9.9 C
ブリュッセル
2月(火曜日)27、2024
ヨーロッパ音楽ストリーミング プラットフォーム: EU の著作者と多様性の保護を欧州議会議員が要請

音楽ストリーミング プラットフォーム: EU の著作者と多様性の保護を欧州議会議員が要請

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

文化委員会は火曜日、音楽ストリーミングのための公平かつ持続可能な環境を確保し、文化的多様性を促進するためのEU規則を求めた。

23票、3票、棄権1票で採択された決議の中で、文化教育委員会の議員らは、この分野の不均衡に対処するよう求めている。 現在、大多数の著者が退任 非常に低い収入を得ています。 彼らは、現在適用されている「デジタル化以前の著作権料率」は改訂される必要があると主張し、 ペイオラスキーム これにより、著者は知名度の向上と引き換えに、収入の減少またはゼロを受け入れることを余儀なくされます。

著者をサポートするための EU の法律

ストリーミングプラットフォームが音楽市場を独占し、過去XNUMX年間着実に成長してきたにもかかわらず、この分野を規制するEUの規則はない、と欧州議員らは強調する。 収益がメジャーレーベルや最も人気のあるアーティストの手に集中し、AI生成コンテンツの台頭により、音楽製品全体の価値が下落し、状況はさらに悪化している。 研究、ストリーミング詐欺(つまり、ストリーミング数字を操作するボット)、プラットフォームによる音楽コンテンツの操作と違法使用。

欧州議会議員らは、アルゴリズムと推奨ツールを透明化し、それを保証することをプラットフォームに義務付けるEU法案を求めている。 欧州言語 作品は目に見えてアクセス可能です。 また、利用可能なジャンルや言語の多様性、および独立した著者の存在を評価するための多様性指標も含める必要があります。

ルールは、ストリーミング プラットフォームに、メタデータの適切な割り当てを通じて権利者を特定し、その作品が発見されるのを助けること、また、コスト削減や価値の低下などを目的としたストリーミング詐欺などを防止することを義務付ける必要があります。 レーベルは純粋にAIによって生成された作品について視聴者に知らせるべきだと彼らは付け加えた。

最後に欧州議会議員らはEUに対し、より多様なレパートリーを提供するため、またビジネスモデルのデジタル変革において作家を支援するために、地元のニッチなアーティストや脆弱なコミュニティのアーティストを含むヨーロッパの音楽への投資を増やすよう求めている。

見積もり

「音楽ストリーミング サービスの成功物語には、独自の矛盾があります。 毎年何十万部もの複製を発行する作家や演奏家の大多数は、まともな生活を送れるほどの報酬を受け取っていません。 文化的多様性を促進するには、音楽分野で作者が果たす役割を認識し、ストリーミングサービスが使用する収益分配モデルを見直し、比例的かつ効率的な解決策を模索することが最も重要である」と首席議員は述べた。 イバン・ガルシア・デル・ブランコ (S&D、ES).

次のステップ

非立法決議に関する本会議の採決は、2024年XNUMX月のストラスブール議会に予定されている。

経歴

現在、デジタル音楽プラットフォームと音楽共有サービスは、無料または比較的安価な月額購読料で最大 100 億曲へのアクセスを提供しています。 ストリーミングは音楽分野の世界収益の 67% を占め、年間収益は 22.6 億ドルです。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-