9 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
ニュースレターイーロン・マスク氏のSpaceXで600件以上の非公表の職場負傷

イーロン・マスク氏のSpaceXで600件以上の非公表の職場負傷

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

最近の調査で、イーロン・マスク氏のロケット会社スペースXでこれまで報告されていなかった600件以上の職場事故が明らかになった。

これらの文書化されていない傷害は、本質的に重篤なものでした。 手足の粉砕や切断から火傷や感電死まで、その範囲は多岐にわたります。 この問題に詳しい関係者らは、この深刻な傾向はイーロン・マスク氏の宇宙植民地化への積極的な追求の代償を反映していると言う。

報告書の著者らは、今回の調査により、スペースX社が労働者の安全に関する規制や確立された慣行を無視するパターンが明らかになり、この否定的で危険な傾向が全国の同社のロケットおよび衛星施設に存在しているという事実が明らかになったと述べた。

調査は主に2014年以降の期間を対象とし、多数の聞き取り調査と政府記録に基づいた。 記録されている少なくとも600件の傷害のうち、100件以上が切り傷や裂傷、29件が骨折、17件が手や指の挫傷など、重症度は様々である。

この報告書は、宇宙探査業界におけるイーロン・マスク氏の野心的な目標によってもたらされる課題を強調し、スペースX社内の労働者の安全に対する懸念を引き起こしている。

現従業員と元従業員は、これらの負傷は、マスクの宇宙ミッションの野心的な期限を守るために、訓練が不十分で疲労したスタッフが基本的な安全手順を頻繁に無視する無秩序な労働環境を示していることを明らかにしました。

SpaceX社によって設立されました。 イーロン·マスク 元上級幹部を含む多くの現従業員や元従業員が示しているように、同社はXNUMX年以上前、保身の責任を労働者に負わせる姿勢を維持していると伝えられている。

マスク氏自身も、スペースXのサイト訪問中に時折、安全性に対して平然とした態度を示した。 従業員XNUMX人によると、彼は時折、斬新な火炎放射器を使ってふざけた活動をしており、明るい色を嫌うため、従業員に安全黄色の服を着ないよう奨励していたという。

「スペースXはできるだけ早く火星に行き、人類を救うというこの使命を担っているというイーロンのコンセプトは、会社のあらゆる部分に浸透している」とスペースXの元上級アビオニクスエンジニアのトム・モリーン氏はコメントした。 「会社は、従業員の安全を含め、その目標を達成するのを妨げる可能性のあるものをすべて放棄することを正当化します。」

ロイターは合計で、イーロン・マスク氏のスペースX社の安全慣行に詳しいXNUMX人以上の人物にインタビューを実施したが、その大半は現従業員または元従業員だった。 これらの情報源の多くは、潜在的なキャリアや法的影響への懸念から、匿名を続けることを選択しました。

600人を超える文書化された負傷者は全症例数のほんの一部に過ぎず、その数字は公表されていないことに注意することが重要である。 2016 年以来、OSHA は企業に対し、全体的な負傷者数を毎年報告することを義務付けています。 しかし、SpaceXの施設はその年のほとんどの期間、報告書の提出を怠っていた。

注目すべきことに、この最近のロイターの調査で明らかになった傷害の約XNUMX分のXNUMXは、スペースXがこの年次データを報告していなかった年に起きたものである。

600人以上の負傷者の詳細は、労働者訴訟の法廷文書、従業員の医療記録、州労働者災害補償請求、公文書請求、緊急通報記録を分析することで明らかになった。

著者 アリウス・ノレイカ

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-