9.2 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
機関国連ガザ:休戦協定の開始により、休息とガザの人々へのアクセスへの希望が生まれる...

ガザ:停戦協定の開始で休息と困っている人々へのアクセスへの希望が生まれる:国連人道支援者

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

彼らは、死者数が15,000万XNUMX人に近づき、多くの避難民が路上で寝ている、戦争で破壊された飛び地全域への立ち入りを求める声を繰り返した。

国連人道問題調整事務所 (国連人道問題調整事務所)イェンス・ラールケ報道官はジュネーブで記者団に対し、今週初めに発表されたイスラエルとハマスの合意に関する希望は「一時停止が尊重され、それによって私たちを必要としている人々に手を差し伸べることが可能になり、それが実現することである」と語った。 実際の人道的停戦まで延長された 長い目で見れば"。

96時間の人道的戦闘停止に加え、エジプト、カタール、米国が促進したこの合意には、7月XNUMX日のイスラエルに対するハマステロ攻撃で捕らえられた人質と、イスラエルの刑務所からのパレスチナ人の拘留者の釈放が規定されている。 。

「私たちはこの合意がガザとイスラエルの人々に安息をもたらし、解放される人質や拘束者、そしてその家族にいくらかの安堵をもたらすことを願っています」とラーケ氏は述べた。

「どこにいても」人々に届く

OCHAの報道官は、停戦協定の最初の数時間に展開した「不安定で緊迫した状況」を強調し、「救援のパイプラインは非常に長く、その一部、実際その多くは我々の制御を超えており、やらなければならない」と強調した。積荷の確認付き。」

「どこにいても」困っている人々に手を差し伸べる緊急性について、同氏は、 ガザ北部へのアクセス 「被害と人道的ニーズが最も大きい場所」であり、飛び地の南からもイスラエルの軍事作戦による援助からも長い間遮断されてきた。

さらなる病院避難が計画されている

国連保健機関は、彼の声に加わり、一時停止が停戦の継続につながることを期待している()スポークスマンのクリスチャン・リンドマイヤーは、北ガザの病院に閉じ込められている患者と医療従事者の窮状を強調し、計画と さらなる避難に向けた取り組み特にインドネシアとアル・アハリ病院からの支援が進行中です。

水曜日、国連機関と人道パートナー団体であるパレスチナ赤新月社(PRCS)の共同の取り組みにより、151人の負傷者や病人、その家族、医療従事者がガザ市のアル・シファ病院から避難し、救急車で搬送された。南へ向かうバス隊。

リンドマイヤー氏はこう言った。 同病院に残っている「推定100人の患者と医療従事者の安全を非常に懸念している」という。 

戦前に北部で運営されていた24の病院のうち、22は機能していないか、新たな患者を受け入れることができない一方、南部の11の医療施設のうちXNUMXつは機能している。 WHOによると、このうち重篤な外傷症例の治療や複雑な手術を行える能力があるのはXNUMX人だけだという。

救助活動用の燃料

金曜日の午前7時の停戦開始時刻に向けて、OCHAは次のことを指摘した。 砲撃と暴力的な衝突の増加と述べ、「北部、特にジャバリアでのパレスチナ武装勢力との地上戦と並行して」ガザの大部分で空、陸、海からのイスラエル軍の攻撃が激化し、多くの死傷者が報告されたと述べた。

OCHAが引用したガザ政府メディア局によると、飛び地での死者数は木曜夜の時点で14,800万XNUMX人を超えており、数千人が自宅の廃墟の下敷きになっていると推定されている。

人道的規模拡大の一環として、OCHAのイェンス・ラールケ氏は次のような必要性を主張した。 より多くの燃料を得る インフラの大規模な損傷と建物の倒壊を考慮して、「機械を操作して瓦礫の中から人々を救出する」ため、ストリップ地区に避難した。

OCHAは、68,383月18日の「重要な人道活動のために少量の燃料の毎日の入国を許可する」というイスラエルの決定を受けて、木曜日にエジプトからXNUMXリットルの燃料がガザに入ったと報告した。 国連事務局 先週言った 200,000日あたり約XNUMX万リットルの燃料が必要だったという。

ラーケ氏は次のように強調した。 ガザに送られる燃料は「常に国連の管理下にある」 パレスチナ難民のための国連機関によって配布されています。 UNRWA.

'最低'

ガザでは1.7万人以上が国内避難民と推定されており、そのうち約150万人がガザ地区全域のXNUMX以上のUNRWA避難所に滞在している。 

イスラエルの軍事作戦により人々が避難を強いられた南部の避難所は定員を何倍も上回っており、OCHAによると、避難民の男性や年長の少年のほとんどは屋外や校庭、近くの路上で寝ているという。 

In ステートメント 木曜日、UNRWAのフィリップ・ラッザリーニ長官は、ガザの人々は「夜を乗り切れるかどうか心配することなく眠る権利がある」と強調した。

「これは誰もが持つことができる最低限のものだ」と彼は主張した。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-