8.5 C
ブリュッセル
金曜日、3月1、2024
編集者の選択NY 75 コミットメントは UDHR の本来の意味の救済を促進します

NY 75 コミットメントは UDHR の本来の意味の救済を促進します

それは第5回大西洋横断サミットの枠内であり、生命、家族、自由への権利の枠組みの中で、生命、家族、自由が強調されています。

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

それは第5回大西洋横断サミットの枠内であり、生命、家族、自由への権利の枠組みの中で、生命、家族、自由が強調されています。

世界人権宣言(UDHR)の本来の意味を救い出すという公約が、第200回環大西洋サミットに参加する40カ国の5人以上の政治・市民指導者らの支持を受けて国連本部で表明された。 これは、UDHR の 75 周年を祝うニューヨーク・コミットメントです。

命を守ることと宗教的背景

この中で出席者らは、家族形成と安定を可能にする環境を確立するために取り組むことに同意した。 出産前と出産後の両方で子供たちを守ること。 そして、親と法定後見人が自らの信念に従って子供たちに宗教的および道徳的教育を施す自由を尊重すること。 彼らはまた、世界の人々の多様な宗教的および倫理的価値観、文化的背景、哲学的信念の尊重を促進することを約束した。

「私たちは、本来の意味での 1948 年の合意を現在にもたらすためにここにいます。私たちは人間に立ち戻り、そこから人間の基本的権利を保障しなければなりません。 まさにここ、国連において私たちの声が聞かれなければなりません。 私たちはUDHRにインスピレーションを与えた基本原則を主張しており、それらは時代を超越した超越的な原則です」と述べた。 ホセ・アントニオ・カスト、イベントの主催機関である「価値観のための政治ネットワーク」の会長。

ニューヨークの普遍的人権に関するコミットメント 75 は、個人の尊厳と基本的価値、特に生命、家族、自由を確認する必要性について、すべての大陸に存在する広範なコンセンサスを明らかにしています。

「私たちの中にはこのように考え、社会、政治、文化の分野で非常に積極的に活動している人が多く、対話の余地は常にあると信じています。 UDHRの本来の意味を忘れている人、あるいは歪曲しようとしている人たちに思い出させるのが私たちの義務です」と彼は語った。

同様に、 サンティアゴ サントゥリオ、アルゼンチンの国会議員は、「今日世界で最も危険な場所が、人間の命が最も危険にさらされている子宮であるということはあり得ない。 そこは私たちがもっと力強く、もっと信念を持って守らなければならないところです。 そしてそれは国家が守らなければならないものです。 そして家族はそれを推進しなければならないと。 国家や政府の虐待から家族を守らなければならないのと同じように、国際機関の虐待から国家を守らなければならないのと同じように。 ここにはベアトリス・デル・サルバドル事件という特別なケースがあり、コスタリカの一部の人々がアメリカ大陸全体で中絶を法制化したいと考えているという危険を冒しています。 これは人権と国家主権の擁護にとって非常に深刻です。 ベアトリス事件は、人権は国際機関で擁護されなければならず、国家や議会の意向を損なうためにこれらの機関が乱用されるべきではないという例に違いない。

イトウ・ビソノドミニカ共和国の商工大臣は、今日、特に人々の生命、自由、尊厳が受けている脅威に直面して、UDHRの誕生のきっかけとなった原則を再確認する絶好の機会はこれまでにないと指摘した。 。

サミュエル・ジョージガーナ国会議員は、国連のマグナカルタには生存権、男女の結婚に基づいて家族に与えられるべき保護、母性と子供時代の保護、女性の優先権が明記されていると強調した。親は子供の教育、思想、良心、宗教、意見、表現の自由を選択することができ、それが国際機関がそれらを侵害することは理解できない理由です。

マルガリータ デ ラ ピサ、欧州議会議員は、これらの権利は逆進的ではなく、真の人間開発の基礎であると指摘した。 「例えば、生命を守るということは、繁栄への政治的取り組みを意味します」と彼女は言う。

同じように、 ハフィド・エル・ハチミイスラム協力機構の独立常設人権委員会の関係者は、家族は社会の持続可能で文化的、経済的発展の基本単位であるため、家族の再定義を求めることは未来を犠牲にすることを意味すると述べた。

