6.1 C
ブリュッセル
2月(土曜日)24、2024
エンターテイメント13日の金曜日、死刑囚は絞首刑に処せられ、終焉を待っていた。

13日の金曜日に死刑囚は絞首刑となり、2029年の世界の終わりを待った

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュースレター

13日の金曜日は不運を連想させる日です。 この日、何百万人もの迷信深い人々が黒猫と会うことを避け、鏡を割るのを恐れて鏡を避け、車の運転や飛行機での旅行を拒否します。 ホテルや病院は 13 階をスキップすることが多く、空港は 13 番出口をスキップします。

13 日の金曜日の恐怖を表す用語として、パラスカビデカトリアフォビアまたはフリガトリスカイデカフォビアがあります。 13という数字に対する恐怖はトリスカイデカ恐怖症と呼ばれます。

不運との関連性は聖書的なものかもしれません。イエスが裏切られたとき、最後の晩餐の客は13人でした。 彼は翌日金曜日に十字架につけられました。 月と同様に、13 日以降であるため、12 日が支持されない可能性もあります。 黄道十二宮、オリンポスの神々、ヘラクレスの偉業、イスラエルの部族、そしてイエスの使徒たちも十数人います。

中世では、金曜日は犯罪者が処刑されたため、絞首刑の日と呼ばれていました。 処刑台までの階段は 13 段あり、絞首台にはたくさんの輪があり、死刑執行人には 13 ペンスが支払われました。

フランクリン・ルーズベルト大統領は13日の金曜日には旅行せず、13人が集まる夕食会も主催しなかった。 偉大なナポレオンでさえ、致命的な数に対する病的な恐怖に悩まされました。

史上最悪の13日金曜日の墜落事故は1972年12月にアンデス山脈で飛行機が墜落した。 72人が死亡し、生存者はXNUMX日後に救出されるまで死体を食べることを余儀なくされた。

世界の終わりもこの日に予想されています。 予測によると、13 年の 2029 日の金曜日に、直径 320 m の小惑星 99942 アポフィスが危険なほど地球に接近します。 NASAの科学者らによると、もし小惑星が着陸すれば、テキサス州ほどの広さの地域が壊滅するだろうという。 海に落ちた場合、大きな波を引き起こす可能性があります。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-