9.2 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
ヨーロッパアゼルバイジャンとアルメニアの平和にとって経済は最良の同盟国?

アゼルバイジャンとアルメニアの平和にとって経済は最良の同盟国?

著者: 地政学と並行外交の専門家であるエリック・ゴズランは、政府顧問であり、国際外交対話評議会 (www.icdd.info) を指揮しています。 エリック・ゴズランは、フランス国民議会および上院で主題に関する専門家として呼ばれています。並行外交と世俗主義を扱う。 2019年2018月、反ユダヤ主義に関する国連特別報告者の報告書に寄稿した。 XNUMX年XNUMX月、ヨーロッパにおける世俗主義に対する闘いが評価され、ベルギーのローラン王子から平和賞を受賞した。 彼は、韓国、ロシア、米国、バーレーン、ベルギー、英国、イタリア、ルーマニアで開催された平和に関する XNUMX つの数多くの会議に参加しました。最新の著書『過激主義と急進主義: そこから抜け出すための思考の流れ』です。

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

著者: 地政学と並行外交の専門家であるエリック・ゴズランは、政府顧問であり、国際外交対話評議会 (www.icdd.info) を指揮しています。 エリック・ゴズランは、フランス国民議会および上院で主題に関する専門家として呼ばれています。並行外交と世俗主義を扱う。 2019年2018月、反ユダヤ主義に関する国連特別報告者の報告書に寄稿した。 XNUMX年XNUMX月、ヨーロッパにおける世俗主義に対する闘いが評価され、ベルギーのローラン王子から平和賞を受賞した。 彼は、韓国、ロシア、米国、バーレーン、ベルギー、英国、イタリア、ルーマニアで開催された平和に関する XNUMX つの数多くの会議に参加しました。最新の著書『過激主義と急進主義: そこから抜け出すための思考の流れ』です。

By エリック・ゴズラン

平和を確保するために経済関係を築くことは、地政学的関係の基本原則です。 最良の例は西ヨーロッパで、欧州連合を構成する国家間の政治的合意のおかげで1945年以来平和が続いているが、主に経済的合意がなされている。

共通の経済的利益の確立は、各当事者に隣国の領土一体性を認識させることに加えて、南コーカサスの安定を確保するための信頼できる道である。

アゼルバイジャンとアルメニアの指導者の特定の声明を読むと、南コーカサスで長年続く戦争を終わらせるという共通の目標を共有していることが明らかになります。

アルメニアがカラバフをアゼルバイジャンの一部と認め、XNUMX月の軍事作戦中にカラバフの支配権を失った後。 この領土の喪失は、アゼルバイジャンとの関係正常化に対する唯一の永久的な障害を取り除くことになる。 両国は共通の目標を共有している。それは、世界で最もインフラに恵まれていない地域の一つである南コーカサスを孤立から救い、アジアやヨーロッパとのつながりを高めることである。

これまで、アルメニア、アゼルバイジャン、トルコの間の国境は閉鎖されており、アゼルバイジャンにとって、ヨーロッパへの炭化水素の輸出は、ジョージアを通過する可能性に依存している。

経済を通じた平和

アルメニアとアゼルバイジャン間の経済平和は、多くの利益をもたらす可能性があります。

経済成長: 安定は経済成長を促す環境を促進します。 両国は海外投資の増加と経済部門の拡大から恩恵を受ける可能性がある。

トレード: 敵対関係の終結は国境を越えた貿易を促進し、輸出入の機会を生み出し、それぞれの市場を拡大することで両国の経済を刺激するだろう。

経済協力: 南コーカサスはエネルギーにとって戦略的に重要です。 経済平和はエネルギー分野での協力を促進し、パイプラインやエネルギーインフラの建設と利用を促進する可能性がある。

観光: 平和は安全保障に関連する障害を排除し、観光業の成長を促進します。 両国は観光業の増加から恩恵を受け、海外からの観光客を呼び込み、地域経済を活性化する可能性がある。

雇用創出: 安定して成長する経済は雇用の機会を生み出します。 平和はさまざまな分野での雇用創出を促進し、失業率の削減と生活条件の改善に貢献します。

経済インフラ:経済協力は、道路、橋、鉄道接続などの国境を越えたインフラの開発につながり、国境を越えた貿易を促進し、両国間の関係を強化する可能性があります。

金融の安定: 経済平和は金融の安定に貢献し、投資家の信頼を高め、金融セクターの発展を促進するでしょう。

ザンゲズル回廊、開発の機会

両国がザンゲズル回廊の開通に合意すれば、両国とトルコ、ロシア、中央アジア、ヨーロッパを結ぶ手段となる。 NATOとロシアの両方がこの回廊の開設を支持していることに留意することが重要です。

ザンゲズル回廊は、交通ネットワークの拡大を通じて、地域諸国間の商業交流を短期間で促進するでしょう。 この開通により、「中間」回廊としても知られる「南北」国際回廊における国際輸送も増加することになる。

ザンゲズル回廊の開通後、投資家に対するこの地域の魅力はさらに強まるだろう。

平和を妨げる国々

ロシアは平和の障害となる可能性があります。 ロシアがその影響力を維持し、ユーラシアにおける西側の利益を損なうために、ナゴルノ・カラバフでの「凍結した紛争」を意図的に維持し、この地域の不安定を永続させたことは十分に確立されている。

イランは長年、アゼルバイジャン国民に対する宗教的影響力を強化しようとしてきた。 バクー政府は、このイスラム主義者の布教に対して断固として反対し続けている。 ムッラーたちにとって、バクーとエルサレムの接近は犯罪であり、ザンゲズル回廊の開通が成功しないようにあらゆる手段を講じるだろう。

アゼルバイジャンとアルメニア間の経済平和とザンゲズル回廊の開通は、経済成長、貿易、さまざまな分野での協力を促進し、相互の繁栄につながる環境を生み出す可能性がある。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-