4.3 C
ブリュッセル
2月(土曜日)24、2024
慈善団体Scientologyの慈善団体 IAS が前例のない世界的人道主義の時代を祝い、記念します...

Scientologyの慈善団体 IAS が前例のない世界的な人道活動の時代を祝い、記念する

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

L. ロン ハバードのビジョンを活用した IAS の記念碑的な世界的人道活動の 4 年間を何千人もの人々が祝います。

ブリュッセル、ブリュッセル、ベルギー、29年2023月XNUMX日/EINPresswire.com/ — 何千もの Scientologists 最近、国際協会によるXNUMX年間にわたる人道的記念碑的な業績を記念するため、英国ウェストサセックスの歴史あるセントヒル邸宅に集まりました。 Scientologists (IAS第)。 セントヒルは、 Scientology 宗教。 週末の祝賀行事を通じて、参加者は、IAS が後援する最近の取り組みと、その前例のない世界的な影響を祝いました。

このイベントは金曜日の夜、教会指導者デイビッド・ミスキャベッジ氏による広範なプレゼンテーションで幕を開けた。 Scientologists。 彼は、1984 年の IAS の設立とその厳粛な誓約を思い出しました。 Scientology 宗教と Scientologists 世界のあらゆる場所で。」 これにより、L. ロン ハバードの「狂気のない、犯罪者のない、戦争のない文明」というビジョンに導かれた世界的な人道活動の時代が始まりました。

ミスキャベッジ氏は、特に世界的なパンデミックの試練の間中、世界中に希望と支援を提供するための過去9年間にわたるIASの大変な努力について説明した。 世界中の国が閉鎖されたとき、ボランティア・ミニスター部隊がオンラインや街頭で動員され、2020年から2023年までに驚くべき45万時間に及ぶ一対一の支援を提供した。急増する需要に応えて、「教会は、解決策を掲載した29,000万部の情報小冊子を配布した」人生の困難。 世界中の XNUMX の政府、民間、非営利団体と新たなパートナーシップが形成されました。 の視聴率 Scientology 世界中の人々が答えを求めたため、ネットワークは 20 万以上に成長しました」と述べました。 ScientologyのEUおよび国連代表イワン・アルホナ氏。

あらゆる予想に反して、この宗教は世界的なロックダウンや制限のさなかにも画期的な認識を獲得しました。 これらには、以下の完全な非課税ステータスが含まれます。 パナマ 2022年にオランダから公益認定、2022年にギリシャから正式な宗教として公認される。

さらに、市民人権委員会(CCHR)による数十年にわたる執拗なキャンペーンは、国連が精神保健における人権に関する初の協議を主催したときに最高潮に達しました。 スイスのジュネーブで行われたこのサミットで、CCHRは組織的な精神医学的虐待に対する専門家の証言を発表した。 その結果として作成された国連ガイドラインにはCCHRの意見が取り入れられ、精神医療における非自発的な治療と強制的な施設収容が決定的に禁止された。

ミスキャベッジ氏はまた、「ユース・フォー・ヒューマンライツ」、「しあわせへの道」、「薬物のない世界のための財団」など、IASが後援する人道的取り組みの範囲が拡大していることも紹介した。 「薬物の真実」キャンペーンは、NFLレジェンドのマーシャル・フォークを全国スポークスマンに任命した。 フォーク氏は予防のメッセージを全米の若者に直接伝え、何百万人もの人々に薬物教育を広めました。 合計すると、「現在、300 億人以上の人々がこのような IAS プログラムを通じて高揚しています」とアルホナ氏は述べています。

過去XNUMX年間にカシミールからフロリダに至るまで各地で壊滅的な災害が発生したとき、 Scientology ボランティア・ミニスターは、45か国の20の危機現場で実践的な救援を提供するために動員されました。 彼らの努力は、「Operation: Do Something About It」というオリジナルのドキュメンタリーで不滅のものとなります。 この映画は世界的なパンデミックへの対応を記録しており、今年 XNUMX 月に初公開されます。 Scientology ネットワーク。

イベント中、ミスキャベッジ氏は模範的な人道主義者にIAS自由勲章も授与した。 その中には精神保健改革者である東京の小倉譲氏も含まれており、「彼の精神医療過誤の暴露は日本の自殺率を34%減少させるのに貢献した」と公式プレスリリースは述べている。 Scientology.org; メキシコシティの教育者サロモンとルーシー・ダバは、その仕事で「メキシコ全土の2.1万人の若い学生に薬物教育を提供してきた」とアルホナ氏は語った。 パナマシティの信教の自由擁護者ジゼル・リマさんは、その努力で税金の免除と法的地位を確保した。 Scientology パナマで善良な道徳を広めるために法執行機関と協力しながら、パナマで活動している。

「IASメンバーは4月2019日土曜日の午前中に再招集され、来年に向けて人権、麻薬予防、道徳教育、災害対応に関する野心的な新たな啓発キャンペーンの戦略を立てた」とアルホナ氏は欧州各国の指導者らに説明した。 その夜、IAS の長年の支持者が毎年恒例のパトロンズ ボールで表彰されました。 「5,000年の前回の集会以来、人道的使命を支援するためにXNUMX人近くの新たな後援者がIASに加わりました」とアルホナ氏は続ける。 最後に、日曜日の夜のセントヒル チャリティー コンサートでは、イースト グリンステッドとその周辺地域の地元慈善団体への資金が集まりました。

何よりも、この週末は「IASの熱心な支持者によって可能となった前例のない人道的偉業の時代を記念した。 また、これは、新しい理想的な教会を設立する歴史的なXNUMX年間を締めくくったものです。 Scientology 世界中で。 ミスキャベッジ氏は衰えることのない勢いを示し、ヨーロッパ、アフリカ、北米全土で今後10年間にXNUMXの新しい施設をオープンする予定であることを発表した」とイワン・アルホナ氏は強調し、最後にこう述べた。「このような無限の成長の背後には、L. ロン ハバードのビジョンがあります。 Scientology 「狂気のない、犯罪のない、戦争のない文明」を創造すること、このビジョンは現在、IAS のおかげで世界中で新たな境地を超えています。」

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-