世界中の国家機関の責任との関係も含めて、この地域に広がっているより広範な宗教間の緊張に光を当てることが不可欠であると信じています。

インドでのエホバの証人に対する襲撃事件

この恐ろしい行為の責任者は、自分が元教会員であり、現在は教会に対して過激な反対運動を行っていると名乗った(今年XNUMX月にドイツで起きた流血の襲撃事件のように)。 爆発の疑いがある後、彼は警察に自首した。

その不運な日曜日、2,000日間のエホバの証人の集会のためにザムラ国際コンベンションセンターにXNUMX人以上が出席していたとき、突然爆発が群衆を切り裂いた。 の ケララ州警察長官、ダルベシュ・サヘブ、IED(即席爆発装置)による爆発であることを確認した。 この悲劇的な事件は、当初は即座に 12 人の命を奪いましたが、後にもう XNUMX 人の命を奪いました。 殺人犯によって負った傷によるXNUMX歳の少女の傷。

ドミニク・マーティン容疑者は当局に自首する前に、自身の行為の責任を問うビデオメッセージをソーシャルメディアに公開した。

タイムズ・オブ・インディア紙が報じたように、この暴露は警察による一連の捜査を引き起こし、警察は彼の主張と彼の行動の背後にある不当な理由を調べている。

この事件は、インドの宗教構成のほんの一部を代表するコミュニティ内で起こったため、大きな注目を集めた。 2011 年の最新の国勢調査によると、インドの人口 2 億人のうちキリスト教徒は約 1.4% を占めています。 エホバの証人は、戸別訪問伝道活動で知られるアメリカのキリスト教福音運動で、教会のウェブサイトの情報によると、インドに約60,000万人の会員がいる。

平和的なグループを攻撃する

政治的に中立でもあるエホバの証人が支持する平和的かつ非暴力の原則を考えると、この事件は特に憂慮すべきことである。 彼らはさまざまな国で迫害や制限に直面しており、ホロコーストでナチスのせいで苦しんだ人々も含まれています。

爆弾の爆発は、人口31万人以上が住むこの豊かな南部州内のさまざまなコミュニティ間の緊張をさらに高めることになった。 国勢調査データによると、イスラム教徒は人口の約 26% を占めています。 サヘブ氏は国民に対し、平和を維持し、ソーシャルメディアプラットフォームで挑発的なコンテンツを共有しないように呼び掛けた。

一部のメディアは、爆発の前日に、爆発現場の北約115キロにあるケーララ州マラプラムの親パレスチナ集会で元ハマスのリーダー、ハリド・マシャル氏が講演するという無関係な出来事があったことは言及する価値があると述べている。 これら XNUMX つの出来事を関連付ける証拠はありませんが、ソーシャルメディア上の一部の投稿は関連性を示唆しており、緊張はさらに高まるばかりです。

マシャル氏の演説は、ケーララ州のイスラム・ジャマート・イー・イスラム・ハインド党に関連する若者連帯グループによって企画されたが、この動きはヒンズー教民族主義者である与党インド人民党からの批判を招いた。

この 悲惨な事件 私たちの多様で複雑な社会宗教情勢における宗教間の対話と理解が緊急に必要であることを浮き彫りにしています。 捜査が続く中、被害者とその家族の両方に留意し、この困難な時期に平和と団結を強調することが重要であるが、宗教的少数派を差別する際の政府の責任や、宗教的少数派を宣伝する際の主流メディアの責任を問うことを忘れずに。宗教運動に対する差別や中傷を、宗教運動についてほぼ「政治的に正しい」言い方として言及した。

国家公認の憎悪の危険

インドのカラマッセリーで行われたエホバの証人の集会で最近起きた爆弾テロ事件は、宗教的不寛容がもたらす悲惨な結果を痛切に思い出させるものとなった。 このことは、宗教的少数派に対する憎しみが、あからさまであろうと微妙であろうと、国家機関によって伝播または容認される(そしてメディアによって増大する)場合の潜在的な危険性を強調しています。

