5.9 C
ブリュッセル
2月(木曜日)29、2024
環境黒海で前例のないクラゲの侵入

黒海で前例のないクラゲの侵入

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

黒海の海域でクラゲの恐ろしい侵入が確認されました。 現存する「コンポット」はコンスタンツァの沖合にあります。 これはルーマニアの ProTV が研究していることです。 生物学者らは、それらは有害ではないと安心させるが、人々にはそれらに触れないよう忠告している。

クラゲはコンスタンツァの海岸やエフォリエ、コスティネスティ、マンガリアのリゾート地近くで見られます。

肺クラゲの種は直径60cmに達することもあります。 体の上半分は青みがかっています。

科学者らによると、生息数が増加したのは気温の上昇が原因だそうです。 クラゲは、北風と嵐が海岸に運ぶ秋に特別に見えます。

Magda Ehlers によるイラスト写真: https://www.pexels.com/photo/glowing-pink-jellyfish-2832767/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-