7.7 C
ブリュッセル
2月(木曜日)29、2024
ヨーロッパ欧州議会議員は最新の事前旅客情報法を支持

欧州議会議員は最新の事前旅客情報法を支持

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

航空乗客のデータ収集を義務化し、調和を図るための新しい法律。

欧州議会議員らは、EU裁判所の判決に沿った比例的なデータ収集を望んでいる。

事前の旅客情報収集に関する統一ルールは、EU の安全と重大犯罪と闘い予防する能力を強化することを目的としています。

議会の自由委員会は本日、EU外国境の安全を強化し、犯罪の防止と闘いを強化するための事前旅客情報(API)の収集に関する50件の報告書草案を採択した。 賛成7票、反対0票、棄権53票(国境管理)、賛成6票、反対1票、棄権XNUMX票(法執行機関)で採択された。

新しい規則では、航空会社は乗客データを体系的に収集し、管轄当局に送信することが義務付けられる。 これらは、国境管理の場合には第三国から EU 加盟国に到着するフライトに適用され、法執行機関とデータを共有する場合には EU 加盟国から出発するフライトにも適用されます。 さらに、EU 諸国は、EU 内の選択されたフライトに後者の規則を適用することを選択できます。

収集されるデータには、乗客の名前、生年月日、国籍、パスポートの詳細、フライト情報が含まれます。 データ収集を調和させるために、新しい法律では収集されるデータ要素が指定されています。 また、データは手動ログに代わる均一かつ自動化された方法でのみ収集できるため、データ品質も向上します。

EP は比例的で法廷に準拠したルールを推進

欧州議会議員らはその立場として、比例性と基本的権利を尊重し、欧州司法裁判所の判例に従い、API データの種類を必要なものに限定し、生体認証データを対象から除外するよう努めてきた。 API データの収集は、シェンゲン圏内を旅行する場合など、搭乗前に渡航書類を確認する理由にはならないと強調しています。 代わりに、データはチェックイン手続き中に収集されます。

また、欧州議会議員らは、航空会社による渡航円滑化措置によりさらなる時間が必要でない限り、航空会社と国境当局がフライト出発後にAPIデータを保存する期間を48時間から24時間に短縮したいと考えている。 また、欧州議会議員らは、API データ収集が性別、性別、民族的出身、言語、少数派ステータス、障害、宗教などの機密性の高い特徴に基づく差別につながらないことを保証する新しい条項を追加することも提案しました。 最後に、議会は、航空会社が規則に組織的または継続的に違反した場合、世界売上高の最大 2% の罰金を課すことを求めています。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-