7.5 C
ブリュッセル
2月(火曜日)20、2024
環境道路交通と家庭内の暖房がヨーロッパ全土で大気質の悪化を引き起こしている

道路交通と家庭内の暖房がヨーロッパ全土で大気質の悪化を引き起こしている

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

ヨーロッパ全土における EU 大気質基準違反の背後にある道路交通と家庭用暖房からの排出 — 欧州環境庁

会見によると、2014年から2020年にかけて944件の大気質計画がEEAに報告されたという。ヨーロッパの大気質の管理'。 加盟国の当局はセットアップする必要があります。 大気質計画 EUの大気質基準を超えている地域の大気汚染を軽減し、公衆衛生と生態系を保護する。 大気質計画の大部分は、二酸化窒素 (NO) レベルの削減に焦点を当てています。2)および直径10μm以下の粒子状物質(PM)10).

2014 年から 2020 年までに、報告された全体の XNUMX 分の XNUMX 弱が 空気品質基準の超過 主に窒素酸化物(NO)の排出が原因で、都市中心部の交通渋滞と主要道路に近いことが関係していました。x). 道路交通 西部と北部の大気汚染の主な原因となっていた ヨーロッパ、オーストリア、デンマーク、フィンランド、オランダ、ポルトガル、イギリスのXNUMXか国と*、超過の唯一の原因として道路交通を報告しています。

対照的に、南ヨーロッパと東ヨーロッパでは、 家庭用暖房 PMの基準超過を引き起こす重要な原因となった10。 家庭内の暖房が超過の重要な要因であると報告した国には、クロアチア、キプロス、ブルガリア、イタリア、ポーランド、ルーマニア、スロバキア、スロベニアが含まれます。   

大気質計画に基づいて排出量を削減するために講じられた措置に関して、XNUMX 分の XNUMX が NO 排出量の削減に重点を置いています。x 運輸部門からの回答はわずか 12%、農業部門は 4% のみで、後者の XNUMX つは粒子状物質の重要な発生源となっています。

EEAの報告書によると、ヨーロッパの大気質 2021'、大気汚染への暴露により、 早期死亡と病気による重大な負担 27年のEU加盟2019カ国では、307,000万40,400人が微小粒子状物質による早期死亡、XNUMX万XNUMX人がNOによる早期死亡となった。2

欧州グリーンディールの下で ゼロ汚染行動計画、欧州委員会は、 早期死亡者数を減らすという2030年の目標 PMが原因2.5 55 年のレベルと比較して少なくとも 2005% 減少しました。 この目的を達成するために、欧州委員会は、道路交通や建物などの発生源からの大気汚染物質の排出を削減する関連政策の改訂に取り組むことを約束した。 委員会はまた、 周囲の大気質に関する指令 揃える EUの大気質基準 より密接に  WHOの新しい大気質ガイドライン 2021年XNUMX月に出版されました。

大気質計画の背景

EUの 周囲の大気質に関する指令 セッションに 大気環境基準 人間の健康と環境を保護するために、大気中の特定の汚染物質を除去します。 これらの値を超えた場合、加盟国は大気汚染物質の濃度を低減するために必要な措置を講じ、適切な措置を設定する大気質計画を作成する必要があります。 目的は、超過期間をできるだけ短くすることです。

*EEA の製品、ウェブサイト、およびサービスは、英国の EU 離脱前に実施された調査を参照している場合があります。 英国に関連する調査とデータは通常、「EU-27 と英国」または「EEA-32 と英国」などの用語を使用して説明されます。 このアプローチの例外は、その使用状況の中で明らかにされます。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-