5.8 C
ブリュッセル
2月(火曜日)20、2024
人権ロシア人女性が赤キャビアのスライスで逮捕された。

クレムリン前の赤の広場で赤キャビアのスライスを食べたロシア人女性が逮捕された

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

41歳のロシア人女性がモスクワの赤の広場で、「巨大な」キャビアのサンドイッチを食べる自身のインスタグラム動画を撮影中に逮捕された。

グリナ・ナウマンさんとその友人は、クラシックな毛皮のコートを着たロシア人女性が、14キロのキャビアが入った箱を台車で引きずる様子をインスタグラム用に撮影した。 その後、女性はクレムリンの壁の前に座り、そこで巨大なパンに赤キャビアを塗りつけたとモスクワ・タイムズ紙が報じた。

近くにいた警察官が2人の行動を不審に感じたとみられ、グリナさんとその男を拘束した。 XNUMX人はXNUMX時間の取り調べを受けた後、不起訴で釈放された。

ナウマンさんはニュース局MSK1.ruに対し、モスクワのレストランで「レトロな」ビデオを撮影する計画だったが、レストランが閉店していることを知り、代わりに赤の広場でシーンを撮影することに決めたと語った。

「どうやら、クレムリンの近くでキャビアをそれほど大量に撃つことは許可されていないようです」と彼女はメッセージングアプリのテレグラムに書いた。 「私たちの国の状況では、シックであることは禁止されています」と彼女は付け加えた。

写真:Instagram

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-