15.8 C
ブリュッセル
6月(月曜日)24、2024
科学技術考古学イスタンブールの古代を思い起こさせる、築 500 年のハマム

イスタンブールの古代を思い起こさせる、築 500 年のハマム

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

XNUMX 年以上一般公開されていなかった、見事なゼイレック チニリ ハマムが再びその驚異を世界に明らかにします。

イスタンブールのゼイレック地区、ボスポラス海峡のヨーロッパ側、歴史的なファティ地区に隣接するこの浴場は、スレイマン大帝などの有名なオスマン帝国スルタンの主任建築家であるミマール・シナンによって 1530 年に建てられました。

「チニリ」とはトルコ語で「タイルで覆われた」という意味で、ハマムのインテリア デザインの最も印象的な特徴を強調しています。かつては何千枚もの明るい青色のニック タイルで覆われていました。

1700 世紀にわたって営業し、主にハマムとして一般の人々にサービスを提供していましたが、2010 年代後半には一時的に倉庫としても使われていたこのハマムは、XNUMX 年に閉鎖されるまで荒廃した状態でした。

壁はカビで覆われ、タイルはほとんど消え去っています。 このハマムは 2022 年にイスタンブール ビエンナーレに合わせて一時的にオープンしましたが、今、まったく新しい命を吹き込もうとしています。

13 年間の忘れ去られた後、チニリ ハマムは再びゲストを歓迎します。最初は展示スペースとして、次に 2024 年 XNUMX 月からは男女別のセクションを備えた大浴場としてオープンします。

このハマムは全面的に改装されるだけでなく、かつて真鍮の蛇口から水を放出していたビザンチン時代の貯水池のアーチの下に現代美術のスペース、建物の歴史を展示する新しい博物館、そして月桂樹でいっぱいの庭園も獲得します。植物、とCNNは書いている。

これは、2010 年に建物を購入した不動産会社マルマラ グループによる XNUMX 回目の大規模な歴史的修復です。

過去を明らかにする

「私たちがハマムを購入したとき、その歴史についてはまったく知りませんでした。 しかし、ゼイレックでは、どこを掘っても何かが見つかります」とプロジェクトのクリエイティブディレクター、コザ・ヤズガンは言います。

「メンズセクションでは、正六角形とは異なる長方形のタイルを見つけました。 壁にはペルシア語で詩が刻まれており、各タイルには異なる詩が書かれていました。 私たちはそれらを翻訳し、研究しましたが、それらはある時点で紛失していたことがわかりました。それらはシナンが最初に置いた場所ではなかったのです」と彼は付け加えた。

ハマムが最初に建設されたとき、壁は約 10,000 枚のタイルで覆われていましたが、現存しているのはわずか数枚だけです。 紛失したり、盗難に遭ったり、火災や地震で被害を受けたものもありました。 タイルは 19 世紀後半には海外の美術館にも販売されました。マルマラ グループは、タイルの多くが遠く離れた個人コレクションや、ロンドンの V&A を含む文化施設にあることを追跡しました。

ハマムの考古学者と歴史家のチームは、タイルの起源を正確に特定するのに役立ちます。 謎のペルシア語タイルについて、ヤズガン氏はこう続けます。「私たちは見つけた場所に放置せず、博物館に展示することにしました。」

待望のカイロの大エジプト博物館やアブダビのルーブル美術館などの過去のプロジェクトを手がけたドイツの企業アトリエ・ブリュックナーが設計したチニリ・ハマム博物館は、ハマムの修復中に発見されたローマ、オスマン帝国、ビザンティン時代の数多くの工芸品の一部を展示する。コインから外国船の珍しい落書きまで。

ナリンと呼ばれる輝く螺鈿下駄をはじめ、昔の入浴客が愛用していたさまざまな品々を展示します。

博物館のフロア全体が素晴らしいイズニク タイルに捧げられます。未来的な拡張現実ディスプレイは、白い壁を完全なターコイズ色の輝きで覆い、ミマール シナンの時代の浴場に訪問者を連れて行きます。

これは遠い昔に失われたものを再構築するという素晴らしい試みだが、ヤズガン氏はそれが必要であると考えている。 「過去 20 年間で街がどのように変わったかを考えると、これらの歴史的な場所を保護することがこれまで以上に重要だと思います。 そうしないと、それらはすべて失われてしまいます」と彼女は言います。

