9.4 C
ブリュッセル
2月(水曜日)21、2024
機関国連インタビュー: 家を出て働くという人道主義者の苦渋の決断...

インタビュー: 家を出てガザで働くという人道支援者の苦渋の決断 |

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

As UNRWAの倉庫・流通担当官であるマハ・ヒジャジ氏は、避難所に避難している数十万人の避難民のために食料を確保する責任を負っていた。

ミッション·インポッシブル

「ガザのUNRWAチームは、これらの人々に基本的なニーズをすべて提供するために懸命に取り組んでいます。第一はセキュリティと安全です」と彼女は述べた。

「あらゆる課題にもかかわらず、限られた資源にもかかわらず、燃料がないにもかかわらず、私たちは最善を尽くしています。 しかし、私たちは地上で、国民のために確保できるものを確保するという不可能な任務を遂行しています。」

ヒジャジさんは母親でもあり、子どもたちが安全に過ごせるため、今週家族でエジプトへ避難した。

彼女は話しました 国連ニュース ガザを離れるという苦渋の決断、自宅、仕事について。

このインタビューは、長さと明瞭さのために編集されています。

マハ・ヒジャージ: 私の子供たちも、パレスチナ人の子供たちも、安全、安全、守られていると感じていません。 昼も夜もどこでも爆撃音が聞こえますが、彼らの疑問はただ一つです:私たちはこの命を受けるに値するために何を間違えたのでしょうか、そして私たちは今日死ぬのか、それとも今夜死ぬのか?

彼らは毎日、寝る前に私にこう尋ねました。「ママ、私たちは今夜、隣人たちと同じように、親戚たちと同じように死ぬの?」 そこで私は彼らを抱きしめ、もし私たちが死んだら何も感じないようにするために一緒に死ぬと約束しなければなりませんでした。 そして、爆撃音が聞こえても、あなたは安全です。 あなたを殺すロケット、その音は聞こえない。 

国連ニュース: あなたは月曜日にガザからエジプトへ避難しました。 特に人道主義者たちはガザには安全な場所はないと述べているので、この旅について教えてください。

マハ・ヒジャージ: 祖国を離れなければならないことに怒りを感じています。家やアパートを離れ、難民を支援する日々の仕事も辞めなければなりません。しかし、子供たちは二重国籍なので、他に何ができるでしょうか。 子どもたちに眠ってもらい、自分たちも他の子どもたちと似ていると感じてもらう機会を作る必要があります。 だから、心の中ではどんなに苦しいことがあっても、このチャンスを逃したくないんです。

旅の間中、私は子供たちと一緒に泣いていました。自分たちの土地を離れたくない、ガザを離れたくないからです。 しかし、私たちは安全と保護を求めてそうせざるを得ませんでした。 

私は実際にガザの真ん中、デリ・アル・バラに住んでいましたが、交差点は南のラファにあります。 避難したばかりの多くの人がサラハディン通りを歩いていましたが、彼らには行き場がありませんでした。 私たちは彼らを目撃し、旅行中にラファ交差点に到着するまで爆撃を目撃しました。ところで、すべてのパレスチナ人が通過することを許可されているわけではありません。 別の国籍または別のパスポートが必要です。 だから、大変だったけど、この日のことは忘れられません。

国連ニュース: UNRWA での主な仕事は何ですか?

マハ・ヒジャージ: 緊急事態中、あるいはこの戦争中の私の主な仕事は、中央手術室での食糧担当でした。 そのため、私は UNRWA 避難所内の避難民 (IDP) に必要な食料品を確保する責任を負っていました。 私たちの計画は、150,000万人のパレスチナ国内避難民をUNRWAの避難所に収容することであり、現在その数は約XNUMX万人に達しています。 彼らのニーズは非常に高く、資源が不足しているため、私たちは彼らが生きていくための最低限のものを確保するために懸命に取り組んでいます。

国連ニュース: UNRWA はどのように機能していますか?また、ガザ人をどこで支援できるのでしょうか?

マハ・ヒジャージ: 人々はUNRWAの学校を探しています。 彼らは国連の旗の下での保護を求めており、私たちは彼らに飲料水や水道水に加えて食料、非食料品、毛布、マットレスを提供する責任があります。 

ガザの UNRWA チームは、これらの人々に基本的なニーズをすべて提供するために懸命に取り組んでいますが、一番はセキュリティと安全です。 それにもかかわらず、ガザには安全な場所はありません。これは非常に真実であり、非常に正しいことです。 しかし、あらゆる課題にもかかわらず、限られた資源にもかかわらず、燃料がないにもかかわらず、私たちは最善を尽くしています。 しかし、私たちは地上で、国民のために確保できるものを確保するという不可能な使命を遂行しています。

国連ニュース: あなたがそこにいたとき、UNRWAは燃料を入手していましたか? 食べ物や水はどうですか? 必要な物資は揃っていますか?

マハ・ヒジャージ: エスカレーションの最初の数日間、私たちは燃料の供給を停止しました。 そしてその後、私たちは車両を動かすためだけに燃料を一滴ほど受け取りました。 最近、XNUMX、XNUMX日前だったと思いますが、燃料を受け取ることができましたが、それは非常に少量でした。 私がガザにいた最後の日のことを思い出します。ラファ交差点に援助トラックが来ていましたが、トラックに燃料がなく、トラックは給油を待つためにXNUMX日間立ち往生したのです。 パン屋に加えて、電気を供給する発電機、水の汲み上げ、下水処理場などあらゆるものに燃料が必要です。 

食料と水に関しては、国内避難民の数が劇的に増加しているため、非常に少量であり、私たちのニーズを満たすには十分ではありません。 しかし、それはUNRWAの避難所にいる人々だけではありません。 UNRWAの避難所の外には何十万人もの人々がいます。 彼らはお腹が空いているのに、地元の市場でも食べ物が手に入らないのです。 私の家族はUNRWAの避難所にはいませんでしたが、両親は市場から十分な量の食料を入手できなかったことを覚えています。 私たちはそれを目撃しました。 私たちは市場に行きましたが、どこも空いていました。 購入できるものは何も見つかりませんでした。 私たちはお金を持っていますが、買うものは何もありません。 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-