8.8 C
ブリュッセル
2月(木曜日)29、2024
ヨーロッパユダヤ人の指導者、宗教的憎悪犯罪を非難、少数派の信仰の尊重を呼び掛ける...

ユダヤ教指導者が宗教憎悪犯罪を非難、欧州で少数派の信仰の尊重を呼び掛ける

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル - at The European Times ニュース - 主にバックライン。 基本的権利に重点を置いて、ヨーロッパおよび国際的な企業、社会、および政府の倫理問題を報告しています。 また、一般メディアが耳を傾けていない人々に声を上げます。

先週の木曜日、ラビ・アヴィ・タウィルは欧州議会で熱弁し、大陸全土で明らかにユダヤ人の子供たちを標的にした反ユダヤ主義的憎悪犯罪の長い歴史に緊急の注目を集めた。 彼は、何千年にもわたるヨーロッパにおけるユダヤ教の深いルーツをたどり、包括的なヨーロッパ社会の約束を実現するために、異なる宗教間の統一と理解を訴えました。

「今日、特に7月XNUMX日以降ですが、すでに何年も、何年も前からです。 ヨーロッパの路上にいる子供たちは、自分が選択した場合、または親が許可した場合、または単にキッパを持って街を歩いている場合、またはユダヤ人の学校を卒業した場合にのみです。 そして、たくさんのことがあります。 これらの子供たちは、侮辱や虐待のトラウマを抱えて成長します。 これはよくあることです」とユダヤ文化を促進する非営利団体、ヨーロッパ・ユダヤ人コミュニティ・センターの所長であるタウィルは説明した。

この会議を主催したマクセット・ピルバカス議員は、欧州議会で欧州の宗教的少数派の指導者らに演説した。 2023年
この会議を主催したマクセット・ピルバカス議員は、欧州議会で欧州の宗教的少数派の指導者らに演説した。 写真提供者: 2023 www.bxl-media.com

タウィル氏は、基本的権利はすべてのコミュニティに帰属すると強調しながら、ヨーロッパのユダヤ人は依然として完全なヨーロッパ人ではないとみなされることが多いと警告した。 「ヨーロッパ中のユダヤ人は、これらの土地で2000年以上の歴史を残すために、全額、そして非常に高価な代償を払った」と彼は述べ、古代からヨーロッパ文明の形成に対するユダヤ人の貢献をたどった。

しかし、タウィルは、彼が講演したまさにその集会の中に、楽観的になる理由を見出しました。 「EUにおける宗教的および精神的少数派の基本的権利」と題された欧州議会でのイベントは、フランス国会議員マクセット・ピルバカスによって企画され、カトリック、プロテスタント、イスラム教のバハーイー教徒、 Scientologists、ヒンズー教徒やその他の信仰の指導者。

「私たちは一緒に話し合い、学んできましたが、それは私に大きな希望を与えてくれました。 これらの共有の瞬間、これらの瞬間、これらの特別な瞬間は、私たち全員がこのヨーロッパのプロジェクトの一部であることを実際に理解することができます」とタウィルはコメントしました。

彼の見解では、 すべての精神的マイノリティの権利を擁護する それはヨーロッパの統一の約束を実現するために不可欠です。 「私たちが同じ決意を持ち、自分たちの価値観が何であるかを知っていれば、お互いのために、お互いの自由のためにどのように強くならなければならないかを知っていれば、必ず影響を与えることができます」と彼は最後に訴えた。

タウィル氏は信仰共同体に対し、連帯して「この美しいヨーロッパのすべての人、すべての国民の重要な基本的権利を守る決意」をもってヨーロッパを祝福するよう呼び掛けた。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-