21.2 C
ブリュッセル
4月の金曜日、12、2024
文化バルセロナ・オペラは親密なシーンのためにコーディネーターを雇った

バルセロナ・オペラは親密なシーンのためにコーディネーターを雇った

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

インティメイト・シーン・コーディネーターのアイタ・オブライエンがウィリアム・シェイクスピアの『アントニーとクレオパトラ』の翻案を演出し、28月XNUMX日からリセウ大劇場の舞台で上演される。

ロイター通信がBTAの引用として報じたところによると、バルセロナ・オペラハウスは、情熱的なシーンに出演者が安心して参加できるよう、「親密さコーディネーター」を雇用したという。

これはスペインでは初めてのことであり、ヨーロッパ大陸では珍しいことだ。

このような立場の創設は、#METOO 運動が映画業界だけでなく、セクハラ疑惑でオペラの世界をも揺るがした後に行われた。

インティメイト・シーン・コーディネーターのアイタ・オブライエンは、ウィリアム・シェイクスピアの『アントニーとクレオパトラ』の翻案を監督し、28月XNUMX日からリセウ大劇場の舞台で上演される。

HBOやNetflixの作品で親密さの問題についてコンサルティングを行ってきたオブライエン氏は、オペラは常に劇的なストーリーを中心に展開しており、歴史的には出演者は初演の数日前に街に到着し、親密なシーンについて話し合うことは期待されていなかったと語る。

「同意を求め、同意を求めるというプロセスがなければ、人々は気まずい思いをし、嫌がらせを受け、完全に虐待されていると感じ続けることになります」とアイタ・オブライエン氏は言う。

ミュージカル演劇と俳優の分野で40年の経験を持つ専門家である彼は、テレビや映画業界のサポートを提供する組織Intimacy On Setの創設者です。

リハーサル中、オブライエン氏は出演者たちに「ハグでつながって」、触れられるのが心地よい場所と不快に感じる場所について話し合うよう勧める。

「私たちは請負業者に、その境界がどこにあるのか実際に教えてもらうようにしています。これは業界における大きな変化です」と彼女は言います。 「あなたのイエスはイエス、あなたのノーはノー、そしておそらくはノーです」と専門家は付け加えます。

クレオパトラの侍女を演じ、別の女性とのキスシーンがあるメゾソプラノ歌手アドリアナ・ビニャーニ・レスカは、オペラには親密なシーンのコーディネーターが必要だと考えている。

米国や英国では、こうした専門家がテレビ番組やオペラの制作に以前から活用されてきた。

XNUMX月、スペインの有名なオペラ歌手プラシド・ドミンゴが再びセクハラで告発された。同様の告発で謝罪を余儀なくされ、キャリアを台無しにされてからXNUMX年が経った。 ドミンゴは不正行為を否定している。

写真撮影:Aleksandar Pasaric: https://www.pexels.com/photo/aerial-photography-of-high-rise-buildings-1386444/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-