3.1 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
科学技術考古学考古学者がカイロ近郊で王室書記の墓を発見

考古学者がカイロ近郊で王室書記の墓を発見

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュースレター

XNUMX月初旬、プラハのカレル大学のチェコ考古学調査隊が、カイロ郊外のアブ・シル墓地の発掘中に王室書記官ジェウティ・エム・ハットの墓を発見したとエジプト観光文化記念物省が発表した。

考古学最高評議会のムスタファ・ワジリ事務総長は、埋葬施設のこの部分には古代エジプト第XNUMX王朝と第XNUMX王朝の高官や将軍の記念碑が安置されていると説明した。

彼によれば、この発見の重要性は、この王室書記の生涯がこれまでまったく知られていなかったという事実に由来するという。 アブ・サーの研究は、激動の紀元前 5 世紀から 6 世紀にかけての歴史的変化に光を当てています。

チェコ使節団の責任者マルセル・バルタ氏は、この墓は王室書記官ジューティ・エム・ハットの埋葬室の終わりにある井戸の形で建てられたと説明した。

同氏は、墓の上部は無傷で発見されていないものの、埋葬室には多くの豊かな象形文字の場面や文字が残されていると述べた。 天井には、朝と夕方のボートに乗って大空を横切る太陽の旅が描かれており、日の出と日の入りについての賛美歌が添えられています。 埋葬室には井戸の下にある長さ約XNUMXメートルの小さな水平通路を通ってアクセスできると同氏は述べた。

石棺の壁に描かれた宗教的な文章や画像は、ジューティ エム ハットが永遠の命にスムーズに移行できるようにすることを目的としていました。

チェコ使節団の副所長モハメド・マジェド氏は、王室書記の石棺を発掘し、石で作られており、外側と内側の象形文字や神の描写で装飾されていると付け加えた。

棺の蓋の上面とその長い側面には、故人を守る神々の像など、死者の書のさまざまなテキストが装飾されています。

表紙の短い側面には、故人への保護の文言とともに女神「イシスとネフティス」の像が描かれています。

「棺の外側は、棺とピラミッドのテキストからの抜粋で装飾されています。これらは、すでに埋葬室の壁に描かれていた呪文の部分的な繰り返しです」と彼は付け加えた。棺の内壁の底には西方の女神「イミュテット」が描かれており、その内側にはこの女神と大地の神(ゲブ)が唱えるカノプスの呪文と呼ばれるものが収められている。

「これらの宗教的および魔法の文書はすべて、故人が永遠の命にスムーズに入ることができるようにすることを目的としていました。」

彼のミイラに関する人類学的研究は、彼が約25歳という若くして死亡したことを示しています。 長時間座ったことによる脊椎の磨耗や重度の骨の脆弱性など、彼の仕事に関連している可能性のある変形の兆候が見つかった。

アブ シール複合施設は、サッカラの墓地遺跡から 4.5 キロメートルの場所にあります。 そこではこれまでで最大のパピルスコレクションが発見されている。 考古学者 おそらく西暦5世紀に墓が略奪されたため、埋葬品は見つかっていません。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-