8.2 C
ブリュッセル
4月月曜日、22、2024
世界全体ガザの医師たちは、援助チームが急ぐ中、致死性の病気の発生を「恐れている」...

ガザの医師たちは、援助チームが救援に急ぐ中、致死性の病気の発生を「恐れている」

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

ガザでの戦闘が一時停止していることを受け、国連の人道支援団体は、負傷者の命を救い、医師らを「恐怖」に陥れている致命的な病気の流行のリスクを阻止するために、直ちに援助物資の提供を増やす必要があると警告した。

優先事項には、病院への電力供給、きれいな水の供給、その他の重要な民間インフラの維持に使用できるように、戦争で荒廃した飛び地の北に燃料を輸送することが含まれます。

このようなサービスは、約7人が死亡、約1,200人が人質となった240月XNUMX日のイスラエル南部でのハマスの虐殺に対抗する数週間にわたるイスラエル軍の砲撃によって大きな影響を受けている。

ガザ保健当局は、これまでに攻撃により15,000万XNUMX人以上が死亡し、そのほとんどが女性と子供であると報告した。

空と地上からの脅威

ガザ南部からの最新情報、国連児童基金(ユニセフ)広報担当のジェームス・エルダー氏は、北部のアル・シファ病院の医師から、子供たちに対する脅威は下痢や呼吸器感染症の形で「空からのものであり、現在は地上からも非常に多くなっている」と言われたと述べた。

「彼は医療専門家として、ここに潜んでいる病気の蔓延とその方法について恐怖を感じていました。 それは免疫システムを破壊し、食糧不足で危険なほど衰弱させている子供たちを破壊するでしょう。」とエルダー氏は付け加えた。

戦闘休止の延長と引き換えにさらに多くの人質の解放を求める交渉が続く中、ユニセフは「戦争によるひどい傷を負い、その場しのぎの駐車場で(横たわって)命がけで戦っている多くの若者の姿を見て遺憾の意を表した」と語った。マットレスや庭のいたるところで、医師は誰を優先するかについて恐ろしい決断を下さなければなりません。」

致命的な遅延

暴力で足を吹き飛ばされた別の少年は、検問所によって遅れて南部に到達しようとして「50、XNUMX日」を費やした、とエルダー氏は続けた。 「(腐敗の)匂いは明らかだった…そしてその少年は全身に破片を残していました。 おそらく彼は盲目で、体のXNUMXパーセントに火傷を負っていた。」

国連世界保健機関は、ガザにおけるニーズの規模に対する深い懸念を表明()24月XNUMX日の戦闘休止開始時に北部で実施された評価では、「どこにいても誰もが深刻な健康ニーズを抱えている」ことが示されたと指摘した。

ガザのアルクッズ病院で患者の手術をする外科医たち。 (ファイル)
WHO – ガザのアルクッズ病院で外科医が患者の手術を行っている。 (ファイル)

飢餓のリスク

ジュネーブで講演したWHO報道官マーガレット・ハリス博士は、これは「彼らが飢えているため、きれいな水が不足し、密集しているため…」と述べた。 基本的に、あなたが病気だったり、子供が下痢をしていたり​​、呼吸器感染症を患っていたりすると、何の援助も受けられないのです。」

最新の更新では、国連援助調整事務所 国連人道問題調整事務所 ワディ・ガザ南部では救援物資の配達が加速されており、推定約1.7万人の国内避難民の大部分が避難所を求めていると述べた。 「病院、給水・衛生施設、避難所などの主要なサービス提供者は、発電機を稼働させるために毎日燃料を受け取り続けています。 国連人道問題調整事務所 報告した。

「私たちが目にしているのは壊滅的なものだ」:国連WFP

国連世界食糧計画 (WFP)は、最初の戦闘一時停止中にガザ地区で切実に必要な食料を120,000万人以上に届けたが、物資は「国連の避難所や地域社会の職員が見ている飢餓レベルに対処するにはひどく不十分」だと述べている。 

国連WFPの中東・北アフリカ・東ヨーロッパ地域局長コリン・フライシャー氏は、「私たちが目にしているのは壊滅的なものです。

「私たちは飢餓と飢餓の危険にさらされており、それを防ぐためには、大規模に食料を運び込んで安全に配布できる必要がある。必要な支援をすべて提供するにはXNUMX日では全く足りない。 の ガザの人々はXNUMX日間だけでなく、毎日食事をしなければなりませんに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

「私たちのチームは、飢え、絶望、破壊など、目にしたものについて詳しく話しました。 数週間たっても何の救済も受けていない人々。 チームの目には苦しみが映っていた」とWFPパレスチナ代表兼カントリーディレクターのサメール・アブデルジャベル氏は語った。 「この一時停止が安心の窓となり、長期的な平穏への道が開かれることを願っています。 安全で妨げられない人道的アクセスを今止めることはできません。」

続きを読む:

ガザ:停戦開始で休息と困っている人々へのアクセスへの希望が生まれる:国連人道支援

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-