9.3 C
ブリュッセル
2月(火曜日)20、2024
世界全体NASAが月に家とレストランを建設中

NASAが月に家とレストランを建設中

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュースレター

NASA は、この世のものとは思えない Airbnb を構築する準備ができています。 米国宇宙機関は、60年までに月面に住宅を建設するための建設技術会社に2040万ドルの助成金を与え、これは宇宙飛行士だけでなく一般民間人も住むことになる。

この計画では、巨大な 3D プリンターを月面に打ち上げ、岩石、鉱物の破片、塵で作られた月面コンクリートを使用して、月面の構造物を積層するというものです。

NASAはまた、大学や民間企業と協力して、月面の住宅用のドア、タイル、家具を製造しているとdailymail.co.ukは書いている。

議題には、いつか火星に住むことになる宇宙フェアのキャラクターのための施設を火星に設立することが含まれています。

計画は非常に初期段階にあり、家の外観を描くために利用できるレンダリングは 2022 年までしかありません。アイデアは今後 XNUMX 年間で変更される可能性があります。

現時点でNASAは民間人が月面ハウスに滞在する場合にいくら請求するかについては明らかにしていない。

2022 年の NASA 契約を獲得したオースティンに本拠を置く ICON は、3D プリンティング Earth の専門知識を活用し、The Vulcan システムを使用して高級住宅を一層ずつ建設しています。 この技術には、セメント、砂、水の混合物を糸として使用します。

フィラメントは実際には、互いに積み重ねられた厚いストリップとしてプリンターから出てくるインクです。 家のすべてのコンポーネント (壁や屋根など) は個別に印刷され、組み立てられます。

この方法で建てられた住宅は価格がすぐに上がるため人気が高まっており、開発業者らは米国の住宅危機を解決できると主張している。

写真:NASA

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-