インドとヨーロッパのエホバの証人、アフマディヤ・イスラム教徒、バハイ教徒、イスラム教徒などの宗教的少数派 Scientology などの人々は、しばしば社会的偏見を受けていることに気づきますが、国家が認めた敵意によってそれが(生み出されなかったとしても)さらに悪化する可能性があります。 そしてこれはインド、パキスタン、バングラデシュ、中国、ロシアだけでなく、次のような全能の人権擁護活動家にも起こっている。 Germany、フランス、ハンガリーなど。 ドイツやフランスなどの国をロシアや中国と同じレベルに置くのは信じられないことですが、残念ながら類似点はあります。

現在の事件に戻ると、キリスト教福音運動であるエホバの証人は、その平和的で政治的に中立な立場にもかかわらず、世界中で迫害と制限に直面している。 元教会員が関与したインドでの最近の事件は、宗教的不寛容の問題と、グループの元信者の過激化において国家や反宗教団体が果たした役割に大きな焦点を当てた。

多くの社会における国家機関は、世論の形成に大きな影響を与えています。 これらの機関が宗教的少数派に対する偏見を助長したり容認したりすると、間接的に敵意と不寛容の環境を作り出すことに貢献することになります。 このような雰囲気は個人を過激化し、暴力行為やテロ行為に駆り立てる可能性があります。

宗教的不寛容を広める国家機関の役割を詳しく見る

国家公認の憎しみがテロ行為の触媒となり得るという考えは、数多くの研究や報告によって裏付けられています。 これらの情報源は、国家支援による差別と憎悪犯罪やテロ行為の増加との相関関係を強調している。 たとえば、次のような組織が挙げられます。 ヒューマンライツウォッチ 彼らは、国の政策やレトリックが憎悪犯罪を助長する環境を助長している事例に繰り返し注意を喚起してきた。 同じことは、数多くの報告書や分析によって証明されています。 Human Rights Without Frontiers そして専門誌まで ビターウィンター.

インドのような社会宗教が多様な国では、国家機関の役割がさらに重要になっています。 宗教団体に対する憎しみや偏見を助長すると、宗教の調和の微妙なバランスが崩れる可能性があります。

カラマセリーで最近起こった悲劇的な事件は、抑制されない憎悪と不寛容が暴力にエスカレートする可能性があることをはっきりと思い出させます。 これは、国家機関が分断や敵対ではなく団結と理解を促進することで責任を持って影響力を行使するという世界的な責任を強調している。

国家機関には、法と秩序を維持するだけではない重要な役割があります。 彼らは宗教的寛容と敬意の促進に積極的に焦点を当てる必要があります。 これを達成するには、宗教または信仰の自由に関する国連特別報告者の最新報告書で強調されているような、宗教間対話、さまざまな信仰の理解と受容を促進する教育プログラム、ヘイトスピーチや犯罪に対する厳格な法律を奨励する政策の実施が必要である。

結論として、国家が認めた憎しみがテロ行為につながる可能性があるという考えは、非常に重要です。 これは世界中の国家機関に対し、宗教的少数派に対する社会的見方の形成における自らの影響力を振り返るよう求めるものである。 すべての宗教に対する寛容と尊重を積極的に促進することによってのみ、将来このような悲劇的な事件を防ぐことが期待できます。

参照:

1. 「インドのエホバの証人の集会で爆発、3人が死亡、数十人が負傷」 – タイムズ・オブ・インディア

2. 「エホバの証人の爆弾テロの容疑者が警察に自首」 – Press Trust of India

3. 「インドのエホバの証人」 – 教会の公式ウェブサイト

4. 「インド南部の州における地域社会間の緊張」 – 国勢調査データ

5. 「ハマスの元指導者が親パレスチナ集会に演説」 – 人民党公式声明。

6. 「国家公認の憎悪とテロ行為の台頭」 – ヒューマン・ライツ・ウォッチ

7. 「宗教的不寛容とその社会への影響」 – 国連報告書

8. 「宗教的調和の促進における国家機関の役割」 – 宗教の自由に関する国際ジャーナル。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-