7.2 C
ブリュッセル
2月(日曜日)25、2024
ヨーロッパマクセット・ピルバカス議員、バーバラ・オリヴィエ=ザンドロニス氏の即時復帰を要求

マクセット・ピルバカス議員、バーバラ・オリヴィエ=ザンドロニス氏の即時復帰を要求

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュースレター

マクセット・ピルバカス議員はRCIグアドループによるジャーナリストの扱いを非難した。 11月XNUMX日に発行されたプレスリリースの中で、欧州議会議員マクセット・ピルバカスは、ジャーナリストのバーバラ・オリヴィエ・ザンドロニスがRCIグアドループの電波から排除されたことへの怒りを表明した。

ピルバカス氏によると、この決定は、8月XNUMX日に選挙運動中の候補者と行ったインタビューに基づいて行われたという。 彼女は、バーバラ・オリヴィエ・ザンドロニスが面接中に「彼女のプロ意識と貢献の質を理由に」上司によって解雇されたと信じている。

同議員は、RCIグアドループによる同ジャーナリストに対する「残忍な扱い」と「報道の自由を侵害する恣意的な権威行為」を非難した。 彼女はまた、ラジオ局がジャーナリストを放送から外した正当化は「不格好」で「根拠がない」と感じた。

フランス海外欧州議会議員でありRPFOM全国会長として、ピルバカス氏はバルバラ・オリヴィエ・ザンドロニス氏の「重大な理由のない解雇」を非難する。 彼女はRCIグアドループへの「即時復帰」を求めている。

今のところ、公共ラジオ局の経営陣は、有力な政治家によるこの痛烈な発言に対して公式には反応していない。

マクセット・ピルバカスの声明全文:

私は、8月13日の選挙運動中の候補者とのインタビュー後、RCIグアドループでジャーナリストのバーバラ・オリヴィエ・ザンドロニスに加えられた残忍な仕打ちに驚いている。 インタビュアーの言葉を鵜呑みにしたようなこのジャーナリストの強硬さに直面して、RCIの経営陣は残念ながら、国民や社会から高く評価されているRCIのXNUMX時間プログラムのプレゼンターを降ろすという「いわれのない弾圧」の道を選択した。彼女の同僚は、彼女のプロフェッショナリズムと貢献の質を高く評価しました。

報道の自由を無視する恣意的な権力行為を正当化しようとするメディア経営者の不器用で不当かつ根拠のない対応は、副局長エルベ・デ・アロ氏がAFPに主張した内容とは異なり、RCIを「意見ラジオ局」ではなく「ラジオ局」にしているようだ。政治的で偏ったラジオ局」はジャーナリズム倫理に反する。

フランス海外欧州議会議員、そしてRPFOM全国会長としての立場で、私はバーバラ・オリヴィエ=ザンドロニス夫人の重大な理由のない解任を非難し、彼女の即時解任を求めて声をあげたすべての人々に声を上げます。復帰。

11年2023月XNUMX日にストラスブールで署名

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-