6.9 C
ブリュッセル
2月(土曜日)24、2024
世界全体ロシア代表団がスコピエへ向かう

ロシア代表団がスコピエへ向かう

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

タス通信とBTAが伝えたところによると、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ブルガリアが北マケドニアとの約束通りロシア連邦に空域を開放したことを受け、ロシア代表団はスコピエでのOSCE外相理事会の会合に参加すると発表した。

「今、マケドニアが我々をOSCEの外相評議会に招待しているようだ。 ブルガリアはマケドニアに領空開放を約束したようだ。 それがうまくいけば、我々はそこに行くだろう」と大臣はプリマコフスキー朗読フォーラムで語った。

29月1日からXNUMX月XNUMX日まで、スコピエはOSCEサミットを主催するが、北マケドニア共和国外務大臣とブジャール・オスマニOSCE事務局長は、このサミットを「北マケドニアの歴史の中で最大の出来事」と評した。

OSCE加盟国とOSCEパートナーの代表団76名がスコピエに到着する予定で、主に外務大臣が代表を務める。

ブルガリアはセルゲイ・ラブロフ氏の飛行機がブルガリア領空を通過することを許可した。 これは駐ブルガリア・ロシア大使のエレオノラ​​・ミトロファノワ氏がタス通信に報告した。 彼女は、スコピエで開催されたOSCE外務委員会会議に出席するために外務大臣の飛行機が上空を飛んだというモスクワのメモに対して肯定的な反応が得られたと明記した。

「ラブロフ大統領の飛行機がブルガリア領空を通過したことに関する我々のメモに対して肯定的な反応が得られた。 ブルガリア外務省は、我が国の大臣のブルガリア上空飛行が許可されると正式に通知してくれた」とミトロファノワ氏はタス通信に語った。 以前、ラブロフ自身は、ブルガリアがロシア連邦代表団の飛行のために空域を開放した場合、ロシア代表団はスコピエでのOSCE会議に参加すると述べた。

ブルガリア外務省による許可が与えられる前に、欧州委員会はロシア外相の逃亡は欧州連合の制裁に違反していないと述べた。

写真:エレオノラ​​・ミトロファノワ氏、駐ブルガリア・ロシア大使

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-