8.2 C
ブリュッセル
2009年3月2、2024
編集者の選択宗教の自由、フランスの心の中には何か腐ったものがある

宗教の自由、フランスの心の中には何か腐ったものがある

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル - at The European Times ニュース - 主にバックライン。 基本的権利に重点を置いて、ヨーロッパおよび国際的な企業、社会、および政府の倫理問題を報告しています。 また、一般メディアが耳を傾けていない人々に声を上げます。

フランスでは上院が「カルト的逸脱との戦いを強化する」法案の作成に取り組んでいるが、その内容は宗教や信仰の自由の専門家や宗教学者にとって深刻な問題を引き起こすようだ。

15月XNUMX日、フランス共和国大臣評議会は次の声明を送った。 法案 「カルト的逸脱との戦いを強化する」ことを目的として上院に提出した。 この法案は19月XNUMX日にフランス上院で討論および採決され、その後最終投票の前に審査のために国会に送られる。

もちろん、誰かが「カルト的逸脱」あるいは「カルト」の合法的かつ正確な定義を理解できるのであれば、「カルト的逸脱との戦い」は非常に正当なものであるように思われるでしょう。 しかし、法案のタイトルもさることながら、その内容もFoRB(宗教・信仰の自由)の専門家や宗教学者の目には非常に問題があるように見える。

その第 1 条は、「判断力を損なう可能性があり、重大な結果をもたらす可能性のある重大なまたは反復的な圧力または技術を直接行使することにより、人を心理的または身体的服従状態に置くまたは維持すること」と定義される新たな犯罪を創設することを目的としています。身体的または精神的健康を損なう、またはその人を重大な害を及ぼす行為または棄権に導く。」 繰り返しになりますが、ざっと読んでみて、このような悪い行為を罰することに反対する人がいるでしょうか? しかし、悪魔は細部に宿ります。

「マインドコントロール」理論の復活

「心理的服従」は、通常「精神操作」、「マインドコントロール」、あるいは「洗脳」とさえ呼ばれるものの同義語です。 それはフランス政府の「影響に関する研究」を読めば明らかであり、フランス政府はそのような新しい法律の必要性を非常に困難に正当化しようとしている。 これらの曖昧な概念は、刑法や宗教運動に適用された場合、ロシアや中国のような一部の全体主義国家を除いて、それが使用されていたほとんどの国で最終的に疑似科学であることが暴かれた。 米国では、一部の兵士が共産主義の敵に共感を抱くようになった理由を説明するためにCIAが使用した1950年代の「マインドコントロール」の概念が、80年代に一部の精神科医によって新興宗教運動に適用され始めた。 少数宗教による「欺瞞的で間接的な説得と支配の方法」に取り組む精神科医の特別委員会が設立され、1987年にアメリカ心理学会に「報告書」を提出した。アメリカ心理学会の倫理委員会からの公式回答壊滅的だった。 1987年XNUMX月、彼らは著者らの「強制的説得」の概念を否定し、「一般に、この報告書にはAPAの禁制化に必要な科学的厳密さと公平な批判的アプローチが欠けている」と宣言し、報告書の著者は決して自分たちの報告書を公表すべきではないと付け加えた。 「理事会にとって受け入れられない」とは明言しなかった。

画像 2 宗教の自由、フランスの心の中には何か腐ったものがある
マインドコントロール理論に対するAPAの答え

この直後、米国心理学会と米国社会学会は米国最高裁判所に法廷準備書面を提出し、カルト的洗脳理論は一般に科学的価値があるとは認められていないと主張した。 この要旨では、カルト的洗脳理論は、いつ社会的影響が自由意志を圧倒するのか、いつそうでないのかを判断するための科学的に受け入れられる方法を提供していない、と主張している。 その結果、米国の裁判所は、科学的証拠の重みから、反カルト洗脳理論が関連する科学界に受け入れられていないことを立証していると繰り返し認定した。

しかし、フランス(少なくとも法律を起草したフランス公務員だけでなく、法律を承認した政府も)は科学的な正確さなど気にしていない。

イタリアと「プラジオ法」

フランスの法案で提案されたものと同様の法律が、1930 年から 1981 年までイタリアに実際に存在していた。それは「プラジオ」(「マインドコントロール」を意味する)と呼ばれるファシスト法であり、刑法に次の条項が盛り込まれていた。人を服従状態に陥らせるために自分の力に服従させた場合は、1年からXNUMX年の懲役に処される。」 実際、これはフランス法案の第 XNUMX 条に含まれている概念とまったく同じです。

