6.6 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
世界全体金属は石油や金より価値が高くなります

金属は石油や金より価値が高くなります

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

金属は石油や金よりも価値が高くなります。 その採掘は文字通り世界の経済力を再配置しています。 リチウム。

エレクトロニクスの急速な発展に伴い、リチウムの重要性はますます高まっており、あらゆる電池の主要な要素となっています。 30 年間にわたり、その需要は多岐にわたり、経済学者はこの金属が将来の重要な要素であると考えています。 技術.

リチウムがますます必要になる

20 世紀末には、リチウムは産業で実質的に使用されていなかったため、その抽出量は少量で、年間約 5 トンでした。 しかし、1991 年にソニーのリチウムイオン充電式バッテリーが事態を好転させたと、money.bg は書いています。

このバッテリーは多くの点で成功しました。 軽くて製造コストも安く、充電も早かった。 そして最も重要なことは、時間の経過による容量の損失であるメモリー効果がほとんどなかったことです。

リチウムイオン (Li-ion) バッテリーとリチウムポリマー (Li-pol) バッテリーは急速に生産のリーダーとなり、リチウムの需要は多様に増加しています。 これは、スマートフォン、タブレット、ラップトップなどの生産の急増によって促進されました。

その結果、1995年のリチウム生産量は10万トン、2010年には28万86千トンに達し、現在では年間30万XNUMX千トン以上が生産されています。 過去 XNUMX 年間で、この金属の需要は XNUMX 倍に増加しました。 しかし、時間が経つにつれて、これは単なる始まりにすぎません。

電気輸送の開発

世界中のモバイル機器やその他のガジェットの発展に加えて、電気自動車市場も急速に成長しています。 しかし、電気輸送は長年にわたって、充電の複雑さとバッテリーの容量が小さいための電力予備という 2 つの問題を解決できませんでした。

100 年以上にわたり、電気牽引で移動できる公共交通機関は、トロリーバス、トラム、電車、地下鉄だけでした。 しかし、新しいバッテリーの登場により、電気自動車はガソリン車やディーゼル車と競争する機会を得ました。

環境汚染が少なく、最も重要なのは、使用がより経済的であることです。コストはガソリン 40 タンクの価格より平均 60 ~ 1.5% 低くなります。 技術不足と生産コストの高さから、従来の自動車に比べて2~XNUMX倍の価格がかかる。 ただし、この差は時間の経過とともに減少します。

世界にはすでに1.5億台を超える車があり、そのうち約1%が電気で動きます。 潜在的な市場は巨大で、毎年電気自動車に切り替える人が増えています。10年前には地球上に500万台もなかった自動車が、2021年にはすでに2万台になっています。 専門家によると、5年以内にこの数は少なくとも6倍に増加するという。

さらに、欧州諸国は内燃機関を搭載した自動車の生産を段階的に放棄すると発表した。 これは2030年までに完全に完了する予定です。

この現実と発表された計画により、リチウム原料(主に炭酸リチウム)の消費が劇的に増加しました。 2000年に世界が68万2019千トンを必要とした場合、315年にはこの指標はすでに4.5万XNUMX千トンを超えており、消費量はXNUMX倍に増加しています。

バッテリーの需要の高まりが価格に影響を与えています。 2004年の炭酸リチウムの価格は2トン当たり2千ドルでしたが、6.5年前は2021千ドル、17年には70万XNUMX千ドルになりました。 ピーク時には価格がXNUMX万ドルに達したこともありました。 一言で言えば、市場の成長は非常に大きいです。

リチウム生産のリーダーは誰になるでしょうか?

現在、世界のリチウム化合物の生産量の90%以上はオーストラリア、中国、そしてチリとアルゼンチンの「リチウム・トライアングル」に集中している。 しかし、業界の急速な成長とリチウムの需要の着実な増加を考慮すると、誰もがその生産と予想される利益を覚えていたことは驚くべきことではありません。

世界第一の経済大国である米国は中国の指導力を懸念しており、そのため独自の預金開発についての議論が高まっている。 米国には 9.1 万トンのリチウム埋蔵量があり、現在工業生産が行われている鉱床はシルバー ピーク鉱山 XNUMX つだけです。

もう XNUMX つの潜在的な鉱床は、最初の鉱山と一緒にネバダ州にあるタッカー パスです。 これにより、米国はすぐにリチウム生産のリーダーの仲間入りをする可能性がある。

ロシアでは将来性は低い。 1990年代のザヴィツクでソ連時代から操業していた唯一の油田が保存された。 現在、新しい回収技術が開発されており、成功すれば閉山した鉱山に適用して復旧できる可能性がある。

一般に、ロシア連邦の埋蔵量は少なく、推定1万トンです。 比較のために、中国では5.1万トン、オーストラリアでは7.3万トン、アルゼンチンでは19万トンの埋蔵量があります。

ロスアトムはムルマンスクとイルクーツク地域での鉱床の開発を発表した。 計画によれば、2030年までに現地生産で国の需要を賄えるようになるという。 実際にどうなるかは予測するのが難しいとサイトdzen.ruに書いてある。

しかし、ラテンアメリカ、すなわちアルゼンチン、チリ、ボリビアは、リチウム市場の成長から最も恩恵を受ける可能性がある。 彼らの領土には、この金属の既知の世界埋蔵量の半分以上があります。 最初の 2 か国はすでにリチウム生産のリーダーの一つとなっています。

交通インフラを構築し、海外投資家を呼び込むことができれば、文字通り金持ちになれるだろう。 ちなみに、ロスアトムは開発の可能性がある地元の分野も考慮している。

したがって、リチウム市場は成長しており、収益性の高い投資です。 近い将来、すべての国が生産のリーダーとなり、利益の分け前を得ることを望んで、そのために争うことになるでしょう。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-