9.9 C
ブリュッセル
2月(火曜日)27、2024
世界全体制裁以来、76機のロシア航空機が押収された

制裁以来、76機のロシア航空機が押収された

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ロシアのヴィタリー・サヴェリエフ運輸大臣によると、ウクライナ侵攻による制裁の結果、76機のロシア航空機が押収されたと「TVPワールド」が報じた。

サベリエフ氏は、技術保管用の倉庫に保管されており、海外で整備中、飛行予定、または既に発注されて運用開始予定のこれらの航空機を没収するという突然の決定に驚きを表明した。 敵対行為の勃発後、彼らはロシアに送還されなかった。

現在、ロシアの航空機保有機数は1,302機で、そのうち1,167機は旅客目的である。

紛争が始まる前、ロシアの旅客機の多くは外国で登録され、ロシアの航空会社にリースされていた。

相当数のこれらの航空機が登録されていたバミューダとアイルランドは、ウクライナ侵攻に応じて多くの航空機の耐空証明を取り消し、事実上、10億ドル近く相当の航空機のロシアへの入国を阻止した。

これに応じて、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、リースされた外国航空機をロシアで登録できるようにする法律を承認し、各国が航空機を取り戻すのを難しくした。

2022年800月、サヴェリエフ氏は、約XNUMX機の航空機が国家登録簿に移管されたと報告した。

ただし、これは航空機がメーカーからソフトウェアのアップグレードを受けていないことを意味します。 社内基準に従ったメンテナンス、サービス、検査も影響を受けます。

ロシアは航空産業の事業を継続するために、制裁を回避し、西側製の部品や機器を代替する方法を見つけようとしている。

ロシア運輸大臣は、ロシアの航空会社が11便の運航を再開したことにも言及した。 彼らは飛行機を没収しないことを保証しています。 同氏は、これらの航空機の補償と購入に関する交渉が「禁止措置と外国側の意欲の欠如」によって妨げられていると説明した。 セブリエフ氏は、これらの航空機の不足により、ロシアには実行可能な航空艦隊がなくなることになると強調した。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-