8.9 C
ブリュッセル
2月(水曜日)21、2024
宗教キリスト教世界教会評議会、ウクライナ円卓会議開催の試みに失敗

世界教会評議会、ウクライナ円卓会議開催の試みに失敗

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

世界教会評議会は、ウクライナ円卓会議を組織するための数か月にわたる取り組みが失敗に終わったことを認める声明を発表した。

世界教会評議会(WCC)が、XNUMXつのウクライナ正教会、エピファニー首都圏主導のウクライナ正教会と、オヌフリー首都圏総主教庁と関係のあるオヌフリー首都圏指導下のウクライナ正教会を円卓の周りに集めようとする試み。モスクワ、対話のテーブルへの参加は失敗した。

円卓会議の組織にはロシアとウクライナへの訪問が含まれているが、紛争に関与している正教会のうちどれも他の教会との対話に同意していない。 ウクライナの両教会は、断固として話し合いに消極的だった。

WCCの声明は、「残念ながら、過去数カ月間に我々が行ってきた努力にも関わらず、ウクライナ正教会(UOC)とウクライナ正教会(OCU)がこのような活動に主要参加者として参加することには、現実的かつ政治的な障害があった」と述べた。今のところ対話プロセスでは私たちの計画は不可能になります。 私たちは、ウクライナ正教会とウクライナ正教会の両方の参加が、自由で独立した国家としての道を歩むウクライナ国民の間の社会的団結を促進するために私たちが構想する対話プロセスにとって不可欠な基盤であると信じ続けています。深く分断され紛争が生じた世界における平和の広範な探求。」

「神が私たちを平和への道に導いて下さり、対話が可能になるように状況や視点が変わることを祈ります」と声明は結んだ。

写真:ポンティウス・ピラトゥス(ブルガリア、変容修道院、ザハリイ・ゾグラフによるフレスコ画)。 教会のフレスコ画は、サモコフ絵画派の著名な代表者の作品で、1849 年から 1851 年に制作されました。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-