5.6 C
ブリュッセル
2月(日曜日)25、2024
機関国連食料への人権には「大規模な投資」が必要:グテーレス氏

食料への人権には「大規模な投資」が必要:グテーレス氏

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

月曜日、ローマで開催された国連支援機関の会合でアントニオ・グテーレス氏は、この会合が「世界の食糧安全保障にとって危機の瞬間」に開催されていると強調し、いくつかの厳粛な統計を提示した。 

「昨年、735億3万人が飢えに陥りました。 XNUMX億人以上の人が健康的な食生活をする余裕がない」と事務総長は述べた。 ビデオメッセージ、「2030年までに飢餓をゼロにするという目標は後退している」と付け加えた。

同氏は、飢餓と栄養失調は単なる問題ではなく、「壮大な規模での」人権侵害であると強調し、進行中の危機の悲惨な結果を鮮明に描写した。

「栄養価の高い食品がコストや地理的理由で手に入らない場合。 飢えによって体が蝕まれていくとき。 子どもたちが食糧不足で苦しみ、さらには死んでいくのを親が無力に見守るのは「人類の悲劇、道徳的大惨事であり、世界的な怒り」に他ならないとグテレス氏は述べた。

アクセスに関するすべて

事務総長は、世界にはこの危機に対処するための資源があることを明らかにした。 「食べ物は十分すぎるほどあります。 そして、地球上のすべての人に十分な食料を確保するのに十分な資源があります。」

同氏は、栄養価の高い食品へのアクセスを確保する上での政府の役割を強調し、政府にはそれを提供する責任があるものの、多くの政府にはそのための資源が不足していると述べた。

アントニオ・グテーレス氏は、すべての人々のための食料システムを変革するための効果的な国際連帯を呼びかけた。

そのためには、「自然と調和し、気候危機に対処する持続可能な食料システム」を構築するために、巨額の投資、イノベーション、科学、技術が不可欠であると国連事務総長は説明した。 

食糧供給に関するシンクタンク

同氏は、食糧農業機関(FAO)と世界食糧計画のスタッフを含むCFSの取り組みを称賛した(WFP) – 解決策を見つける上での重要性を強調します。

「委員会の活動はこのプロセスにとって極めて重要です。 農産物システムの再考から、データの収集と利用の促進、そして女性と女児のニーズが私たちの活動の中心であることの確保に至るまで。」

事務総長は世界に対し、この基本的人権を優先するよう訴え、「食料に対する基本的人権に、それにふさわしい投資と緊急の行動を与えましょう」と呼びかけた。

1974年に設立された世界食糧安全保障委員会は、すべての人の食糧安全保障と栄養を確保することを使命とする包括的な国際的および政府間のプラットフォームとなるよう2009年に改革されました。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-