8.2 C
ブリュッセル
4月月曜日、22、2024
健康生涯悩まされる不眠症の遺伝子が発見される

生涯悩まされる不眠症の遺伝子が発見される

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

この研究は科学者が夜間覚醒の問題を防ぐのに役立ちます

新しい研究は、DNAの特定のパターンが私たちが不眠症になるかどうかを決定する可能性があることを示している、とMailOnlineが報じている。

オランダの研究者らは、2,500人の胎児から遺伝情報を収集し、15歳まで追跡して睡眠パターンを測定した。

彼らは、睡眠に影響を与えることが知られている遺伝子を持つ十代の若者は、そのようなDNA構成を持たない他の若者よりも夜中に目が覚める可能性が高いことを発見した。

成人では睡眠パターンが不良になる遺伝的素因がすでに証明されています。 科学者たちは、NPSR1 や ADRB1 などの遺伝子に、眠れない夜を引き起こす可能性のある変異を特定しました。

しかし、最新の研究結果は、「悪い睡眠」の遺伝子は生涯を通じて活性であることを示している、とBTAは報告した

ロッテルダム大学医療センターとオランダのエラスムス大学医療センターの研究者らは、その研究結果を利用して、生涯にわたる不眠症を防ぐためには幼児期、つまり乳児期の早い段階で睡眠不足を特定することの重要性を強調している。

DNA サンプルは、臍帯血と 2,458 歳時の同じ子供の血液を使用して、2002 年 2006 月から XNUMX 年 XNUMX 月の間に生まれたヨーロッパの子供 XNUMX 人から採取されました。

DNA分析と並行して、母親たちは子どもの10歳半、15歳、975歳、そしてXNUMX歳からXNUMX歳の睡眠パターンについて報告した。XNUMX人のティーンエイジャーのサブセットは、約XNUMX週間睡眠追跡装置を装着した。

研究者らは、XNUMX代の若者ごとにDNAリスクマーカーを生成し、遺伝的素因マーカーが高い人々では、幼少期の中途覚醒や入眠困難などの不眠症関連の睡眠問題がより多く発生していることを発見した。 科学者たちは次のように説明しました。

「私たちは、睡眠不足の表現型が生涯を通じて持続することの間接的な証拠を提供します。 これにより、遺伝子に基づいた睡眠障害の早期発見と予防に関するさらなる研究への扉が開かれます。」 彼らの研究結果は、Journal of Child Psychology and Psychiatry に掲載されました。

子供の早い段階で睡眠の問題を解決することが、子供の発達と学業の成功のためのより良い条件につながることが確立されています。

Journal of Clinical Sleep Medicineに掲載された2022年の別の研究では、平均的な学生の93%、成績の良い学生の83%と比較して、成績の悪い学生のほぼ36%が睡眠障害を抱えていることが判明した。

睡眠の重要性は誇張すべきではありませんが、米国国立睡眠財団の調査によると、米国の高校生の 87% 以上が、推奨されている XNUMX 晩の睡眠時間が XNUMX ~ XNUMX 時間未満であることがわかりました。

米国小児科学会は、XNUMX代の若者の睡眠の質の低下の問題を、「電子メディアの使用、カフェインの摂取、早期の学校開始」によって引き起こされた「流行病」であると説明した。

このデータは、学校の始業時間を遅くするよう州議会に働きかける親や睡眠専門家の動きを促進するのに役立った。

カリフォルニア州とフロリダ州は、開始時刻を遅らせる規則を採用している唯一の州であり、公立高校の授業は午前 8 時 30 分までに開始することを義務付けています。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-