ネイディ・カシージャス多国間組織の専門家であり、世界人権センター(GCHR)の副所長でもあるベアトリスの事例に言及した。彼女はエルサルバドルの若い女性で、その娘レイラニが無脳症のため生後数時間で亡くなり、彼女の事件は病院に運ばれた。中絶団体による米州人権裁判所:「この悲劇的な事件を見て、女性を保護すると主張する中絶団体は、ベアトリスの医療ファイルと住所を不法に入手して彼女の家に行き、彼女に嫌がらせをし、彼女を恐怖で満たした。彼女の病気(彼女は全身性エリテマトーデスを患っていた)を知り、中絶しなければ死ぬだろうと彼女に説得したのです。」

その後、彼女はいくつかの国の国会議員に演説し、「彼らは彼らに代わって発言する声を与えてくれた国民の正統性を持っているのに、彼らの権威が損なわれており、彼らを沈黙させることで民主主義は終わりを迎えようとしている」と警告した。 。

パラグアイの副大統領、 ラウール・ラトーレまた、世界人権宣言が当初表明した「国際法の組織は、自分自身を守ることができない人々、発言できない人々の権利を公然と攻撃している」という合意と概念を変更しようとしていると非難した。胎児のこと。

ニューヨークコミットメントとは何ですか?

ニューヨーク・コミットメントでは、会議の参加者は、UDHRに謳われ、普遍的に認められている人権と基本的自由のための世界的な同盟を形成することを誓約した。

彼らは、家族の形成と安定を可能にする環境を確立するために努力するでしょう。 出産前と出産後の両方で子供たちを守ること。 そして、親と法定後見人が自らの信念に従って子供たちに宗教的および道徳的教育を施す自由が尊重されるようにすること。

首脳はまた、世界の人々の多様な宗教的・倫理的価値観、文化的背景、哲学的信念の尊重に加え、国内管轄内の事項における国家主権の尊重を促進することも約束した。

国連内の異なる種類のサミット

「普遍的人権の確認 – 生命、家族、自由のための文化の橋渡し」をテーマに開催された第5回大西洋サミットは、UDHR創立16周年の枠組みの中で、17月4日と75日に国連本部のXNUMX号室で開催された。 このイベントは、価値観のための政治ネットワーク(PNfV)とそのパートナー組織によって主催されました。

参加者には、エクアドル児童保護大臣エルウィン・ロンキーロ氏も含まれていました。 ラウル・ラトーレ、パラグアイ下院議長。 キンガ・ガル氏とマルガリータ・デ・ラ・ピサ氏、それぞれハンガリーとスペインの欧州議会議員。 ルーシー・アケロ、ウガンダ国会議員。 パイヴィ・ラセネン、フィンランド国会議員。 コリーナ・カノ、パナマ国会副議長。 ジェルマン・ブランコ、コロンビア上院議員。 ブラジルのニコラス・フェレイラ。 サンティアゴ・サントゥリオ、アルゼンチン国会議員。 リマ市長ラファエル・ロペス・アリアガ氏(ビデオによる)。

また、Live Action の社長、Lila Rose 氏もいます。 ヴァレリー・フーバー氏、ジュネーブ・コンセンサス声明の発起人で女性健康研究所所長。 シャロン・スレーター氏、ファミリー・ウォッチ・インターナショナル社長。 ドーン・ホーキンス、性的搾取国際センター事務局長。 ネイディ・カシージャス、グローバル人権センター国際問題担当副社長。 アダム・カヴェツァンスキ、市民ハンガリー財団会長。 オースティン・ルーズ氏、C-Fam社長。 ブレット・シェーファー氏、ヘリテージ財団研究員。 基本的権利センターの運営ディレクター、ピーター・トルシ氏。 とりわけ。

このイベントはグアテマラ政府によって公式に後援されており、ヘリテージ財団、基本的権利センター、ハンガリー市民財団、グローバル人権センター、国際性的搾取センター、ファミリー・ウォッチ・インターナショナル、C-Fam、ADFの後援を受けています。インターナショナル、ウィメンズヘルス研究所、国際家族機関、およびタレントグループ。

サミットの議長は、チリ共和党の創設者であり、同国の元大統領候補であり、PNfVの会長でもあるホセ・アントニオ・カスト氏が務めた。

PNfV は、生命、家族、自由の促進と擁護に積極的に取り組む政治家の国際ネットワークです。 横断大西洋サミットはネットワークの基礎です。 各国の政治家や市民指導者が集まり、絆を強化し、成功事例やベストプラクティスを共有し、共同の課題を構築します。 通常はXNUMX年ごとに開催されます。

最初のサミットは2014年にニューヨークの国連で開催され、続いて2017年にブリュッセルの欧州議会、2019年にボゴタのコロンビア国会議事堂、そして昨年はブダペストのハンガリー科学アカデミーで開催された。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-