9 C
ブリュッセル
2月(木曜日)29、2024
意見モロッコの教育危機:アジズ・アクハヌーシュ首相の責任

モロッコの教育危機:問われるアジズ・アクハヌーシュ首相の責任

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ラーセン・ハンムーチ
ラーセン・ハンムーチhttps://www.facebook.com/lahcenhammouch
LahcenHammouchはジャーナリストです。 Almouwatin TVandRadioのディレクター。 ULBによる社会学者。 民主主義のためのアフリカ市民社会フォーラムの会長。

モロッコの教育セクターにおける危機が続いており、現在の経営陣がもたらす可能性のある壊滅的な結果についての懸念が高まっている。 モロッコの教育制度は長年失敗を続けてきたため、大多数の国民の信頼は失われているようで、現首相で億万長者のコネを持つ実業家アジズ・アクハヌーシュ率いる政府の責任に疑問が生じている。

国際的および国内的の両方の報告書は、モロッコの教育の憂慮すべき現状を強調し続けています。 アル・マグリブ銀行の調査によると、モロッコの文盲率は 32.4% であり、教育制度の根強い欠陥が浮き彫りになっています。 さらに、モロッコの子供たちの 67% が読解の問題を XNUMX つも正しく答えることができず、基礎的なスキルの習得に深刻な危機が生じていることが明らかになりました。

このような状況を背景に、実業家で首相のアジズ・アクハヌーシュ氏が率いる政府の責任が、特に政策や予算配分の決定における役割から懸念事項となっている。 国民教育省の統計によると、教育に割り当てられる予算の割合は依然として国際勧告を下回っており、5.5 年の GDP の 2006% を超えていません。

ユネスコの調査で明らかになったように、教育に割り当てられる財源の不足は、教育セクターに悪影響を及ぼし得る政治的選択を浮き彫りにしています。 首相として、また政府の主要人物として、教育危機に対するアジズ・アクハヌーシュと彼の政府チームの責任には議論の余地がありません。 行政の集中化や地方での支援不足などの政治的決定が、教育格差の悪化につながっている。

アジズ・アクハヌーシュ氏の指導の下、政府が既存の欠点を認識し、制度改革に向けた具体的な措置を講じることにより、教育危機に対する責任の一端を担うことが不可欠である。 これには、予算政策の見直し、構造改革、モロッコ国民全員に対する質の高い教育への取り組みが含まれます。 つまり、この教育危機に対する政府の責任を無視することはできず、モロッコの若者にとってより明るい教育の未来を確保するためには、重要な行動が必要である。

ストライキ参加者らは、過激派活動に関連したすべての懲戒決定と制裁の取り消しを要求し、この法令を形式的にも内容的にも断固として拒否している。 彼らの呼びかけには、賃金と年金の引き上げを求める差し迫った要求も含まれている。 残念なことに、この状況は、この紛争の影響に苦しんでいる学生たちに悪影響を及ぼしています。

この長引く教育危機の影で、首相で億万長者の実業家アジズ・アクハヌーシュ氏が体現する政府の責任が浮き彫りになっている。 モロッコの若者にとってより有望な教育の未来を確保するには、モロッコの教育制度における広範な改革の必要性が不可欠になっています。

政府とアジズ・アクハヌーシュ首相は、7,500万人の雇用を創出し、300万世帯を貧困から救い出すと約束していた。 政府多数党はまた、教師の給与を初任時に約XNUMXドル増額してXNUMXディルハムに引き上げるほか、医療部門職員の給与も引き上げると約束していた。

意図と約束が膨れ上がった後、私たちは現在、汚職との戦いや税制改革について何も語らない政府の下で、憂慮すべき沈黙の中で暮らしています。

もともと Almouwatin.com

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-