8.5 C
ブリュッセル
金曜日、3月1、2024
ヨーロッパヨーロッパの健康データ: 移植性の向上と安全な共有

ヨーロッパの健康データ: 移植性の向上と安全な共有

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。


環境委員会と自由委員会は、個人の健康データのポータビリティとより安全な共有を促進するために欧州健康データスペースを創設するという立場を採用しました。

欧州医療データスペース (EHDS) の創設により、国民が自分の個人医療データを管理し、研究や利他的 (つまり非営利) 目的での安全な共有を促進できるようになり、議会見解草案の採択により一歩前進しました。環境、公衆衛生、食品安全に関する委員会、および市民的自由、司法、内務に関する委員会による。 欧州議員らは火曜日、賛成95票、反対18票、棄権10票で報告書を採択した。


ポータビリティ権によるより良い医療

この法律により、患者にはEUのさまざまな医療システム全体で個人の健康データにアクセスする権利(いわゆる一次利用)が与えられ、医療専門家も患者のデータにアクセスできるようになる。 アクセスには、患者の概要、電子処方箋、医療画像、検査結果が含まれます。

各国は、以下に基づいて国民健康データ アクセス サービスを確立します。 マイヘルス@EU プラットホーム。 この法律はまた、EU内の電子医療記録(EHR)システムのプロバイダーに対するデータの品質と安全性に関する規則を定め、各国の市場監視当局による監視を受けることになる。

セーフガードを備えた共通利益のためのデータ共有

EHDS は、研究、イノベーション、政策立案、教育、患者などの健康関連の公益を理由に、病原体、健康保険請求と償還、遺伝データ、公衆衛生登録情報を含む集約された健康データの共有を可能にします。安全または規制目的(いわゆる二次使用)。

同時に、この規則は、広告、福利厚生や保険の種類から人々を除外する決定、許可なく第三者への共有など、特定の用途を禁止する予定だ。 二次データへのアクセス要求は、これらの規則に基づき各国機関によって処理され、データは匿名化された形式、または必要に応じて仮名化された形式でのみ提供されることが保証されます。

MEPは草案として、特定の機密医療データの二次使用には患者による明示的な許可を必須とし、他のデータについてはオプトアウトのメカニズムを提供したいと考えている。 また、国民に医療データアクセス団体の決定に異議を申し立てる権利を与え、非営利団体が国民に代わって苦情を申し立てることを認めたいとも考えている。 採用された立場により、労働市場や金融サービスなど、二次利用が禁止されるケースのリストも拡大されることになる。 これにより、すべての EU 加盟国がデータの二次使用に対する保護を提供し、知的財産権または企業秘密に該当するデータを保護するために十分な資金を確実に受け取ることができます。

引用符

アナリサ・タルディーノ 自由委員会共同報告者(イタリア、アイダホ州)は次のように述べた。「これは非常に重要かつ技術的な提案であり、国民と患者に多大な影響を及ぼし、潜在的な可能性を秘めています。 私たちのテキストは、患者のプライバシーに対する権利と、医療の質を向上させ、医療イノベーションを生み出すことを目的としたデジタル医療データの大きな可能性との間の適切なバランスを見つけることに成功しました。」

トミスラフ・ソコル (EPP、クロアチア)環境委員会共同報告者は次のように述べた。「欧州保健データスペースは、欧州保健連合の中心的な構成要素のXNUMXつであり、EUのデジタル変革におけるマイルストーンを表します。 これは、EU でまったく新しいものを作成する数少ない法律の XNUMX つです。 欧州言語 レベル。 EHDS は国家レベルおよび国境を越えたレベルで医療を強化することで国民に力を与え、健康データの責任ある共有を促進し、EU における研究とイノベーションを促進します。」

次のステップ

この見解草案は今後、XNUMX月に欧州議会の本院で採決される予定だ。

経歴

欧州データ戦略は次のように予測しています XNUMX 個のデータスペースの作成 健康、エネルギー、製造、モビリティ、農業などの戦略分野で。 それはまた、 欧州保健連合 プラン。 議会は長い間、例えば次の決議で欧州医療データスペースの創設を要請してきました。 デジタルヘルスケア > がんとの闘い.

現在、25の加盟国が加盟しています。 電子処方箋サービスと患者概要サービスの使用 MyHealth@EU に基づく。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-