5.7 C
ブリュッセル
金曜日、3月1、2024
文化ロックの遺産、ティナ・ターナーの誕生日を讃える

ロックの遺産、ティナ・ターナーの誕生日を讃える

ティナ・ターナーの伝説的なキャリア:勝利、悲劇、そして音楽の輝き

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

ティナ・ターナーの伝説的なキャリア:勝利、悲劇、そして音楽の輝き

今年 84 月 26 日は彼女の 1939 歳の誕生日であり、象徴的な「ロックの女王」であるティナ ターナーを祝います。 1984 年にアンナ メイ ブロックとして生まれた彼女は、「プラウド メアリー」や「ナットブッシュ シティ リミッツ」などのヒット曲で名声を高めました。 困難な結婚生活にもかかわらず、彼女は「ホワッツ・ラブ・ゴット・トゥ・ドゥ・ウィズ・イット」などの名曲を収録したXNUMX年のソロ・アルバム「プライベート・ダンサー」で凱旋カムバックを果たした。

「マッドマックス ビヨンド サンダードーム」などの映画でのターナーの鮮やかな演技と役柄は、彼女の多才性を示しました。 彼女の伝記映画「What's Love Got to Do with It」は、音楽と文化のアイコンとしての彼女の地位をさらに固めました。 2008年から2009年にかけてのお別れツアーを成功させ、2013年にスイス国籍を取得した後、ターナーは200億枚以上のアルバムを販売し、ロック音楽に永続的な影響を与えたという遺産を残して引退した。 今日、私たちは彼女の不屈の精神を思い出し、 画期的なキャリア.

現代音楽史上最も有名なボーカリスト

ティナ・ターナーは現代音楽史の中で最も有名なボーカリストの一人です。 1950 年代後半に初めてスポットライトを浴びて以来、彼女の伝説的なキャリアは 6 年以上にわたり、ロックンロールの女王が音楽界で強力な女性であることの意味を再定義するのを見てきました。 ティナはキャリアの初期に信じられないほどの困難に耐えましたが、生き残り、先駆的なソロアーティストとして勝利を収めました。 彼女の多様な音楽遺産とサウンドを継続的に進化させる能力は、R&B、ロック、ポップ、ソウルの数え切れないアーティストにインスピレーションを与えてきました。

初期の頃: 彼女の声を発見する

ティナ・ターナーは、1939年にテネシー州ナットブッシュでアンナ・メイ・ブロックとして生まれ、幼い頃から歌への情熱が芽生えました。 彼女は地元の教会の聖歌隊で歌いながら育ち、そこで自分の爆発的な歌唱能力に気づきました。 マヘリア・ジャクソンやベッシー・スミスなどのアーティストに触発された若いティナ・ターナーは、南部の音楽風景に浸透していたブルース、R&B、ゴスペル、カントリーを吸収しながら、地元の可能な限りどこでも歌いました。 教会での初期の歌唱経験により、ティナはその印象的な声域をコントロールすることができ、後に有名になる生々しい感情的な表現の基礎を築きました。

1950 年代半ば、16 代のティナはミュージシャンのアイク ターナーによるリズム アンド ブルースのコンサートに参加し、彼のバンドのパフォーマンスに畏敬の念を抱きました。 歌手がライブに現れなかったとき、ティナはステージに飛び乗ってBBキングの曲を大声で歌い、アイクの注意を引いた。 彼は1958歳の彼女のステージでの圧倒的な存在感と力強い声に即座に魅了され、すぐに彼女をバックグラウンド・ボーカリストとして彼のバンドのフロントマンに採用した。 ティナがXNUMX年に「ボックス・トップ」という曲で彼女の最初のコマーシャル・ボーカルとなる曲を録音した後、アイクは名前をティナ・ターナーに変更し、後にアイク&ティナ・ターナー・レビューとなる彼のグループのリード・シンガーとなった。

