9.3 C
ブリュッセル
2月(火曜日)20、2024
世界全体ザハロワ氏:危険な愚か者、ソフィアの文盲の役人はブルガリア国民の恥をさらしている

ザハロワ氏:危険な愚か者、ソフィアの文盲の役人はブルガリア国民の恥をさらしている

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ラヴロフ大統領の飛行機がブルガリア上空を飛行しなかった理由はこれだ

ロシアMFAのマリア・ザハロワ報道官は、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相自身が搭乗している場合、ロシア外相の飛行機が同国の領空を通過することを拒否するというブルガリア当局の決定は「危険」であると述べた。

「これは単なる愚かさに関するものではなく、ブルガリアの権力構造における陰謀者の危険な愚かさに関するものです。 実際、航空交通の規則は 1944 年の国際民間航空に関するシカゴ条約によって規制されています。同条約では、州の領土は「陸地および領海を除くそれに隣接する領土」として理解されるべきと規定されています。 「領土」という用語には空域は含まれません。 州の領土への立ち入りは禁止されている」とザハロワ氏はテレグラムチャンネルに書いた。 彼女によると、ブルガリア外交部のメモによれば、国家当局は全国で初めて飛行機ではなく、飛行機に乗っている人が空を飛ぶことを禁止したという。外務省の航空機が上空を飛行することを許可されました。

「ブルガリア当局者らは、我々のミラーストップリストに載っている何千人ものNATO工作員に対抗してそのような措置が実施できると考えたのだろうか? 彼らは原理的に危険な世界の前例を作ることを考えたのだろうか? そうではないと思います。 ブルガリア国民の恥をかかせるためにソフィアで? …ところで、私たちはすでにスコピエにいます」とザハロワ氏は付け加えた。

これに先立ち、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は欧州安全保障協力機構(OSCE)の外相理事会に出席するため北マケドニアの首都スコピエに到着した。 飛行機はギリシャを通過していたが、その前にはルートはブルガリアを通過すると予想されていた。 タス通信が明らかにしたところによると、ブルガリア側は、ザハロワ氏が搭乗している場合、ロシア外相の飛行機を離陸させることを拒否している。

ブルガリア外務省からの覚書には、特に次のように記載されている。「覚書に従い、ロシア連邦のセルゲイ・ラブロフ外務大臣とその随行代表団に、スコピエでの上記の会合への参加許可が与えられる。…決定EU法に従って制裁リストに載っているロシア外務省情報報道局長マリア・ザハロワ氏のことを指すものではない。」

閣僚専用機の航路は約4000キロで、飛行時間は5時間以上だった。 ラヴロフ外相の飛行機は北マケドニアに向かう途中、トルコとギリシャ上空を飛行した。

Lubov Tandit による説明写真: https://www.pexels.com/photo/people-walking-on-concrete-road-with-mid-rise-buildings-under-clouded-sky-92412/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-