9.5 C
ブリュッセル
2月(火曜日)20、2024
意見アルメニアの反ユダヤ主義、増大する脅威

アルメニアの反ユダヤ主義、増大する脅威

エリック・ゴズラン著、国際外交対話評議会理事

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

エリック・ゴズラン著、国際外交対話評議会理事

7月1,300日のハマスの攻撃とイスラエルの対応以来、世界の多くの地域で反ユダヤ主義が驚くほど高まっている。 特にフランスでは、警察当局の報告によるとXNUMX件以上の事件が記録されており、状況の深刻さを証明している。

イスラエルの強力な同盟国であるアゼルバイジャンは、アルメニアと長期にわたる紛争を抱えている。 この同盟は、エルサレムとバクーの近さについて暗い見方をしている多くのアルメニア人の不支持を招いている。 これに抗議して、一部のアルメニア人は自国のユダヤ人のシンボルを攻撃して反応した。

15月15日、エレバン(アルメニアの首都)のシナゴーグで数人が火炎瓶を投げた。 警察は声明の中で、この建物にシナゴーグがあったとは明言しなかったが、アルメニアのユダヤ人コミュニティの代表であるリンマ・ヴァルジャペティアン氏はAFPの取材にこれを認め、「襲撃は建物が閉鎖されていたXNUMX月XNUMX日の早朝に起きた」と述べた。空の"。

アルメニアにおけるユダヤ人の状況

人口減少:アルメニアのユダヤ人コミュニティが絶滅の危機に瀕

アルメニアはコーカサス山脈の中心部にあり、世界最小のユダヤ人コミュニティのひとつです。 多くの憂慮すべき統計によると、この国のユダヤ人人口は減少の一途をたどっており、現在はわずか700人となっている。1992年から1994年にかけて6,000人以上のユダヤ人コミュニティの成員が祖国を離れることを決意した大量脱出が発生した。 この大量移住には、経済的困難から安全保障上の懸念まで、さまざまな理由がありました。

アルメニアでの憂慮すべき反ユダヤ主義の台頭:ユダヤ人人口が少ないにもかかわらず標的型攻撃

アルメニアのユダヤ人コミュニティの規模はそれほど大きくないにもかかわらず、憂慮すべき反ユダヤ主義攻撃の標的になることが増えている。 名誉毀損防止連盟の報告書によると、アルメニアはソ連崩壊後の国として際立って反ユダヤ主義の割合が最も高く、人口の58%が反ユダヤ感情を共有していることが明らかになった。

最近、アルメニア軍の元参謀総長補佐官であり、国家安全保障問題に関するアルメニア大統領の元首席補佐官であるポゴシアン氏によって衝撃的な発言がなされた。 ソーシャルネットワークや電報グループに投稿されたビデオの中で、ポゴシアン氏は「ハマスによるユダヤ人殺害を支援する」と明言した。

動画では暴言が続き、ウラジミール・ポゴシアンさんは「ジャッカルどもは完全に絶滅させなければならない。 私は生涯を通じて諜報活動に従事し、モサドと同等、あるいはそれ以上のレベルで作戦を実行してきた人物です。」 ビデオの冒頭で、この元高級公務員は否定主義的な見解を表明し、「私はホロコーストを一度も認識したことがない」と宣言し、ユダヤ人を「地球上に存在する権利のない破壊的な民族」と表現している。

世界反ユダヤ主義政策研究研究所(ISGAP)によると、アルメニアにおける反イスラエルと反ユダヤのプロパガンダは、古典的な反ユダヤ主義の固定観念を助長している。 2023年XNUMX月に発行されたISGAP報告書は、反アゼルバイジャン感情としばしば関連する、アルメニアにおける反イスラエルおよび反ユダヤのプロパガンダの憂慮すべき広がりを浮き彫りにしている。 ISGAPの調査結果によると、当局と一般大衆の両方の共感を呼ぶこのキャンペーンには、古典的な反ユダヤ主義の常套句が頻繁に含まれているという。

報告書は、アルメニア通信社「リアリスト」に語ったアルカディ・カラペティアン大佐の言葉を引用しており、「イスラエルの教官たちは武器を試すために私たちに向かって発砲した…ユダヤ人たちは最近、強制収容所の犠牲者を追悼する日を祝い、それは世界でも広く報道された」メディア。 一方、イスラエルはアルツァフを死の収容所に変えることを積極的に奨励している。」

3年2023月XNUMX日、エレバンのユダヤ文化センターが破壊されました。 数時間後、アルメニアのソーシャルネットワークは、この破壊行為はイスラエルがアゼルバイジャンに無人機やその他の武器を販売したこと、そしてアゼルバイジャンの政府と比較したアルメニア当局者が使用したレトリックに対する数十人のラビによる最近の批判に対する報復として理解されるべきであると報告した。ホロコーストによるアルメニア軍と民間人に対する行動。

アルメニア解放秘密軍(ASALA)がこの行為に対する犯行声明を出した。 ASALAとイランの歴史的なつながりを思い出してみる価値はある。 1975年に設立されたASALAは、パレスチナのテロ組織とともにベッカー渓谷で訓練を行い、イスラエルに対して協力した。

結論として、これらの例は、古典的な反ユダヤ主義と反シオニストの物語をアルメニアの公共の議論に持ち込むことに内在する危険性を浮き彫りにしている。 第二次カラバフ戦争でのエレバンの敗北と急進的なアルメニア民族主義の台頭という状況を考えると、この脅威は明白な現実であるように思われる。 アルメニアにとって、このような有害な物語が地域社会間関係と地域の安定の両方に及ぼす影響について深く考えることが不可欠になりつつある。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-