アイク & ティナ ターナー レビュー: 壮観な高揚感と悲劇的な低気圧

新たに命名されたアイク & ティナ ターナー レビューは、1950 年代後半に南部の「チトリン サーキット」全域で絶え間なくツアーを開始し、その感動的なステージ パフォーマンスで悪名を博しました。 ティナの燃えるような自信、セクシュアリティ、大げさなボーカルがアイクのファンキーなブルースのアレンジを完璧に補完し、このデュオは 1961 年までに必見のライブ バンドとしての評判を獲得していました。

1962 年、ついにレヴューはポップ チャートで画期的な成功を収めました。ティナのソウルフルなボーカルによって、彼らのバージョンの「A Fool In Love」がグラミー賞にノミネートされ、全米の黒人ラジオ局の定番曲となりました。 アイクが書いたさらなる R&B ヒットにより、ティナ ターナーはスターとしての地位を確立し、60 年代を通じてレビューの人気を新たな高みに押し上げました。 ボーカリストとしてのティナの多様性は、「I Idolize You」のようなソウルフルなバラード、そして「Bold Soul Sister」のようなファンクロック トラックで輝きました。

ティナの巨大な声とまばゆいばかりのステージでの存在感により、「プラウド・メアリー」の精力的なバージョンが4年に最高1971位を記録し、このデュオが最初で唯一のグラミー賞を受賞したとき、レヴューは主流のスポットライトに押し上げられた。 彼らは全米ツアーでセンセーションを巻き起こし、イギリスのバンドの名声が絶頂に達していた1969年にはローリング・ストーンズのオープニング・アクトを務めたこともあった。 20 年以上にわたり、アイクとティナ ターナーは、「リバー ディープ、マウンテン ハイ」や「ナットブッシュ シティ リミッツ」などの名曲を含む、骨の折れる R&B ヒットを次から次へと量産してきました。これらのヒット曲は、主にティナの疾風のようなボーカルのおかげで、今でも激しく聞こえます。

しかしその舞台裏では、ティナは夫であり音楽パートナーでもあるアイクによる恐ろしい虐待にXNUMX年以上耐えていた。 当時ステージ上での彼らの完璧な相性に夢中になっていたファンにはおそらく知られていなかっただろうが、ティナは彼女とバンドのバックシンガーの両方を標的としたアイクによる定期的な殴打、屈辱、支配に耐えていた。

アイクの横暴な影の下で何年も暮らした後、ティナ・ターナーはついに有害な音楽的パートナーシップと結婚生活から抜け出す決意を見つけた。 2年1976月36日、ティナはわずかXNUMXセントとガソリンスタンドのクレジットカードを持って逃亡し、ソロアーティストとしての第二の活動を開始した。 ティナのひときわ目立つ存在がなくなってレビューの人気が急速に低下したとき、それは彼女の象徴的な声とステージの魅力が彼らの成功の真の原動力であることを強調するだけでした。

ロックの女王ティナ・ターナー: ソロでの凱旋カムバック

アイクと別れた後、ティナは二度と男性の支配下に置かれないと決意し、音楽キャリアを一から再構築するために精力的に働いた。 ティナ・ターナーは訴訟や財政面で苦労したが、新たに見つけた独立心を自分のサウンドのブランド再構築に向けた。 R&B のルーツを超えて、彼女の独特のボーカルは、ロックの反復的なリズムとカタルシス的な方法で灼熱のギターソロのパワーを最大限に活用する、回復力のある女性を呼び起こしました。

ティナは、ザ・ローリング・ストーンズやAC/DCなどのバンドの前座を大勢の観衆の前で披露し、復帰を記念的に発表した。 しかし、何年もスポットライトから遠ざかっていた後も、音楽業界の幹部らは、この高齢の歌手が復帰できるかどうかについては懐疑的なままだった。 あるレコード会社から解雇された後、ティナは 1983 年にキャピトル レコードと契約し、音楽とコンパニオン ミュージック ビデオを通じて自分のイメージを再定義することを決意しました。