プラジオ法は、有名なマルクス主義のゲイ哲学者アルド・ブライバンティに対して使用されたことで有名になりました。アルド・ブライバンティは秘書として二人の若者を自宅に引き入れていました。 検察によると、被告は1968人を恋人にする目的で心理的抑圧状態に陥ったという。 9年、ブライバンティはローマのアサイズ法廷で「斜頸」の罪で有罪判決を受け、懲役XNUMX年の判決を受けた。 上告審で、最高裁判所は(下級裁判所の判決をさらに超えて)ブライバンティの「プラジオ」を「強制された者の精神が空っぽになった状況」と述べた。 これは、物理的暴力や病原性薬物の投与に頼らなくても、さまざまな手段の複合効果によって可能であり、それぞれ単独では効果がなかったとしても、組み合わせることで効果を発揮しました。」 この有罪判決を受けて、アルベルト・モラヴィアやウンベルト・エーコのような知識人、そして多くの有力な弁護士や精神科医が、「斜度」に関する法令の廃止を請願した。

この有罪判決は決して覆されなかったものの、イタリアでは長年にわたり議論を巻き起こした。 この法律に対する批判には XNUMX つの種類がありました。 XNUMXつは科学的な観点からのもので、イタリアの精神科医のほとんどは「心理的服従」という意味での「プラジオ」は存在しないと信じており、他の医師はいずれにせよそれはあまりにも曖昧で不確定すぎて使用できないと主張していた。刑法で。 XNUMX番目の種類の批判は政治的なもので、批評家らは、「不道徳なライフスタイル」を推進していたために同性愛嫌悪の観点から有罪判決を受けたブライバンティの場合のように、「プラジオ」がイデオロギー的差別を許していると主張した。

1978年後のXNUMX年、信者たちに「マインドコントロール」を行ったとして告発されたカトリック司祭エミリオ・グラッソ神父の追及にこの法律が適用された。 イタリアのカリスマ・カトリック教徒コミュニティーのリーダー、エミリオ・グラッソは、信者たちを心理的服従させてイタリア国内外の慈善活動の専任宣教師やボランティアとして働かせた疑いで告発された。 ローマでは、事件の査定を担当した裁判所が「プラジオ」犯罪の合憲性の問題を提起し、事件をイタリア憲法裁判所に送った。

8年1981月XNUMX日、憲法裁判所はプラジオの犯罪は違憲であると宣言した。 裁判所の判決によると、この主題に関する科学文献に基づくと、「精神医学、心理学、または精神分析」のいずれによるものであっても、影響または「心理的服従」は人間間の関係の「正常な」部分であり、「心理的依存の典型的な状況は、以下のとおりである。」恋愛関係、司祭と信者、教師と生徒、医師と患者の関係など、長期間であってもある程度の激しさはありません(…)。 しかし、現実的には、このような状況において、心理的説得と心理的征服を区別し、法的な目的で区別することは、不可能ではないにしても非常に困難です。 各アクティビティを分離して定義し、XNUMX つの間の正確な境界を追跡するための確固たる基準は存在しません。」 裁判所は、プラジオの犯罪は「人間の他の人間への心理的依存を暗示するあらゆる状況に適用される可能性があるため、私たちの法制度において爆発しようとしている爆弾である」と付け加えた。

これでイタリアにおける心理的服従は終焉を迎えたが、どうやらそれだけではフランス政府が今日全く同じファシスト概念に戻ってくるのを防ぐには十分ではないようだ。

誰が触れられるでしょうか?

イタリア憲法裁判所が述べているように、そのような概念は「人間の他の人間への心理的依存を暗示するあらゆる状況に適用することができる」。 そしてそれは、あらゆる宗派の宗教的または精神的なグループ、さらにはそれらに対して社会的または政府的な敵意がある場合に間違いなく当てはまります。 このような「心理的服従」が害する影響の評価は専門の精神科医に委ねられる必要があり、科学的根拠が確立されていない概念の特徴付けについて意見を求めることになるだろう。

ヨガ講師やラビと同様に、聖職者であれば誰でも、信者を「心理的服従」状態に置いているとして告発される可能性がある。 この法案についてフランスの弁護士は私たちに次のように語った。 祈ることや告白することの差し止めは、容易にそのように認定される可能性があります。 判断を変えるための技術は人間社会で日常的に使用されており、誘惑、レトリック、マーケティングはすべて判断を変えるための技術です。 ショーペンハウアーは、問題の犯罪への共謀で告発されることなく、このプロジェクトの影響下で『常に正しくあることの芸術』を出版できたでしょうか? 身体的または精神的健康の深刻な障害も、一見したときよりも特徴づけるのが簡単です。 たとえば、オリンピックの準備期間中、トップレベルのアスリートは繰り返しのプレッシャーにさらされ、怪我などにより身体的健康状態が悪化する可能性があります。 重大な不利益をもたらす行為または棄権には、幅広い行動が含まれます。 繰り返しの圧力にさらされる陸軍兵士は、たとえ軍事訓練の状況であっても、重大な不利益をもたらす可能性のある行動に駆り立てられるだろう。」

