9.3 C
ブリュッセル
金曜日、3月1、2024
アジア「ロシアの寡頭政治」であろうがなかろうが、EUは今でも「主導的な...」を追いかけているかもしれない。

「ロシアの寡頭政治」であろうとなかろうと、EUは依然として「有力な実業家」のブランド変更を追いかけているかもしれない

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュースレター

2022年20月のウクライナへの全面侵攻に続き、ロシアはおそらくこれまでどの国に対しても課された中で最も包括的かつ厳しい制裁の対象となっている。 かつてロシアの最大の貿易相手国だった欧州連合は、過去XNUMXカ月間にXNUMX件という驚異的な制裁パッケージを先導し、幅広い人々、国家機関や団体、民間企業、経済セクター全体を対象とした。 道徳的には理解でき、政治的には賢明ではあるが、このような広範な制裁が巻き添え被害のケースとしてますます浮上することは避けられなかった。

その一部は明らかに、ロシアとウクライナに対して政治的見解や経済的利益が対立することが多い加盟国全員の合意に達する必要があるという欧州連合の性質そのものによるものだが、曖昧で曖昧な表現を意図的に使用しているためだ。難読化する言葉も明らかになりましたが、それが最も顕著なのは「寡頭政治」という言葉の使用です。 1990年代後半以降、西側の報道機関で過剰に言及されるようになった寡頭政治は、しばしばクレムリンとのつながりを通じて、ソ連崩壊後のロシアの濁流の中で富を築いた超富裕層の実業家という新しい階級の力と行き過ぎを象徴するようになった。

「オリガルヒ」は、2000年代の全盛期においてさえ定義が曖昧な言葉であったにもかかわらず、フォーブス誌のリストに載っている億万長者から、さまざまな分野の企業のトップマネージャーや役員までを指す包括的な用語としてEUの政策立案者によって採用された。その多くはクレムリンとは何の関係も持た​​ず、政治的影響力もゼロだ。 場合によっては、ロシアで紹介された大手企業に勤務する、指定されたロシアのトップマネージャーと、指定されていない外国のトップマネージャーの間に、何の違いも見られないことさえある。 言うまでもなく、これによってEUは法的に非常に不安定な立場に置かれた。もしあなたが「寡頭政治」であるという理由でリストに載っているとしても、まさにその言葉自体が回避的で主観的であり、制裁を課す理論的根拠を破壊し、制裁に異議を申し立てることを容易にする。法廷で。

EUがそのことに気づくまでに24年以上かかったが、現在はロシア企業に対する制裁の正当化として「寡頭政治」という言葉を使うのをやめ、代わりに「有力な実業家」と呼ぶ人物に頼っている。 この用語には明確な意味はなく、あらかじめ否定的な意味合いもありませんが、最終的には「寡頭政治」と同じくらい曖昧で意味がありません。 言うまでもなく、ロシア経済やクレムリンの意思決定に対する実際の影響とは無関係に、なぜ「指導的な実業家」という理由で制裁を受けなければならないのか全く明らかではない。 例えば、EUはロシアのウクライナ侵攻を受けて、2022年XNUMX月XNUMX日にウラジーミル・プーチン大統領と会談したほぼすべてのビジネスマンと経営幹部に制裁を課した。 その会議への参加が、クレムリンのウクライナ政策を完全に受け入れることを意味するのか、あるいはプーチン大統領の決定に影響を与える能力をどのように意味するのかは誰にも推測できない。 特に、指定理由の多くは、ロシア政府の政策に影響を与える個人の能力を反映していません。

さらに、ミハイル・ホドルコフスキーやボリス・ベレゾフスキーのような第一世代の億万長者オリガルヒを脇に置くというウラジーミル・プーチンの政策に従って、言葉の正しい意味でのオリガルヒ(つまり、不釣り合いな政治的影響力を持ち、時には政治的影響力を超えるビジネスマン)は存在しないと主張することもできる。政府)ロシアに残された。 今日のトップビジネスマンは、1990年代に築いた資本を保持していた元寡頭政治家か、国と結びついた大物実業家、あるいは前の世代とは異なり、物議を醸した国家の民営化後には儲けられなかった西側志向の新種の起業家やCEOのいずれかである。旧ソ連の産業であり、国家契約やコネクションに依存していません。

