9.4 C
ブリュッセル
2月(水曜日)21、2024
環境温室効果ガスに関する人間の指紋

温室効果ガスに関する人間の指紋

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

温室効果ガスは自然に発生し、太陽の熱の一部が宇宙に反射するのを防ぎ、地球を住みやすくすることで、人間や他の何百万もの生き物の生存に不可欠です。 しかし、工業化、森林伐採、大規模農業のXNUMX世紀半以上を経て、大気中の温室効果ガスの量はXNUMX万年間見られなかった記録的なレベルにまで増加した。 人口、経済、生活水準が成長するにつれて、温室効果ガス(GHG)排出量の累積レベルも増加します。

確立された基本的な科学的関連性がいくつかあります。

  • 地球の大気中の温室効果ガスの濃度は、地球の平均気温に直接関係しています。
  • 産業革命の時代以来、濃度は着実に上昇しており、それに伴い地球の平均気温も上昇しています。
  • 最も豊富な GHG は、GHG の約 XNUMX 分の XNUMX を占め、二酸化炭素 (CO)2)は、主に化石燃料の燃焼によって生成されます。

国連気候変動に関する政府間パネル (IPCC)

気候変動に関する政府間パネルアンジェ (IPCC) によって設置されました 世界気象機関(WMO) > 国連環境 科学情報の客観的な情報源を提供すること。

第XNUMX評価レポート

2023年2014月に発表されるIPCCの第XNUMX次評価報告書は、XNUMX年の第XNUMX次評価報告書の発表以来の新たな結果を強調しながら、気候変動の科学に関する知識の現状の概要を提供する。 IPCC の XNUMX つの作業部会 – 物理科学に関するもの。 影響、適応、脆弱性。 および緩和 – ならびに以下の XNUMX つの特別報告書についても 1.5°Cの地球温暖化、オン 気候変動と土地、そして 変化する気候における海洋と雪氷圏.

IPCC 報告書に基づいてわかっていること:

  • 人間の影響により、大気、海洋、陸地が温暖化したことは明白です。 大気、海洋、雪氷圏、生物圏に広範囲かつ急速な変化が発生しています。
  • 気候システム全体にわたる最近の変化の規模、そして気候システムの多くの側面の現状は、何世紀から何千年にもわたって前例のないものです。
  • 人為的な気候変動は、すでに世界中のあらゆる地域で多くの気象や極端な気候に影響を与えています。 熱波、大雨、干ばつ、熱帯低気圧などの極端な現象で観察された変化の証拠、特にそれらが人間の影響によるものであるという証拠は、第XNUMX次評価報告書以降強化されています。
  • 約 3.3 億人から 3.6 億人が、気候変動に対して非常に脆弱な環境で暮らしています。
  • 気候変動に対する生態系と人々の脆弱性は、地域間および地域内で大きく異なります。
  • 今後数十年かそれ以降に地球温暖化が一時的に 1.5°C を超えると、多くの人間と自然のシステムは、1.5°C 未満にとどまる場合と比較して、さらなる深刻なリスクに直面することになります。
  • エネルギー部門全体で温室効果ガス排出量を削減するには、化石燃料全体の使用量の大幅な削減、低排出エネルギー源の導入、代替エネルギーキャリアへの切り替え、エネルギー効率と保全などの大きな移行が必要です。

地球温暖化https://europeantimes.news/environment/1.5℃

2018 年 XNUMX 月に IPCC は次の声明を発表しました。 特別報告 1.5℃の地球温暖化の影響について研究し、地球温暖化を1.5℃に抑えるには、社会のあらゆる側面において、急速かつ広範かつ前例のない変化が必要であることを発見しました。 この報告書は、人々と自然生態系に明らかな利益をもたらすことから、地球温暖化を1.5℃と比較して2℃に抑えることが、より持続可能で公平な社会を確保することと密接に関係する可能性があることを明らかにしました。 これまでの推計では、平均気温が2℃上昇した場合の被害を見積もることに焦点が当てられていたが、この報告書では、気候変動による悪影響の多くは1.5℃の時点で発生することが示されている。

この報告書はまた、地球温暖化を1.5℃以上ではなく2℃に抑えることで回避できる気候変動の多くの影響を強調しています。 たとえば、2100 年までに地球温暖化が 10°C 起こると、世界の海面上昇は 1.5°C と比較して 2 cm 低くなるでしょう。 夏に北極海に海氷がなくなる確率は、地球温暖化が 1.5°C の場合は 2 年に 70 回ですが、90°C の場合は少なくとも 1.5 年に 99 回です。 サンゴ礁は地球温暖化が 2°C 進むと XNUMX ~ XNUMX% 減少しますが、XNUMX°C では実質的にすべて (XNUMX% 以上) が失われます。

報告書は、地球温暖化を1.5℃に抑えるには、土地、エネルギー、産業、建物、交通、都市における「急速かつ広範な」移行が必要であるとしている。 人為による世界の正味二酸化炭素(CO2)排出量は、45年までに2010年のレベルから約2030パーセント減少し、2050年頃には「正味ゼロ」に達する必要がある。これは、残りの排出量は、地球からCO2を除去することでバランスを取る必要があることを意味する。空気。

国連の法的文書

国連気候変動枠組条約

国連ファミリーは、地球を救う取り組みの最前線に立っています。 1992 年の「地球サミット」では、 国連気候変動枠組条約(UNFCCC) 気候変動問題に取り組む第一歩として。 現在では、ほぼ普遍的な会員を擁しています。 この条約を批准した 197 か国がこの条約の締約国です。 この条約の最終的な目的は、気候システムに対する「危険な」人間の干渉を防ぐことです。

京都議定書

1995 年までに各国は気候変動への世界的な対応を強化するための交渉を開始し、XNUMX 年後には 京都議定書。 京都議定書は先進国を排出削減目標に法的に拘束します。 議定書の第一約束期間は 2008 年に始まり、2012 年に終了しました。第二約束期間は 1 年 2013 月 2020 日に始まり、198 年に終わりました。現在、条約の締約国は 192 か国、条約の締約国は XNUMX か国となっています。 京都議定書

パリ協定

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-