9.2 C
ブリュッセル
2月(日曜日)25、2024
編集者の選択2023年のディワリ祭は、国会議員のモーテン・ロッケゴール氏とマクセット氏とともにEPで祝われました...

2023 年のディワリ祭を欧州議会議員のモーテン・ロッケゴール氏とマクセット・ピルバカス氏とともに EP で祝った

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

25月XNUMX日水曜日、 ディワリ祭 で祝われました 欧州連合議会 ブリュッセル(ベルギー)にて。 今年のフェスティバルは12月XNUMX日に開催されるが、議会独自の議題により、ヨーロッパで最も多くのヒンズー教代表者が出席できるようにするため、XNUMX週間前に開催されたと報じられている。 ラ ベルダッド デ セウタ.

53289859827 ff19ed9020 c 2023 ディワリ祭を国会議員モルテン・ロッケゴール氏とマクセット・ピルバカス氏とともにEPで祝った
写真提供: MARCOS SORIA – 2023 年欧州議会のディワリ祭でのダンス。

このイベントはヨーロッパのヒンドゥー・フォーラム(HFE)が主催し、 パラン財団ファイ財団。 光の祭典としても知られるディワリ祭は、2015 年から欧州議会で祝われています。

欧州議会で聴衆に演説するスペインのキャンパス・ピ出身のスワミニ・ダヤナンダ・ジー氏
写真提供者: MARCOS SORIA – スワミ・ラメシュワランダ・ギリ・マハラジ スペインのキャンパス・ファイ出身、HFE顧問、欧州議会で聴衆に演説

スペインヒンズー教連盟(FHE)の会長が代表を務めた。 フアン・カルロス・ラムチャンダニ(パンディット) クリシュナ・クリパ・ダサ) 彼はHFEの副会長でもあります。 スワミ・ラメシュワランダ・ギリ・マハラジ、政府との関係におけるFHEの顧問、およびヨーロッパのヒンドゥーフォーラムの精神的な顧問。

修道会(サンニャーサ)の代表者 スイス出身のスワミ・アマラナンダとスペインのキャンパス・ピ出身のスワミニ・ダヤナンダ・ジー も出席した。 イタリア、ベルギー、フランス、オランダ、英国のヒンズー教連盟の代表も出席した。

004 2023年ディワリ祭をEPでモルテン・ロッケゴール議員とマクセット・ピルバカス議員とともに祝った
写真提供: MARCOS SORIA – ネパール大使および国会議員マクセット・ピルバカス氏とのヒンズー教フォーラムのメンバー

このイベントには、次のような数人の宗教代表者も出席した。 イヴァン・アルホナ教会長 Scientology ヨーロッパで、 バインダー・シン 欧州シーク教徒コミュニティ代表 とDr。 OSCE民主制度・人権局寛容・非差別部長のキシャン・マノーチャ氏 (欧州安全保障協力機構)。

機関の代表者は以下によって提供されました。 モルテン・ロッケゴール、イベントを主催し、出席者を歓迎するスピーチを行ったMEP(欧州議会議員)兼駐インドEU代表団議長。 グアダループからのフランス議員も出席した マクセット・ピルバカスインド出身でインドとの制度的関係の代表を務める同氏は、感動的なスピーチを行い、伝統の保護と祝賀を呼びかけた。

53291210495 66a010518b c 2023 年ディワリ祭を欧州議会議員モルテン・ロッケゴール氏とマクセット・ピルバカス氏とともに祝う
写真提供: MARCOS SORIA – 欧州議会でディワリキャンドルに火を灯す駐欧州連合インド大使との 2023 年のディワリ祭

世界で最も多くのヒンズー教徒を抱える両国の外交代表も出席した。 駐欧州連合インド大使 サントシュ・ジャ閣下 > 駐ベネルクス・ネパール大使 ガヘンドラ・ラジバンダリ閣下。 両氏はそれぞれの政府を代表して出席者全員に祝辞を述べた。

プログラムは、次の歓迎メッセージから始まりました。 ラクシュミ・ビアス博士, HFE社長。 パンディット・ラムチャンダニ それからサンスクリット語でマスターの恩寵と平和の達成を呼び掛ける祈りを唱えた。 続いて、ディワリ祭を象徴するディヤまたはキャンドルの点灯が行われました。

ディワリ祭の冒頭でマントラを唱えるパンディット・ラムチャンダニさん。
写真提供: MARCOS SORIA – ディワリイベントの開始時にマントラを唱えるパンディット・ラムチャンダニ。 右側はキシャン・マノチャ博士(ODIHR)。

このイベントには、ベルギーのヒンズー教コミュニティの若者たちによるバラタ・ナティヤムやカタックなどの伝統的なインド舞踊の文化セクションが含まれていた。

イベントの最高潮は、典型的なインド料理からなるベジタリアンディナーでした。 このイベントにはヨーロッパ各地からXNUMX名が参加しましたが、その最大のグループはヨガ・ヴェーダンタ・瞑想学校のスワミ・ラメシュワラナンダの弟子たちでした。 彼らは全員、欧州ヒンドゥー・フォーラムが発行する年次雑誌『ディワリ・イベント・アット・ザ・EU議会』のコピーを受け取りました。この雑誌には、その年に組織とそのメンバーによって行われた活動がリストされています。

インドの古典舞踊のパフォーマンスがいくつかありました。
写真提供: MARCOS SORIA – インドの古典舞踊のパフォーマンスがいくつかありました。

ラムチャンダニ氏は次のようにコメントした。「ヨーロッパのヒンドゥー教を視覚化するこのイベントに参加することができてとてもうれしいです。2015年に初めて開催されて以来、参加しています。ブリュッセルはヨーロッパの中心であり、ここは私たちが最も古い歴史を代表する場所です。今も生きている人類の精神性の形。 より良い世界を達成するために人々の精神的意識を向上させるという共通の目標を持って、サナタナ・ダルマの兄弟姉妹や他の宗教的伝統の友人たちと再びつながる機会です。」

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-