6.6 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
ニュースレター世界シーク教評議会、イスラエル・パレスチナ紛争の停戦を擁護

世界シーク教評議会、イスラエル・パレスチナ紛争の停戦を擁護

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

平和について語ったり、世界平和を危険にさらしているイスラエル・パレスチナ戦争の味方をするシーク教徒の活動家や団体は少なくなっているが、最近のイスラエル・パレスチナ紛争の即時停戦を訴えた世界シーク評議会の立場は、オンラインで開催される年次総会は、ディアスポラのシーク教徒コミュニティ、さらには国際人道回廊を通じて反響を呼ぶ可能性が高い

最近の抗議活動では、31 か国のシーク教組織と活動家の代表が参加しました。 世界シーク教評議会 デジタルサミットでは、ガザ地域の停戦に向けた取り組みの先頭に立つよう国連安全保障理事会に要請する決議案が可決された。 この呼びかけは、女性や子供を含む多数の民間人の死傷者が出ている緊張が高まる中で行われた。 世界シーク評議会の声は、この包囲地域における平和と人道支援を求める世界的な抗議活動に大きな道徳的重みを加えます。

地理的、文化的境界を越えて、世界的な人道的大義に対する評議会の取り組みに同調し、彼女は次のように述べた。「私たちはこの紛争で苦しんでいる人々に心を痛めています。 今こそ平和的解決の時であり、国連は援助と外交の両方で介入しなければなりません。」

世界シーク教評議会は次のように決議した。 すべての国には外国の侵略から自国を守る権利がある一方で、罪のない女性や子供を殺害することは人道に対する犯罪です。 グローバル シーク 理事会は世界の指導者と国連に対し、ガザの人々のこの悲惨な状況に終止符を打ち、平和的解決に向けて努力するよう呼びかける。」

カンワルジット・シン夫人

ウィンブルドンのシン夫人、ウィンブルドンの高名なシン卿インダルジット・シンの妻で世界シーク教評議会会長のカンワルジット・カウル博士は、毅然としたメッセージを発し、ガザを破壊した空爆を非難した。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-