5.6 C
ブリュッセル
2月(日曜日)25、2024
編集者の選択自閉症の子供を育てることが私の信仰を育み、どのように成長させたか...

自閉症の子供を育てることが私の信仰を育み、私の人生をどのように改善したか

クリス・ペデン著。XNUMX 人の自閉症の子供の父親であり、ペデン・アカウンティング・サービスの創設者であり、『自閉症の祝福: 自閉症の子供を育てることが私の信仰を育み、人生をどのように改善したか』の著者です。

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

クリス・ペデン著。XNUMX 人の自閉症の子供の父親であり、ペデン・アカウンティング・サービスの創設者であり、『自閉症の祝福: 自閉症の子供を育てることが私の信仰を育み、人生をどのように改善したか』の著者です。

ユネスコの遵守 障害者の国際デー (IDPD) はもうすぐです。 この日は、「すべての人にとって包括的でアクセスしやすい社会の利点」を促進し、認識を高めるために国連によって制定されました。

自閉症を持つ XNUMX 人の子供の父親として、私は当然、包摂的でアクセスしやすい社会を作りたいという意欲を持っています。 しかし、私のアプローチは常に、国連などの大きな機関や、米国障害者法などの政府法についてではありませんでした。 代わりに、私は親として長年苦労して得た教訓を活かし、それを個人的に共有しようと努めてきました。 私の本、ブログ投稿を通じて、そして障害のある子供たちを育てるという愛ある挑戦をしている親からの直接の指導を通じて。

たとえば、私は、自閉症の子供たちや同様の神経多様な問題を抱えた子供たちが、環境や経験に対してほとんどの子供たちとは異なる反応をする理由を人々に理解してもらうために懸命に取り組んできました。 たとえば、なぜ彼らが診察の際の激しい感覚体験にそれほど強く反応するのか、私は説明しようとしました。 明るい光、機械のブンブン音、自分の顔から数インチ離れた見知らぬ人のマスクされた顔、体を突く鋭利な物体は、子供にとって最悪の経験の一部であり、私たちの息子たちを圧倒することがよくありました。 確かにそれも理由の一つですね 最近の研究の著者 神経発散患者をケアできるよう専門的なトレーニングを受けるよう歯科医に求めた。

休暇中の旅行では、別の感覚的な課題が生じます。 運転や飛行機に乗る場合は、騒音、音楽、ゲームをかき消し、冷静さを促すためのヘッドセットと過剰な刺激に対する「その場で」解決策を準備する必要があります。 ストレスボールを握ったり、シュガーフリーのガムを噛んだりするなどの簡単な補助が常に役に立ちます。 急いでハグやキスをしたがる親族は、私たちを家に迎え入れてくれた本当の喜びと、自閉症の子供たち(そして大人)がより優しく、よりゆっくりとしたタッチを必要としているという認識とのバランスがとれていなければならないことを、しばしばしっかりと思い出させなければなりません。

もちろん、どんなに準備をしても意味がない場合もあります。 食料品店、ミサ、会社の行事などで、私の子供たちが大声で叫んだり、引き離したりしているため、しつけができていないと思われることがありました。 私たちはかつては恥ずかしかった。 今では、そのような時間が、傍観者の意識を高め、理解を求めながら自分自身の中に謙虚さを育む機会となりうることを理解しています。

ありがたいことに、「障害」という言葉はここ数年でアップグレードされてきました。 人々はもはやその言葉を聞いて迷惑や負担を考えることはありません。 それどころか、私たちは障害者にもすべての人間と同じ尊厳があることを学びました。 食料品の列であろうと医師の待合室であろうと、騒音が問題になる可能性があることを私たちは知っています。 見物人が私たちに少しの猶予を与えて、子供たちのストレスを解消する簡単な散歩に連れて行ったり、五感を刺激して子供たちが落ち着くのを助けるためにシュガーフリーのガムを取り出したりすることは、私たちにとって世界を変える小さなことです。 

私が自分の本を書いたのは、私が子供たちを育てることで、思っていた以上の喜びを得られたことを示すためです。 それは、苦しみを良いものに変えてくれるように神に祈るだけではありません。それは一部ではありますが。 また、私の子供たちの成長を見守ることもできます。私の息子の一人は、次のことが得意です。 X、もう一方はマスターしました Y – 他のほとんどの人ができない方法で。 彼らが生活の中で見ている単純な喜びを経験することで、現在のクライアントと仕事をしたり、新しいクライアントを見つけようとしたりした長い一日の後に、私が地に足を着いておくことができます。

もっとアクセスしやすく意識の高い社会が必要なのでしょうか? 確かに。 しかし、それは障害が悪いからではありません。 それは、残りの私たちが課題を喜びに変えることで得られる良いものを見る必要があるからです。

-

Chris Peden は XNUMX 人の自閉症の子供の父親であり、 ペデン会計サービス、作者 自閉症の祝福: 自閉症の子供を育てることが私の信仰を育み、人生をどのように改善したか.

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-