時代を超えた美しさ

ゼイレックの木造多層建築はもともと 12 世紀の裕福なパントクラトール修道院の周囲に建てられたものですが、現在ではゼイレックは労働者階級の地区となっています。

生活の中心はスパイスと肉の市場であり、レストランからは自家製ペルデ ピラヴ (トルコ東部の鶏肉、ブドウ、米の料理) のフルーティーな香りが漂います。

ゼイレックはイスタンブールのユネスコ世界遺産地域の一部ではありますが、アヤソフィア、ブルー モスク、トプカピ宮殿がある近くのアヤソフィア地区とはまったく異なります。 ここでは外国人観光客は非常にまれです。

近隣の通りは非常に騒々しいですが、面積 2,800 平方メートルを超えるハマムは、喧騒から逃れて静かに過ごすのに最適です。

Kem göz (邪悪な目) が玄関ドアにぶら下がっており、悪意のある霊がすべて入ってこないようにしています。 500 年前と同じように、オーク材のドアは重くて分厚いですが、とても新しいので製材所の匂いがまだ残っています。

敷居を越えた後、訪問者は XNUMX つの部屋を通過します。これはすべてのトルコ式浴場の典型的なプロセスです。 XNUMXつ目は、ゲストがリラックスできる「冷たい」もの(より正確には室温)です。 温かいコーヒーや紅茶を飲みながらソファで休憩するのもおすすめです。

次はホットルームです。体が摂氏約 30 度の温度に順応する乾燥したエリアです。 最後の部屋は摂氏50度に加熱されたスチームハーレットです。

「ここは精神的にも肉体的にも浄化される場所です。 地上の出来事からXNUMX時間逃げられます」とヤズガンは言います。 このエリアでは、服を着たアテンダントがお客様の体を洗ったり、マッサージしたりします。

オスマントルコのノウハウと完璧なミニマリズムがチニリ ハマムに融合し、究極のリラクゼーション空間を作り出しています。

ドーム型の天井にあるガラスの星は、目を刺激することなく十分な自然光を取り込みます。 オスマン帝国本来のディテールが心を刺激しつつも、静謐な雰囲気を邪魔しません。

新しい生活

当初、ハマムの浴場がまだ乾いている間に、チニリは、この場所の歴史を要約する XNUMX つの言葉である、廃墟、歴史、癒しのテーマに特化した特別な作品を展示する XNUMX 回限りの現代美術展を開催します。

会期終了の2024年XNUMX月以降は浴槽に水を張り、本来の機能に戻す予定。 ヤズガン氏は、このハマムはオスマン帝国の入浴の伝統を正確に再現すると述べた。

スウェーデン式マッサージや香りのよいオイルの代わりに、高温多湿な部屋、さまざまなカイロプラクティック トリートメント、バブル マッサージが行われます。

しかし、ヤズガン氏はチニリをトルコの伝統的なハマムとは一線を画す何かを強調している。

「通常、ハマムでは男性用セクションのデザインがより高度で精巧なものになっています。 よりアーチ型の天井とタイルが施されています。 ただし、ここでは男女問わずお風呂の美しさを楽しんでいただけるよう、セクションごとに日替わりを設けております。」

イスタンブールの小宇宙

マルマラ グループは、新たに復元されたハマムが、過小評価されている史跡を利用してゼイレックを文化観光地に変えることで、地域の力学を完全に変えることができると信じています。

「私たちは、ハマムのゲストが地域内の他の観光スポットを訪れたり、歴史的な空間で食事をしたりできる場所を示す『ゼイレックマップ』を作成する予定です」とヤズガン氏は言います。

エリア内には多くの観光スポットがあり、ゼイレック モスク、記念碑的なローマ時代のヴァレンス水道橋、バロック様式のスレイマニエ モスクまで徒歩 15 分以内です。

そして、訪問者数の増加により近隣が過剰観光の危険にさらされる可能性がある一方で、ハマムはイスタンブールで拡大を続ける注目すべき文化遺産のポートフォリオに加わる可能性を秘めています。そこでは、古い儀式に参加し、街の国際的な過去に浸ることができます。

「博物館、リラクゼーション ルーム、歴史的工芸品を備えたこのハマムは、イスタンブールの縮図のようなものです」とヤズガン氏は言います。

写真:zeyrekcinilihamam.com

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-