もちろん、そのような曖昧な法的概念に基づく有罪判決は、欧州人権裁判所によるフランスの最終的な有罪判決につながる可能性がある。 実際、モスクワ等のエホバの証人対ロシア第302号判決において、裁判所はすでに「マインドコントロール」の主題に取り組んでおり、「何が『マインドコントロール』であるかについて、一般に受け入れられている科学的な定義はない」と述べている。 しかし、たとえそうだとしても、ECHRからの最初の判決が下されるまでに、何人の人が不当に懲役刑を宣告されることになるでしょうか?

治療放棄への挑発

法案には他にも物議を醸す規定が含まれている。 そのうちの 4 つは、その第 XNUMX 条にあり、「治療的または予防的医療の実施を放棄または差し控える挑発は、そのような放棄または棄権が関係者の健康に有益であると示されている場合、一方で、健康状態を考慮すると、」犯罪化することを目的としています。医学的知識によれば、彼らが患っている病状を考慮すると、彼らの身体的または精神的健康に深刻な影響を与える可能性が高いのは明らかです。」

パンデミック後の状況では、当然のことながら、ワクチンを接種しないことを主張する人々のことと、それがワクチン接種を推進する政府にとっての課題を誰もが考えています。 しかし、この法律はソーシャルメディアや印刷メディア上で「挑発」する者全般に適用されるため、このような規定の危険性はより広範に懸念される。 実際、フランス国務院 (Conseil d'Etat) は 9 月 XNUMX 日にこの規定に関して次のような意見を発表しました。

「コンセイユ・デタは、1946 年憲法の前文の第 XNUMX 段落に由来する健康を保護するという目的が、ブログやソーシャル ネットワークなどの一般的で非個人的な言説に起因する場合、有罪とされる事実が生じる可能性があると指摘しています。表現の自由の制限を正当化し、現在の治療実践に対する異議を犯罪化することで科学的議論の自由と内部告発者の役割を危険にさらさないように、これらの憲法上の権利の間のバランスをとらなければならない。」

最後に、フランス国務院は法案からこの条項を撤回するよう勧告した。 しかし、フランス政府も気にしないわけにはいかなかった。

反カルト団体が賛成の意を表明

この法案は、実際には、FECRIS(宗派とカルトに関する研究情報センター欧州連合)に属するフランスの反カルト協会の重要なロビー活動の結果であると思われるが、彼らに補償を与えないわけではない。 同法第3条により、反カルト団体は、たとえ個人的に被害を受けていなくても、「カルト的逸脱」に関わる訴訟において正当な原告(民事当事者)となり、民事訴訟を起こすことが認められることになる。 必要なのは法務省の「同意」だけだ。

実際、この法案に付随する影響に関する調査では、この協定を受け取ることになっている団体の名前が示されている。 これらはいずれもフランス国から独占的に資金提供を受けており(そのため「ゴンゴ」とは、実際には「政府と非政府の組織」であるふりをした非政府組織を揶揄する造語である)、ほぼ独占的に宗教的少数派をターゲットにしていることが知られている。 。 この記事により、彼らが不承認とする運動、この場合は宗教的少数派に対する時機を逸した刑事告訴で司法サービスが飽和状態になることは疑いない。 もちろん、それはフランスにおける宗教的少数派にとって公正な裁判を受ける権利を脅かすことになる。

これらの団体のいくつかが FECRIS という連盟に属していることにも注目するのは興味深いことです。 The European Times は、ロシアの対ウクライナ・プロパガンダの背後に「カルト」がいることを暴露し、ゼレンスキー大統領の「ナチスの人食い」政権の背後に「カルト」があると非難した。 ご覧いただけます FECRISの記事はこちら.

カルト的逸脱に関する法律は可決されるでしょうか?

残念なことに、フランスには宗教や信仰の自由を台無しにしてきた長い歴史があります。 憲法はすべての宗教の尊重、良心と信教の自由の尊重を求めているが、この国では学校で宗教的象徴を着用することが禁止されており、弁護士も法廷に入る際に宗教的象徴を着用することが禁じられており、多くの宗教的少数派が差別されてきた。何十年にもわたって「カルト」として。

そのため、通常は宗教や信仰の自由の問題に関心を持たないフランスの国会議員が、このような法律が信者、さらには非信者にとっても危険をもたらすことを理解している可能性は低い。 しかし、誰が知っていますか? ヴォルテールの国でも奇跡は起きる。 うまくいけば。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-