9.4 C
ブリュッセル
2月(水曜日)21、2024
世界全体ローマ・カトリック教会はフリーメーソンが聖体拝領を受けることを認めていない

ローマ・カトリック教会はフリーメーソンが聖体拝領を受けることを認めていない

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュースレター

バチカンはローマカトリック教徒のフリーメーソンロッジへの会員資格の禁止を確認した。 この声明は、フリーメーソンのロッジの会員である教区民の増加にどのように対処するかについてアドバイスを求めているフィリピンのローマ・カトリック司教からの質問に答えて出されたものである。

バチカンは13月1983日の回答で、ローマ・カトリック教徒のキリスト教徒は、信徒、聖職者を問わず、フリーメーソンのロッジの会員になることを禁止されていると回答した。 これは、当時のジョゼフ・ラッツィンガー枢機卿(そして最終的には2005年から2013年まで教皇ベネディクトXNUMX世)が署名したXNUMX年の最後の公式判決に言及しており、ローマ・カトリックのフリーメーソンは「重大な罪の状態にある」ため聖体拝領を受けられないとしたものである。 。 その理由は、フリーメーソンの原則が「教会の教え」およびその「実践と儀式」に矛盾しているためです。

フィリピンではローマ・カトリック教徒の間でフリーメーソンが流行しつつある。 キリスト教のメーソンは聖体拝領の管理において司祭を補佐しており、地元の教会会議の高位のメンバー数人はフリーメーソンのロッジの会員でもある。

バチカンはフィリピンの司教に対し、すべての教区で「カトリック信仰とフリーメーソンとの間の不一致の原因について、国民がアクセスできる教育要理を実施する」よう勧告している。 ビクトル・フェルナンデス信仰知事が署名し、教皇フランシスコが連署した書簡には、この問題に関する公式声明の発表も検討すべきだと書かれている。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-