1.3 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
科学技術考古学ヤクチャル: 砂漠の古代製氷業者

ヤクチャル: 砂漠の古代製氷業者

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュースレター

イラン全土に点在するこれらの建造物は、原始的な冷蔵庫として機能しました

水のない広大なペルシャ砂漠で、ペルシャ語で「氷穴」を意味するヤクチャルとして知られる、驚くべき独創的な古代技術が発見されました。 ヤクチャル(ペルシア語: کلکر; ヤクは「氷」を意味し、チャルは「穴」を意味する)は、古代のタイプの蒸発式クーラーです。 紀元前 400 年までに、ペルシャの技術者はヤフチャルを使って冬に氷を作り、夏に砂漠にそれを保管する技術を習得していました。

これは、私たちの先祖の氷製造に対する洗練されたアプローチを明らかにしており、その起源は紀元前 400 年にまで遡ります。 イラン全土に点在するこれらの建造物は、一年中氷を蓄えるように設計された冷却システムを使用する原始的な冷蔵庫として機能しました。 ヨットは独特のドーム型をしており、巨大な地下貯蔵エリアを備えていました。 ヨットは厚い耐熱材料で作られており、頭上の蒸発冷却システムを使用していました。

自然気候と調和して、冷たい空気が底部の入口から入り、円錐形のデザインが上部の開口部から残りの熱を排出します。 氷の製造プロセスは、淡水の水路で毎夜満たされる浅い湖から始まりました。 湖は日よけの壁で太陽光線から守られており、冬の夜には凍ってしまいました。

集めた氷は、日干しレンガ、粘土、卵白、ヤギの毛皮、レモン汁、防水モルタルなどの地元の材料で作られたヤッチャルに移されました。 これらの注目に値する建造物は、食べ物や飲み物を保存し、場合によっては暑い夏の期間に建物を冷やすのに重要な役割を果たしました。 現在、129 体のヤクチャルが古代ペルシャの創意工夫の歴史を思い出させるものとして残っています。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-