8.2 C
ブリュッセル
2月(日曜日)25、2024
 ハビエル・ミレイとビクトリア・エウジェニア・ビジャルエルが大統領に就任し...

ハビエル・ミレイとビクトリア・エウジェニア・ビジャルエルがアルゼンチン大統領と副大統領に就任

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

大統領は国民会議で宣誓し、ミレイへの権力移譲の宣誓と儀式が行われ、アルベルト・フェルナンデス前大統領による大統領のタスキとバトンの授与が行われた。

立法議会は午前11時14分、恒例の鐘の音とともに始まり、退任するクリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル副大統領が議長を務め、マルティン・メネム下院議長と首相が同行した。退任するマルセロ・フエンテス上院政務長官は、アルゼンチンの大統領および元大統領、国会議員、知事、外国代表団および来賓を下院に歓迎した。

初めに、議会に到着した次期大統領を迎えるために内外の歓迎委員会が結成され、ミレイとビジャルエルが議場に入るまで4回目の休憩が行われた。

外務委員会は、ホセ・エミリオ・ネデル、アルフレッド・ルイス・デ・アンジェリ、ガブリエラ・バレンズエラ、エセキエル・アトーチェ、エンリケ・デ・ベディアの上院議員と、マリア・グラシエラ・パロラ、フリオ・ペレイラ、マルセラ・パガーノ、ガブリエル・ボルノローニ、フランシスコ・モンティの議員で構成されていた。

内務委員会は、マルセロ・レヴァンドフスキ、ウヘニア・ドゥレ、ヴィクトル・ツィマーマン、ルシラ・クレセル、ジュリアナ・ディ・トゥーリオの上院議員と、グラディス・メディナ、アンドレア・フレテス、ハビエル・サントゥリオ・ロドリゲス、ロレーナ・ビジャベルデ、クリスティアン・リトンドの議員で構成された。

ハビエル・ミレイ氏は午前11時46分に議会に到着し、マルティン・メネム下院議長クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル氏と各委員会の議員らに出迎えられた。

ミレイとビジャルエルは、「サロン・アズール」で、国家名誉上院および下院議員の名誉図書に署名を続けた。

それから、ミレイとビジャルエルは国家憲法の原本を見て、慣習に従って立法議会の前で宣誓をするために下院に行きました。

退任する副大統領はミレイに対し、上院議員と下院議員の前で宣誓をするよう招待した。 演壇の中央で宣誓を読み上げた。 大統領は神、祖国、そして聖福音のためにそれをしたのです。」

続いて、退任するアルベルト・フェルナンデス大統領が入場し、大統領の特権、たすき、バトンを後継者に引き継ぎました。 それから彼は部屋を出ていきました。

その後、フェルナンデスさんとミレイさんは公証人長官とともに対応する法律に署名した。

その後、副大統領は「神、祖国、聖福音によって」宣誓し、最後に「祖国なる神が私にそれを求めている」と述べた。

最後に、新副大統領のビクトリア・ユージニア・ビジャルエル氏が登壇し、「ハビエル・ミレイ大統領と私を代表して、この歴史的な日にご出席いただき、ご出席いただいた皆様に感謝したいと思います。」と述べた。 それは私たちの心に残る瞬間であり、すべての国や地方から私たちに同行してくださったこの行動に感謝したいと思います。」 そして彼は議会を閉会した。

1983年の民主主義回復以来、XNUMX人目の大統領となったミレイ氏は宣誓後、議会の階段に上がり、初演説を行った。

国内外の指導者や元指導者らが参加した。 出席者の中にはフェリペXNUMX世(スペイン国王)もいた。 ジャイール・ボルソナロ(元ブラジル大統領)。 ヴィクトル・オルバーン(ハンガリー首相)。 ヴォロディミール・ゼレンスキー(ウクライナ大統領)。 ガブリエル・ボリッチ (チリ大統領); ルイス・ラカレ・ポウ(ウルグアイ大統領)。 ダニエル・ノボア (エクアドル大統領); サンティアゴ・ペーニャ(パラグアイ大統領)。 ルイス・アルセ・カタコラ(ボリビア大統領)。 ヴァハグン・カチャトゥリャン(アルメニア大統領)。 サンティアゴ・アバスカル(スペインの政党VOX党首)。 ジェニファー・M・グランホルム(米国エネルギー省長官)。 呉維華氏(中国全国人民代表大会常務委員会副委員長)とデビッド・ラトリー氏(英国南北アメリカ担当大臣)。

ブエノスアイレス政府の長官、ホルヘ・マクリ氏も出席した。 エントレ・リオスの知事、ロヘリオ・フリジェリオ。 メンドーサ出身のアルフレド・コルネホ。 そしてブエノスアイレス出身のアクセル・キシロフ。 エドゥアルド・ドゥアルデ元大統領とマウリシオ・マクリ元大統領。 また、オラシオ・ロサッティ最高裁判所長官と同僚のリカルド・ロレンゼッティ氏、フアン・カルロス・マクエダ氏も出席した。

最初に公開されたのは、 セナド デ アルゼンチン.

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-