彼女のソロとしての躍進は、1984 年の 1 枚目のアルバム『プライベート ダンサー』のリリースによって起こりました。 彼女のカムバックストーリーをドラマチックに描いた MTV 対応のミュージック ビデオによって強化されたこのアルバムは、無限のポップとロックのヒット曲を生み出し、ティナのユニークなサウンドを世界に広めました。 積極的な女性エンパワーメント賛歌「What's Love Got To Do With It」はティナの最初で唯一のナンバー 5 シングルとなり、レコード・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。 「ベター・ビー・グッド・トゥ・ミー」は最高10位を記録し、彼女の官能的なテイク「レッツ・ステイ・トゥゲザー」は、この曲を最初にレコーディングしてからXNUMX年後にトップXNUMX入りを果たした。

45 歳のとき、アルバム『プライベート ダンサー』はティナ 4 グラミー賞を受賞し、今でも彼女の最高傑作です。ロック ギターとシンセ ポップ プロダクションとザラザラした R&B ボーカルのシームレスな融合で、人生の惨状から立ち上がる回復力のある女性を記録しています。 ほぼ一夜にして、彼女の天文学的な成功により、ティナは 1980 年代のポップスの最前線に立つ国際的なアイコンになりました。

ティナは、1985 年のグラミー賞にノミネートされたアルバム『Break Every Rule』でその勢いに乗ってハリウッドからの引っ張りだことなり、『マッドマックス ビヨンド・サンダードーム』の「ウィ・ドント・ニード・アナザー・ヒーロー」やジェームズ・ボンドのテーマ曲「ゴールデンアイ」などの映画サウンドトラックのヒット曲をレコーディングしました。彼女は、1995年に1990歳で最後の凱旋ワールドツアーを実行するまで、68年代後半にかけて精緻な演出で大規模なスタジアムツアーを行った。

50 年以上にわたり、ティナ ターナーの伝説的なカタログ 音楽 R&Bのスターレットから立ち直るロックの女王への彼女自身の進化を反映した稀有な持続力を実証した。 彼女の象徴的な歌唱力は、むき出しの痛みと弱さを中心にしていましたが、ティナの多様な音楽は、何世代にもわたってインスピレーションを与えてきた力強さと忍耐力を放っていました。

彼女の記念碑的な音楽的影響

ティナ・ターナーは、1960年代のアイクの女性引き立て役としての時代から始まり、1980年代のロック王族としての復活まで、音楽界に忘れられない影響を与えた。 彼女の燃えるようなリズム&ブルースは 60 年代ソウルの基礎を築き、MTV ポップの頂点に立つ彼女の解放的なカムバックは黒人女性アーティストの無限の可能性を体現しました。

キャリアの初期、ツアーでのティナのソウルフルなダイナミズムは、想像を絶する逆境に対する彼女の回復力に驚嘆したチャカ・カーン、ナタリー・コール、ホイットニー・ヒューストンを含む、一世代の若い黒人ボーカリストのロールモデルとなった。 ティナは社会通念を無視して生意気な自信を持って行動し、ジャネット・ジャクソンやビヨンセのような大胆な新人アーティストに内なる歌姫を呼び起こすインスピレーションを与えました。

ソロ活動でロックに移行するにつれて、ティナは黒人女性が自分たちの方法で主流の音楽業界を征服するための扉を開きました。 彼女は、マライア キャリー、アリシア キーズ、ハリー ベイリーといった、R&B の卓越性とポップの優位性を融合させた、次世代の異人種間のアーティストへの道を切り開きました。 今日でも、ジャズミン・サリバンやHERのようなアーティストは、ムーディーなプロダクションに対して魂をむき出しにするティナの銀色のボーカルに注目しています。

80代になった現在、ティナ・ターナーの才能と音楽の全領域にわたる影響力は非の打ち所がありません。 憂鬱なラブソングで知られるティナのキャリアは、世界中の女性にインスピレーションを与える忍耐力の典型でした。 アイクと過ごした日々のソウルフルな嘆きを大声で叫ぶときも、1980年代のポップシンセに合わせて轟音を鳴らすときも、彼女の伝説的な声は、想像を絶する逆境を乗り越える逞しい女性を思い起こさせ、それと同時に複数のジャンルにわたって基準を打ち立てています。 今でも彼女はロックンロールの女王であり続けています。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-