6.6 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
世界全体ルーマニアは盗まれた金財を取り戻すために外交攻勢に出る...

ルーマニア、ロシアに盗まれた金塊奪還へ外交攻勢に出る

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ルーマニア国立銀行(NBR)のムグル・イチェレスク総裁は今週、ルーマニアの第一次世界大戦時の金財宝が保管のためモスクワに送られてから107年が経過したが、ブカレストはまだ完全には回収していないと主張していることを回想した。 モスクワ側は、ブカレストに対していかなる義務も負わないと否定している。

「ハイジャックされた」宝物の問題は、ルーマニアとロシアの関係において長年にわたりデリケートな話題であり、2022年XNUMX月にウクライナ戦争が勃発して以来、この問題は事実上「凍結」されているとルーマニアのメディアは指摘している。

「私たちは、ルーマニアが1916年から1917年にモスクワに疎開した金鉱床に対する完全に有効な歴史的および法的請求権を持っていることを特に国際的に確認するために、多くのイベントを開催するという目標を設定しました」と中央銀行総裁は会見で述べた。ホットニュースサイトが引用したように、月曜日のシンポジウム。

Digi 24 TVはこの際、「NBRはロシア人に盗まれた宝物を求めて国際ロビー活動を開始した」と述べた。

これはルーマニアで最も古い法的紛争であり、ルーマニアでは本当にユニークなものです。 世界, Hotnewsはコメントし、保管のために預けられた他国の財産を流用した国は他にないと指摘した。

1916年XNUMX月に協商側として第一次世界大戦に参戦したルーマニアは、トランシルヴァニアとドナウ川の両方でのXNUMXつの前線での戦闘の結果、すぐに非常に困難な状況に直面したとホットニュースは思い出させた。

そのため、すでに 1916 年 XNUMX 月に、ルーマニア国立銀行はその金財宝を安全な場所に避難させる最初の措置を講じました。 当時ルーマニア王国の同盟国であったロシア帝国は、それほど安全な場所だと考えられていました。

ルーマニア政府とルーマニア国立銀行の代表者は、ヤシ(中央同盟軍の進軍により、ルーマニア国家のすべての機関が一時的に移転された場所)でロシア帝国の代表者と、以下の内容を明記した条約に署名する。ルーマニアの金をモスクワに初めて輸送するための条件。

同ニュースサイトによると、文書によると、ルーマニアの貴重品は「輸送の安全、預金の安全、ルーマニアへの返還に関してロシア政府の保証の下にある」という。

「今年の107月は、ルーマニアの財宝がモスクワに疎開されてから1991周年を迎えます。 XNUMX年以来、ルーマニア国立銀行は、モスクワに送られその後ソ連に没収された財宝の問題を国内外の世論に提示する戦略を一貫して実行してきた」とムグル・イチェレスク氏も述べた。

同氏は、最初のステップはルーマニアの国会議員ユージン・トマック氏の議員を教育し、金準備問題に国際的な注目を集める取り組みを支援することだと述べた。

今年XNUMX月、人民運動(PND)党首は欧州議会での討論で、「ルーマニアの宝物はすべてロシアにあり続けており、ロシア政府はルーマニアへの返還を繰り返し拒否している」と述べた、と報じられている。ウェブサイト News.ro 。

「ルーマニアの宝物はすべて、一世紀以上にわたってモスクワに不法に保管されてきた。 41台のワゴンで輸送され、その大部分が宝石と希少コインである91トンを超える金と、NBR埋蔵量からの2.4トンの金地金が含まれています。 総額は5億ユーロを超える」とEPの本会議で述べた。

Digi 321,580,456 TVは、モスクワのルーマニア国立銀行が行った預金総額は24億XNUMX万XNUMX金レイに達すると報じた。

この宝物には、7,000,000万金レイ相当のマリア女王の宝石、ニコラエ・グリゴレスクなどの有名なルーマニアの芸術家による絵画を含む貴重な芸術品、宝飾品、古い本やミニチュア、イコン、その他の宗教的品物も含まれています。

この話題に関する情報の中で、タス通信は、1917年の十月革命と内戦中に、ルーマニアのものを含むクレムリンに保管されていた宝物の一部がモスクワから持ち出されたと書いている。

彼らのその後の運命については、歴史文献の中でさまざまな仮説が提示されているが、どれも決定的に確認されていないと同庁は述べた。

その後、第二次世界大戦が終わり、ルーマニアが社会主義圏に参入した後、没収された金の一部が返還されました。 ソ連はまた、300年のパリ平和条約に基づいてルーマニアがソ連に支払わなければならない1947億ドルの賠償金をルーマニアに要求しないことに同意している、とLenta.ruが思い出させた。

「ニューズウィーク」のルーマニア版は、ルーマニアが16回に分けて宝の一部を取り戻していることを示している。 最初は 1935 年 17 月 1,443 日、1956 個の木箱を積んだ XNUMX 台の貨車がブカレスト駅に到着しました。 彼らは、クレムリンに保管されている貴重品の一部を返還することを決定したソ連政府の命令により、モスクワから来た。 XNUMX度目の輸送はXNUMX年に「ロシアの同志たちの善意の表れ」として実施されたと同誌は述べている。 しかし、どちらの場合も、返還額にはNBRが預けた金は含まれていなかったと中央銀行の公式ウェブサイトは指摘した。

ウクライナ戦争勃発直前の2022年XNUMX月、当時のルーマニア外務大臣ボグダン・アウレスクは、ルーマニアは両国間の摩擦の原因となっている金財宝返還に向けてモスクワとの交渉を再開したいと述べた。数十年にわたり、「Balkan Insight」というエディションを執筆しています。

「1922世紀以上前からあるルーマニアの請求権。 これは、この方針に沿った私たちの最初の行動ではありません。 (…) したがって、ルーマニア国立銀行における私たちの主な関心は、この問題に関して私たちが持っている文書を公開することです。 私が言及しているのは、1922 年以来 NBR 知事の金庫に保管されている特別なファイルに収集された文書の原本です。「宝物」ファイルは、共産主義時代を含む XNUMX 年以来、ある知事から別の知事へと手から手へと受け継がれてきました。 それで私もそれを受け取りました – ルーマニア国立銀行に属する財産を取り戻すという決意の証拠として」と中央銀行総裁のムグル・イスレスクは述べました。

現時点では、ルーマニアの財宝に関するいかなる議論も閉鎖されており、ロシアとルーマニアはウクライナ戦後、すべての対話を停止していると『ニューズウィーク』は指摘している。 このテーマに関する最後の議論は XNUMX 年前でした。

「2019年2020月以来、我々はロシア側と会談しておらず、前回の会談は交互席の原則に従ってモスクワで行われた。 ルーマニアでXNUMX年に予定されていた会議はパンデミックのため開催されなかった」とロシアとの交渉を主導しているルーマニア・アカデミー通信員のヨアン・ボロバン教授は述べた。

「2021年に会議を再開するという私の提案に対して何の返答も得られていない」と教授は言う。

出典:BTAによると

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-