ユーラシア経済に焦点を当てた大手戦略的ビジネスコンサルティング会社マルコ・アドバイザリーはXNUMX月、「ロシアにおける企業と政府の関係 – なぜ一部の寡頭政治が制裁され、他の者は制裁を受けないのか」と題する報告書を発表した。 報告書は、表現をより正確にするというEUの最近の決定を賞賛しながらも、「制裁目標に対する現在のアプローチは、ロシアにおける企業と政府の相互関係についての誤解に基づいている」と指摘した。

EUがやっているように思われるが、「一流の実業家」であることが、ロシア政府に影響を与える能力と同等であると示唆し、その役割と実際の影響力を著しく誤って伝えようとする。 これは、石油化学会社シブールのドミトリー・コノフ氏、電子商取引大手オゾンのアレクサンダー・シュルギン氏、肥料メーカーユーロケムのウラジーミル・ラシェフスキー氏のようなロシアの民間企業のCEOにとっては二重にあてはまる。彼らは、プーチン大統領との会談で企業を代表したという理由で制裁を受けた。 その後、彼らは会社のリスクを軽減するためにその役割を辞任しました。 シュルギン氏は億万長者のグリゴリー・ベレズキン氏やファルハド・アフメドフ氏とともに15月XNUMX日にEU制裁リストから外されたが、同様の理由で制裁対象となった他の多くの人物についても、そのような決定は保留中であり、彼らの実際の役割や事実はほとんど考慮されていない。シブール氏のコノフ氏のように、彼らはまさに制裁を理由に辞任した。 

マルコ・アドバイザリーが述べているように、「西側メディアで知られているというだけの理由で、あるいは自分の会社がイギリスやアメリカでIPOを行ったり、富裕層リストに載っているという理由だけで制裁を受けている、非常に広範なビジネスマンのグループが存在する」ロシア政府と何らかの互恵関係を持たずに、他の理由で。」 結局のところ、それらを制裁し続けるための法的、あるいは論理的根拠はほとんどないようです。

制裁を課すための官僚的で広範なアプローチを考慮すると、彼らが表明された目標、つまりウクライナに対するロシアの方針を変えるためにほとんど何もしていないのは不思議ではありません。 むしろ、彼らはクレムリンの決意をさらに強くしただけで、輸出と資金の流れを同じBRICsである中国やインドのような友好国に振り向けるよう強制しただけであり、ロシアとヨーロッパ双方にとって不利益をもたらすことを逆転させるのは不可能かもしれない。ウクライナ危機が完全に解決したと仮定しても、両国の関係は今後何年にもわたって悪化したままになるだろう。

さらに言えば、この制裁は、アルファ・グループの億万長者ミハイル・フリードマンのような第一世代の寡頭政治家に対してさえ、西側の政治家が想定しているものとは逆の効果をもたらしているようだ。 フォーブス誌が推計するフリドマン氏の純資産は12.6億ドルで、ロシアの9位に入る。th 最も裕福な人物はXNUMX月にロンドンの自宅からモスクワへの強制帰国を余儀なくされた。 ブルームバーグ・ニュースへの最近のインタビューで、億万長者は過度の制限によって本質的に「締め出され」、慣れ親しんだ生活から離れることが不可能になったと述べ、長年にわたる英国での膨大な投資プロジェクトは「巨大な間違い」だったとさえ呼んだ。

制裁リストから「寡頭政治」を排除することで、EUの意思決定者は正しい方向に進んでいるように見える。 これが単なるブランド変更なのか、それとも欧州の制裁政策のより野心的な再構築の兆しなのかはまだ分からない。 結局のところ、経済制裁の歴史が教えているように、経済制裁は解除するよりも課す方がはるかに簡単です。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-